スポンサーリンク

030-自動車とバイク

KAWAKI・ZH2!スーパーネイキッドバイク!正式価格発表!ZX-10Rからの乗り換え候補第1位!

漢・カワサキのスーパーネイキットモデル【ZH2】の価格が正式発表されました。

思ったよりも安かった

価格は、税込み1,892,000円です。

H2SXが、税込み2,442,000円ですので、かなりお得な価格設定の様に感じます。

充実の電子制御

伝制御は文句なく現時点の最新装備です

  • 6軸センサー
  • KTRC(カワサキトラクションコントロール)
  • KIBS (カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステ)
  • KLCM(カワサキローンチコントロールモード)
  • パワーモード選択
  • 上下対応クイックシフター
  • オートクルーズ
  • フルTFT液晶

管理人は下手クソなので、電子制御に助けて貰わないと満足に走れません・・・

これだけついていれば、安心です。

しかもクルーズコントロールまで付いていますので、ロングツーリングにも対応できます。

足回りは・・・

足回りは出来れば・・・

Separate Function front Fork [SFF]

ではなく、新型のZX-10Rに付いている・・・

Balance Free Front Fork [BFF]

にして欲しいかなと思いましたが、ツーリングメインのバイクですので、止むを得ないかなという感じでしょうか?

ちょっと前は・・・

ビッグピストンフォーク[BPF]

が流行っていまいたが・・・

その後は・・・

Separate Function front Fork [SFF]

にシェアが移行していきました。

性能的にどちらがいいのかは不明ですが・・・

SHOWAの最新モデルは・・

Balance Free Front Fork [BFF]

ですので、やはり世界最高峰のネイキッドモデルであるならば、こちらを付けて欲しかったかなと思います。

SHOWAのサスペンションの詳細はこちらから

SHOWAの最新モデル[BFF]の詳細はこちら

驚異の200馬力

ネイキッドモデルで過給機付きの驚異の200馬力です。

間違いなく、世界最高峰のネイキッドバイクです。

1290SuperDukeRも真っ青ですね。

スポンサーリンク

こんなバイクを待っていた・・・

管理人はスペック厨ですので、やはり馬力はデカイ方が良いんです。

しかし、持病の頸椎ヘルニアが災いして、愛車のZX-10Rには前傾がキツすぎて乗れない・・・

かといって、軟弱なモデルには乗りたくない・・・

ある程度ポジションが楽で、ハイパワーなバイクが欲しいと思っていましたが・・・

ようやく、希望する装備がすべて付いたネイキッドバイクが出て、嬉しい限りです。

管理人が欲しい装備は・・・次のとおりです。

  • ABS
  • パワーモード選択
  • トラクションコントロール
  • 上下クイックシフター
  • オートクルーズ
  • アシストスリッパークラッチ
  • 200馬力のハイパワー

ネキットモデルでは、現状では

BMWのS1000RかアプリリアのTUONOしかありませんでしたが・・・

どちらも、外国産ですので、故障が心配でした・・・

しかし、ようやく国産モデルで、希望の装備が全て付き、尚且つデザイン的にも管理人好みのバイクが出たということです。

ZH2は、間違いなく、管理人のZX-10Rからの買い替え候補、第1位となりました。

あとは先立つ物を用意するだけですね。

シート高と重量は少し重め

しかしシート高の830ミリと

240キロという車重は、少し重く感じます。

管理には、背が小さいので、830ミリのシート高は足が届くかかなり不安ですね。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

まとめ

ZH2は間違いなく世界最高峰のネイキッドバイク

恐らくかなり売れると思う

電子制御はフル装備で言うこと無し

シート高は若干高め(830ミリ)

重量も若干重め(240キロ)

ZH2スペック

ZH2 SPEC
車名(通称名) Z H2
型式 2BL-ZRT00K
全長×全幅×全高 2,085mm×810mm×1,130mm
軸間距離 1,455mm
最低地上高 140mm
シート高 830mm
キャスター/トレール 24.9°/104mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列4気筒/DOHC 4バルブ
総排気量 998cm³
内径×行程/圧縮比 76.0mm×55.0mm/11.2:1
最高出力 147kW(200PS)/11,000rpm
最大トルク 137N・m(14.0kgf・m)/8,500rpm
始動方式 セルフスターター
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 4.7L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 3.076(40/13)
2速 2.470(42/17)
3速 2.045(45/22)
4速 1.727(38/22)
5速 1.523(32/21)
6速 1.347(31/23)
一次減速比/二次減速比 1.480(74/50) / 2.555(46/18)
フレーム形式 トレリス
懸架方式 テレスコピック(倒立・インナーチューブ径 43mm)
スイングアーム(ニューユニトラック)
ホイールトラベル 120mm
134mm
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C (58W)
190/55ZR17M/C (75W)
ホイールサイズ 17M/C×MT3.50
17M/C×MT6.00
ブレーキ形式 デュアルディスク320mm(外径)
シングルディスク260mm(外径)
ステアリングアングル(左/右) 29°/ 29°
車両重量 240kg
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 19L
乗車定員 2名
燃料消費率(km/L)※1 22.5km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)※2
16.9㎞/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)※3
最小回転半径 3.3m
カラー・メーカー希望小売価格 メタリックスパークブラック
 xメタリックグラファイトグレー
1,892,000円
(本体価格1,720,000円、消費税172,000円)
 

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-030-自動車とバイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

厳選・電子制御付オートバイ・ニューモデル!ABS・トラクションコントロール・上下クイックシフター・クルーズコントロール!

管理人が現在乗っているバイクは、スーパースポーツ(カワサキ Ninja ZX-10R)です。 年式は2011年と若干古いので電子制御は、ABS・トラクションコントロール・パワーモードと現代のバイクと比 …

スイフトスポーツ「ZC33S型」セーフティパッケージ全方位モニター用カメラパッケージ車に社外ナビ「CN-RX05WD」を付ける方法!

ディーラーオプションナビは割高 ディーラーオプションナビは、8インチナビが選べるので、大きい画面が好きな方にとっては良いのですが、液晶が感圧式です。 感圧式は、スマーフォン等で採用されている静電容量方 …

スイフトスポーツ「ZC33S型」でヒールアンドトゥを簡単にできるようにする方法!

ヒール・アンド・トウとは ヒール・アンド・トウはマニュアルミッション(MT)車においてシフトダウンする際に、右足でブレーキペダルを踏んで減速しながら、左足でクラッチペダルを踏んでクラッチを切り、それぞ …

【ZC33S型】スイフトスポーツの塗装は弱い?ちょっと当たっただけで色が剥がれ落ちた件!

【ZC33S型】スイフトスポーツの塗装は弱い? みんカラ等でも紹介されていますが、「ZC33S型」スイフトスポーツの塗装が剥がれるという症状が多数発生しています。 多くは、バンパーとフェンダーの境目が …

スイフトスポーツ【ZC33S型】マイナーチェンジが正式発表!ブラックルーフと新色が設定される!安全装備もさらに充実!動力性能は変わらず!

管理人の愛車のスイフトスポーツ【ZC33S型】のマイナーチェンジが正式発表されました。 当初噂されていたハイブリッドは、日本国内仕様には導入されず、動力性能は残念ながらといえば良いのか・・・ 変更はあ …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク