スポンサーリンク

030-自動車とバイク

Kawasaki Z H2!プチカスタム・オイルフィラーキャップH2用純正流用カスタム!サスペンションセッティングの見直しも!

へっぽこヘタレライダーの管理人です。

さて、今回も、愛機【Z H2】のプチカスタムです。

先日、1カ月点検で、オイル交換をしてもらってから・・・

オイル添加剤を投入したりするのに、何回かオイルフィラーキャップを開け締めしていたのですが・・・

なんとなく違和感を感じました。

見た目的には、割れや傷がある訳ではないのですが・・・

ほんとうになんとなくの感覚的なものです。

それで、オイルフィラーキャップについて調べてみると・・・

樹脂製のキャップは、経年劣化で写真の様に破損することがあるそうです。

ネジ部と傘部が割れる事が多いそうです。

上の写真は車のモノですが・・・

バイクの場合でも同じです。

外す時に、運悪く割れれば、ネジ部がクラッチケース側に残ってしまいます。

気付かずに、破片がエンジン内部に入り込んだら、致命的なトラブルとなる可能性もあるでしょう。

ということで、心配になり・・・

樹脂よりも耐久性のある金属製のモノに交換することとしました。

しかし、イロイロ種類があってどれを選べば良いか分からない・・・

また、アルマイト処理されている者が多く・・

アルマイトが剥がれてエンジン内部に入り込むのも避けたいなと思った結果・・・

【Ninja H2】の純正パーツが流用できるとの情報があったので、さっそく発注しました。

【Webike】で注文し、4日程度で届きました。

価格は・・・

  • オイルフィラーキャプ:2,453円
  • オーリング:176円
  • 送料:260円
  • 総計:2,869円

です。

社外品のモノを購入するよいは、かなり安かったのではないかと思います。

しかも、安心のメーカー純正製品です。

さすがカワサキの最高級バイクの【Ninja H2】に採用されている純正品です。

他のバイクとクオリティが違いますね。

いちおうパーツクリーナーで汚れを落とし・・・

オーリングには、シリコンスプレーを吹き掛けて滑りをよくしておきます。

いざ、交換です。

交換前の樹脂製キャップ・・・

交換後の金属製キャップ

あまり見た目は変わりませんね。

殆ど間違い探しのレベルです。

しかし、締めるには、かなり太い六角レンチが必要となります。

サイズが合うのが無いかと思いかなり焦りましたが・・・

管理人が持っている、イチバン大きいサイズのモノでなんとか締める事ができました。

簡単に手で開けることができまえんので、まさかのイタズラ防止にも効果を発揮しそうです。

すくなくとも100円均一で売っている六角レンチのサイズでは開ける事ができませんので・・・

さて、このキャップについては、締めるときの指定トルクが分かりませんが・・・

本来はあまり強く締めるモノでは無いようです。

ペットボトルの蓋を締める程度の力加減で良いとのことで、あまり強く締めない様にしました。

樹脂製のキャップが割れるのも、殆どの場合は、オーバートルクが原因のようです。

ついでに、サスセッティングの見直しもしました。

調整範囲は次のとおりです。

  • フロントプリロード:20クリック
  • フロント伸び側:5.5回転
  • フロント縮み側:7回転
  • リアプリロード:バネ長198.6ミリ~208.6ミリ
  • リア伸び側:2.5回転

標準状態

  • フロントプリロード:最弱から11クリック締める
  • フロント伸び側:最強から4.5回転戻す
  • フロント縮み側:最強から5回転戻す
  • リアプリロード:バネ長さ203.9ミリ
  • リア伸び側:最強から1.75回転戻す

今回のセッティング

  • フロントプリロード:最弱から5クリック締める
  • フロント伸び側:最強から4.5回転戻す
  • フロント縮み側:最強から5回転戻す
  • リアプリロード:バネ長さ201.4ミリ
  • リア伸び側:最強から1.75回転戻す

にしまいた。

プリロードだけ緩めて、減衰力は標準状態ですね。

ならし運転時のセッティング

  • フロントプリロード:最弱から5クリック締める
  • フロント伸び側:最強から4.5回転戻す
  • フロント縮み側:最強から6回転戻す
  • リアプリロード:バネ長さ201.4ミリ
  • リア伸び側:最強から2回転戻す

ということで、若干減衰力も弱めのセッティングでした。

ならし中は、これでも良かったのですが・・・

ならしが終わって、エンジン回転数があげられる様になってくると・・・

イマイチ高速でのコーナリング性能に不安が出てきたので、減衰を上げたということです。

プリロードについては、1Gダッシュのサグを出してみると・・・

トラベル量の約1/3ですので、今の調整であっていると思われます。

どちらにしてもリアサスペンションについては、調整範囲があまりありませんし・・・

ダンパーの容量もそれほど多くないように見えます。

いずれにしても、峠を元気よく走るには・・・

ちょっとばかりリアのサスペンション性能は心もとないように感じます。

やはり頃合いを見計らって交換する必要がありそうですが・・・

連続で、自宅の家電が壊れているので、ちょっとお財布的に厳しいですね。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-030-自動車とバイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ドライブレコーダー!付けていて実際に役に立った話!自衛の為に前だけでも付けておこう!後ろも付けられればベスト!

10年以上までに、物損事故にあった際に、ドラレコを付けていなくて、かなり示談が交渉が難航した事がありました・・・ それから、ドラレコを付ける様になったのですが、事故なんてそうそう起こるものではありませ …

50歳を過ぎてもリッタースーパースポーツに乗れるのか?心身共に健康でそれなりに体力が無いと無理だと思う!

へっぽこヘタレライダーの管理人です。 余り良くない事ですが・・・ ついついちょっとした空き時間があると【youtube】を見てしまいます。 よく見るのが・・・ バイク系スキー系 の動画なのですが・・・ …

大型バイクは見栄なのか?代車のNinja250が乗り易すくてマジで欲しくなった!虚栄心さえなければ乗り換えられるのだが

へっぽこヘタレライダーの管理です。 中型免許(ペーパーライダー)から約20年を経て・・・ 一念発起! 大型バイクの免許を取得してから約10年が経過しました。 乗ったことのあるバイクは、ほぼ大型ばかり・ …

ekXspae!ekクロススペースのカタログ貰って来たよ!見た目は正にミニ新型デリカD5と言える!

ZC33S型スイフトスポーツの半年点検の時に、話題の・・・? ekXspaeのカタログを貰ってきました。 フロントビューのダイナミックシールドと両側スライドドアをして、新型デリカD5の小型版という感じ …

DUNLOP-DIREZZA-DZ102!最強コスパのスポーツタイヤ!ZC33S型スイフトスポーツとの相性も抜群?

管理人のZC33S型スイフトスポーツも夏タイヤに交換しましたので、ちょこっと遠めの道の駅まで峠道をおりまぜながらドライブに行ってきました。 管理人の ZC33S型スイフトスポーツ の夏タイヤは、純正の …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク