スポンサーリンク

030-自動車とバイク

KAWAKI・ZH2!スーパーネイキッドバイク!正式価格発表!ZX-10Rからの乗り換え候補第1位!

漢・カワサキのスーパーネイキットモデル【ZH2】の価格が正式発表されました。

思ったよりも安かった

価格は、税込み1,892,000円です。

H2SXが、税込み2,442,000円ですので、かなりお得な価格設定の様に感じます。

充実の電子制御

伝制御は文句なく現時点の最新装備です

  • 6軸センサー
  • KTRC(カワサキトラクションコントロール)
  • KIBS (カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステ)
  • KLCM(カワサキローンチコントロールモード)
  • パワーモード選択
  • 上下対応クイックシフター
  • オートクルーズ
  • フルTFT液晶

管理人は下手クソなので、電子制御に助けて貰わないと満足に走れません・・・

これだけついていれば、安心です。

しかもクルーズコントロールまで付いていますので、ロングツーリングにも対応できます。

足回りは・・・

足回りは出来れば・・・

Separate Function front Fork [SFF]

ではなく、新型のZX-10Rに付いている・・・

Balance Free Front Fork [BFF]

にして欲しいかなと思いましたが、ツーリングメインのバイクですので、止むを得ないかなという感じでしょうか?

ちょっと前は・・・

ビッグピストンフォーク[BPF]

が流行っていまいたが・・・

その後は・・・

Separate Function front Fork [SFF]

にシェアが移行していきました。

性能的にどちらがいいのかは不明ですが・・・

SHOWAの最新モデルは・・

Balance Free Front Fork [BFF]

ですので、やはり世界最高峰のネイキッドモデルであるならば、こちらを付けて欲しかったかなと思います。

SHOWAのサスペンションの詳細はこちらから

SHOWAの最新モデル[BFF]の詳細はこちら

驚異の200馬力

ネイキッドモデルで過給機付きの驚異の200馬力です。

間違いなく、世界最高峰のネイキッドバイクです。

1290SuperDukeRも真っ青ですね。

スポンサーリンク

こんなバイクを待っていた・・・

管理人はスペック厨ですので、やはり馬力はデカイ方が良いんです。

しかし、持病の頸椎ヘルニアが災いして、愛車のZX-10Rには前傾がキツすぎて乗れない・・・

かといって、軟弱なモデルには乗りたくない・・・

ある程度ポジションが楽で、ハイパワーなバイクが欲しいと思っていましたが・・・

ようやく、希望する装備がすべて付いたネイキッドバイクが出て、嬉しい限りです。

管理人が欲しい装備は・・・次のとおりです。

  • ABS
  • パワーモード選択
  • トラクションコントロール
  • 上下クイックシフター
  • オートクルーズ
  • アシストスリッパークラッチ
  • 200馬力のハイパワー

ネキットモデルでは、現状では

BMWのS1000RかアプリリアのTUONOしかありませんでしたが・・・

どちらも、外国産ですので、故障が心配でした・・・

しかし、ようやく国産モデルで、希望の装備が全て付き、尚且つデザイン的にも管理人好みのバイクが出たということです。

ZH2は、間違いなく、管理人のZX-10Rからの買い替え候補、第1位となりました。

あとは先立つ物を用意するだけですね。

シート高と重量は少し重め

しかしシート高の830ミリと

240キロという車重は、少し重く感じます。

管理には、背が小さいので、830ミリのシート高は足が届くかかなり不安ですね。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

まとめ

ZH2は間違いなく世界最高峰のネイキッドバイク

恐らくかなり売れると思う

電子制御はフル装備で言うこと無し

シート高は若干高め(830ミリ)

重量も若干重め(240キロ)

ZH2スペック

ZH2 SPEC
車名(通称名) Z H2
型式 2BL-ZRT00K
全長×全幅×全高 2,085mm×810mm×1,130mm
軸間距離 1,455mm
最低地上高 140mm
シート高 830mm
キャスター/トレール 24.9°/104mm
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列4気筒/DOHC 4バルブ
総排気量 998cm³
内径×行程/圧縮比 76.0mm×55.0mm/11.2:1
最高出力 147kW(200PS)/11,000rpm
最大トルク 137N・m(14.0kgf・m)/8,500rpm
始動方式 セルフスターター
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 4.7L
燃料供給方式 フューエルインジェクション
トランスミッション形式 常噛6段リターン
クラッチ形式 湿式多板
ギヤ・レシオ 1速 3.076(40/13)
2速 2.470(42/17)
3速 2.045(45/22)
4速 1.727(38/22)
5速 1.523(32/21)
6速 1.347(31/23)
一次減速比/二次減速比 1.480(74/50) / 2.555(46/18)
フレーム形式 トレリス
懸架方式 テレスコピック(倒立・インナーチューブ径 43mm)
スイングアーム(ニューユニトラック)
ホイールトラベル 120mm
134mm
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C (58W)
190/55ZR17M/C (75W)
ホイールサイズ 17M/C×MT3.50
17M/C×MT6.00
ブレーキ形式 デュアルディスク320mm(外径)
シングルディスク260mm(外径)
ステアリングアングル(左/右) 29°/ 29°
車両重量 240kg
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 19L
乗車定員 2名
燃料消費率(km/L)※1 22.5km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)※2
16.9㎞/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)※3
最小回転半径 3.3m
カラー・メーカー希望小売価格 メタリックスパークブラック
 xメタリックグラファイトグレー
1,892,000円
(本体価格1,720,000円、消費税172,000円)
 

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-030-自動車とバイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

KTMの200Dukeや1290SuperDukeRのサービスインターバルリセット「スパナマークを消す」方法!必携!

サービスインターバルとは・・・? 外国産のオートバイを乗っていると、大抵の場合、一定の時間(1年)若しくは、一定の距離(3,000~5,000キロ)を走行すると、メーターに「スパナマーク」が表示された …

スイフトスポーツ【ZC33S型】マイナーチェンジでハイブリッド化!気になるその性能は?日本での正式発表は遅れる模様!

管理人の愛車のスイフトスポーツ【ZC33S型】がどうやら2020年にマイナーチェンジする様子です・・・ 日本での発表は正式にはまだですが、イタリアのサイトでは、HPに掲載されていましたので、その情報を …

リッターSS!スーパツポーツで人生初サーキット走行!結構怖いよ!

お世話になっているバイク屋でサーキット走行会に誘われたので、サーキット走行会に参加してきました。 人生初サーキット走行会です! サーキットまで行くのがかなり大変・・・ ほぼ当たり前だと思いますが、余程 …

Kawasaki Ninja ZX-10Rの気になる錆にようやく錆転換材を塗れた!効果はどうなるか?

バイクは面倒な乗り物で、定期的なメンテナンスがクルマ以上に必要です。 とくに動力の伝達が、むき出しのチェーンとなりますので、チェーン清掃はチェーンを長持ちさせる為にも、動力伝達のロスを少なくするために …

board-pic1

DIYでの自動車の電気配線ではギボシかエレクトロタップかハンダ付けか?どれが一番いいの?

自動車やバイクを持っているとある程度、自分で電子部品(パーツ)を取り付ける事があります。 例えば・・・・ カーナビ ドライブレコーダー レーダー探知機 ETC スロットルコントローラー 等々でしょう・ …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク