Kawasaki Z H2・取り外したパーツがオークションサイトで処分できない!不人気車・出荷台数が少ない車両だからか?

030-自動車とバイク

へっぽこヘタレライダーの管理人です。

新しい愛機【Kawasaki H2 SX SE】が来てから・・・

前車【Kawasaki Z H2】から取り外したパーツをオークションサイトで売却しようとしています。

H2 SX SE と Z H2 で互換性があるパーツは?

エンジンは【H2 SX SE】と【Z H2】は基本同じですが・・・

互換性のあるパーツはあまりないようです。

管理人が付けてたパーツで移植可能なものは・・・

  • ラジエターコアガード
  • フロントアクスルスライダー

くらいでした。

  • フレームスライダー
  • スタンドプレート
  • スリップオンサイレンサー
  • フェンダーレス

は互換性無しです。

コアガードは安物だが移植できた

コアガードは安物ですが移植できました。

コアガードの下に【H2】と記載があるものですが・・・

コアガードについては、現状では【H2・H2 SX・Z H2】ともに共用できる様です。

フレームスライダーは付くが長さが足りない

フレームスライダ自体は取り付け自体は可能ですが・・・

【Z H2】の左右が同じ長さに対して・・・

【H2 SX SE】はカウルの関係で、左側のカラーが長い構造となっています。

ですので【Z H2】のモノを付けると、左型の長さが足りません。

スリップオンは角度が合わない

【Z H2】と【2022 H2 SX SE】は、2台とも排気バルブが無い排気システムとなっています。

ですので、取り付けの部分のパイプの径は合うのですが・・・

サイレンサーの取り付け角度があいません・・・

サブフレームの形状が全く違うので当たり前なのですが・・・

取り付けステーを自作すれば、無理やり取り付ける事はできるかもですね。

サイレンサーの触媒の構造自体は同じたと思えますので・・・

接続パイプさえ作ってしまえば、サイレンサー自体は流用できると思うので・・・

2022年10月時点で、2022年式のH2 SXの社外サイレンサーは出ていませんが、すぐに出ると思っています。

と思ったらビートから出ていました。

ビートのHPはこちら

ブルーチタンが格好良いですね・・・

しかし税込み176,000円・・・た・た・高いですね~

ビビります。

スポンサーリンク

スタンドプレートも付かない

これが一番ショックでした。

ノーマルのスタンドプレートのサイズなんて全車種同じだと思っていたのですが・・・

【Z H2】と【H2 SX SE】では、ノーマルのスタンドプレートの大きさが違います。

詳しくは【Z H2】の方がデカイ・・・

当然、純正スタンドのプレートのサイズが違うので、移植はできません。

【H2 SX SE】に【Z H2】と書いてあるスタンドプレートを付けるのもどうかと思うので、付けれなくて正解だったのかもしれませんが・・・

移植できなかったパーツをオークションサイトで売却したいが

ということで移植できなかったパーツをオークションサイトで売却しようとしているのですが、さすがに不人気車種なのかそもそも生産台数が少なくて出回っていないのか定かではありませんが、全く売れる気配がありません。

約10年乗った【2011年式 ZX-10R】の場合は・・・

  • フレームスライダーセット
  • フロントアクスルスライダー
  • オーリンズフロントフォーク
  • オーリンスリヤサスペンション
  • ブレンボモノブロックキャリパー
  • ブレンボラジアルブレーキマスター
  • コーケンメカニカルクラッチホルダー
  • ビートバックステップ
  • クレバーウルフインナーリアフェンダー
  • アクラポビットスリップオンサイレンサー

これらすべてのパーツが結構高値で売れました。

スポンサーリンク

平均で、買値の半額以上で売却できたと記憶しています。

対して【Z H2】のパーツは、売れる気配がしません。

結構価格も下げているのですが・・・

そもそも乗っている方が絶対的に少ないかつ、で車両購入時に付けるパーツが殆どなので、売れないのも仕方がないのかもしれませんが・・・

売れたのは・・・

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

スコピーオン・レッドパワーのスリップオンサイレンサーだけですね。

これは、国内在庫がありませんし・・・

発注すると来るまでに、2~3カ月は平気で掛かりますので、程度の良い中古があれば、納期の関係でそっち法が良いのは間違いないので売れたのでしょう。

不人気車は買わない方が良いかもしれない

中古パーツのリセールが悪いとなると・・・

不人気者は買わない方が良い、若しくは、カスタムしない方が良いかもしれませんね。

とくに高い社外パーツはリセールできないと、車両売却時にちょっと辛いかもですね。

管理人の経験上では、社外パーツを付けて車両を売却しても、その分買取価格が上がる訳ではないので、基本的には、ノーマルに戻して車両のみ売却して・・・

パーツは別途オークションサイトで売却したほうが得です。

しかし、不人気車だとパーツが売れなというジレンマが出るという事を今回初めて知りました。

これまで、ここまでパーツが売れなかったことは無いですね。

そんなに台数が入っていないであろう・・・

初期型の【KTM 1290 Super Duke R】でさえ、パーツは売れましたから・・・

まとめ

バイク売却時はノーマルに戻して、パーツはオークションサイトで売却した方が得

不人気車はパーツのリセールに困る

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました