スポンサーリンク

030-自動車とバイク

2011年式ZX-10R!いろいろ試したがクラッチは軽くならない!新型もスリッパークラッチだけでアシスト機能は無い様だ!

へっぽこヘタレ底辺ライダーの管理人です。

何事も大成できず・・・

何をやっても中途半端な成果しか出せない自分に嫌気が立つ今日このごろです・・・

アラフィフで先も見え・・・

出世したいわけでもありませんが・・・

それも出来ず・・・

ただひたすらに・・・

漫然と日が過ぎていく事を待つだけのつまらない生活・・・

ある意味で、死ぬのを待つだけの生活になっているともいえます・・・

人間とは辛い生き物です・・・

マズローの5段階の欲求では・・・

  • 第一段階:生理的欲求
  • 第二段階:安全欲求
  • 第三段階:社会的欲求
  • 第四段階:承認欲求
  • 第五段階:自己実現

と言われますが・・・

現代の日本社会においては・・・

第一段階と第二段階については、問題となる方はほぼいないと思います。

第三段階くらいになると・・・

最近では、ニート問題・ブラック企業・パワハラなどのイロイロな問題がありますので・・・

身近な問題となってきます。

管理人の場合は、第三段階までは、いまのところ問題ないと考えています。

なんとか仕事にも行けていますので・・・

第四段階については・・・

特に承認欲求というものはあまり持ち合わせていませんので・・・

個人的には不要だと考えています。

公務員という仕事において、そもそも承認欲求を持つこと自体が不合理です。

あたまえの仕事をあたりまえにこなす・・・

ただ、それだけです。

定期人事異動がある役所では、本来属人的な仕事というものは、あってはならず・・・

誰でもできる仕事を定期的にローテーションするというのが基本です。

近年、社会ニーズが複雑化・多様化しており・・・

役所の仕事においても、より専門性が求められるようになってきているのは、事実ですが・・・

人事制度が追い付いていません。

そんな事は関係なく定期人事異動は行われるので・・・

どうしようもありません。

いくら特定の分野に精通したところで、異動で他の部署に行けば・・・

それまでの経験など役に立ちません。

大げさに言えば、経験は、リセットされ社会人1年生からやりなおし・・・

という訳です。

こんな状態ですので、第五段階の自己実現なんて・・・

夢のまた夢・・・

というか、それなりに社会において成功している者でなければ、自己実現なんて不可能だと思います。

さて・・・

かなり話はそれましたが・・・

いろいろ試したが2011年式ZX-10Rのクラッチの重さはどうにもならない

本日は、愛車の2011年式ZX-10Rのクラッチをなんとか軽く感じる様にできないか・・・

いろいろと試してみました・・・

最終的には、元のコーケンのクラッチホルダーに戻したのですが・・・

まず試したことは・・・

純正のクラッチホルダーに戻してみました・・・

しかし、レバー比34ミリは、やはり重かった・・・

しかし、レバーをグリップまで付けるまで引く事無くクラッチは切れました。

レバーとグリップの間に指1本分くらいは空けられます。

コーケンのクラッチホルダ【レバー比29ミリ】だと・・・

やはりレバーを相当遠くした上で、さらにレバーがグリップに付くまで引かないとクラッチが切れません。

タイヤをスタンドで浮かした状態で試すと・・・

1足に入れて、レバーをグリップに付くまで引いてもリアタイやが結構ないきおいで回りますので・・・

完全には切れていない感じです。

リアブレーキを掛けてタイヤを止めてもエンストはしませんが・・・

若干の半クラ状態になっているのでしょう・・・

純正ホルダーの場合は・・・

レバーがグリップに付くまで引けば、クラッチが完全に切れて、リアタイやへの駆動は完全に停止する様です。

重くてレバーの引きが少ないのが良いか・・・

軽くてレバーの引きが大きいのが良いか・・・

いろいろ試してみましたが・・・

管理人的には・・・

レバーの引きが多くなっても軽い方が楽に感じました。

スポンサーリンク

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

アシスト&スリッパークラッチを用意してほしい

流石の漢・カワサキ!!!

と言うべきかどうかは別として・・・

ZX-10Rには、最新型でもアシスト&スリッパークラッチは装備されていない様です。

もちろん、アシスト機能無のスリッパークラッチは付いてます。

アシスト&スリッパークラッチの構造を見ても・・・

ハイパワー車に弱いというモノでもなさそうなので・・・

ZX-10Rに装備されも良いとは思うのですが・・・

レース前提車種には、なにか不都合があるのでしょうか???

  • アシスト&スリッパークラッチ
  • 上下クイックシフター
  • クルーズコントール

体力の衰え激しいアラフィフライダーには、このらの装備はぜひ欲しいところです。

できれば、200キロ前後の車体で・・・

ハヤブサもZH2もこのあたりの装備は、当然ついているのですが・・・

いかんせん車重が重い・・・

外車では・・・

  • アプリリアのTUONO
  • BMWのS1000R

となりますが・・・

やはり故障がそれなりに多いのと・・・

修理費用がお高いようで・・・

貧乏人の管理人にはとても維持できる自信がありません。

小排気量のバイクに乗りかえるという方法もあるのですが・・・

男のロマンとして大型バイクは持っていたい・・・

ロマンを取るか利便性を取るか・・・

正にトレードオフの関係で悩みどころです。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-030-自動車とバイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2021年式BMW・S1000Rが格好良い!お金に余裕があれば欲しい

ネットを徘徊してると・・・ 2021年式BMW・S1000Rの情報がありました。 まだ公式HPに正式情報は掲載されていませんが・・・ youtubeで動画は公開されています。 若干・・・ フロントマス …

SUZUKI!GSX-S1000!NEWモデル発表!基本的にはキャリーオーバー!外装の変更と電子制御が増えた!

へっぽこヘタレライダーの管理人です。 さて・・・ 愛車2011年式ZX-10Rのポジションが辛く・・・ 先日は・・・ たかだか200キロのツーリングも死ぬ思いをしたところであります・・・ この先・・・ …

スイフトスポーツ【ZC33S型】オーナーに衝撃か?ヤリスGR発表!コンパクトスポーツ4WD!

スイフトスポーツ・ZC33S型も発売前には、4WDになるとの噂も一時期流れましたが、結局はFFのみでの販売となりました。 スイフトスポーツ・ZC33S型の前にエスクードが同じエンジン(レギュラー仕様) …

ZC33S型スイフトスポーツ!暖冬なのにで早めに夏タイヤに交換!ハブの錆が結構あった!ロックタイトの錆転換材は結構使える!シリコンスプレーも重宝するよ!

暖冬の影響で雪も、もう降らないだろうと思い、早めに夏タイヤに交換しました。 いつもなら、早くても3月下旬ですのでかなり早めの交換となります。 例によって、片側前後をジャッキアップして、2本ずつの交換と …

ZC33S型スイフトスポーツ!1年半乗っての再レビュー!コスパ最強の庶民でも手が届くスポーツカー!

管理人がZC33S型スイフトスポーツを購入してから早もう1年半が経過しました。 走行距離は仕事の激務もあって、8,000キロにも満たっていませんが、改めて再レビュー記事を掲載します。 とにかく価格が安 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク