スポンサーリンク

030-自動車とバイク

ZC33S型スイフトスポーツ!1年半乗っての再レビュー!コスパ最強の庶民でも手が届くスポーツカー!

管理人がZC33S型スイフトスポーツを購入してから早もう1年半が経過しました。

走行距離は仕事の激務もあって、8,000キロにも満たっていませんが、改めて再レビュー記事を掲載します。

とにかく価格が安い!

先進のセーフティーパッケージと全方位モニターが付いて価格はなんと・・・・・

2,026,200円

です。

非常に安価と言えます。

安全装備は次のものが付いています。

  • プリクラッシュブレーキ
  • 車線逸脱警報機能
  • ハイビームアシスト
  • 誤発進抑制機能
  • ふらつき警報機能
  • アダプティブクルーズコントロール
  • 車線逸脱抑制機能
  • 先行車発信おしらせ機能
  • 全方位モニターカメラ

これだけの先進安全装備がついてこの価格です。

エアロパーツも標準装備ですしナビとETCくらいしか追加で付ける装備もありません。

あとは、マットとバイザーをお好みで・・・

マットは社外品がオシャレで安価です。

ナビは、社外品の方が静電容量式タッチパネルを選べるので、そちらの方が性能も良くて安価ですので良いでしょう。

全方位カメラパッケージと接続もできますし、ハンズフリースイッチも使えます。

ZC33S型スイフトスポーツへの社外ナビの取付方はこちらのから!

総支払額も値引きを上手く使えば220万代で納まるでしょう。

トヨタヤリスの1.5Lの6MTは、187.1万円とZC33S型スイフトスポーツよりもやや安価な価格設定となっていますが、全方位カメラ等のオプションを付けていくとほぼ同じくらいの価格となります。

エンジン性能を考慮するとやはりZC33S型スイフトスポーツが優位になると考えます。

とりあえずハッチバックで荷物もある程度積める!

小さいクルマですので、積載性は乏しいのは仕方がありませんが、それでもハッチバックで、リアシートも分割で倒せますので、それなりに荷物も乗ります。

2名乗車の旅行で有れば、十分な積載量でしょう。

但し、長尺のものを積載するには難儀します。

管理人はスキーをしますが、基本板を中に積みます。

長い板を積むのは、後ろの座席を倒しても、結構辛いです。

運転席と助手席の間を通すと、MTの操作に支障をきたすので、ルーフボックスを付けるかどうか思案中です。

管理人的には、唯一の欠点がこれに該当します。

車外パーツが豊富!

ECU・マフラー・車高調整キット・その他モロモロ・・・と

車外パーツには困りません。

流石はスポーツという名が付いているだけあって、各社いろいろなパーツを出しています。

いくらでも自分好みのカスタマイズが出来るのも良いです。

ノーマルでも満足できる走行性能!

足回りは若干固めですが、よく粘るサスペンションです。

ノーマルの足でも十分に楽しむことができます。

管理人は、懐の関係で、タイヤ以外はノーマルのままですが、結構なハイペースでお山を走っても、管理人の腕前程度であれば、ノーマルで不足を感じる事はありません。

特にトーションビームにも拘わらずリヤの設置感が素晴らしく、かなり粘ってくれますので、安心して走る事ができます。

結構鋭い加速もOK!

1.4Lブースタージェットエンジンのスペックは・・・

140PS・230N

とカタログ数値的には、それほど高スペックとは言えないかもしれませんが・・・

トルクはNAの2,000CCクラス以上のスペックがあります。

この為、アクセルを踏み込めば結構強烈な加速力を体感できます。

大型バイクと比較すれば、さすがに劣りますが、それでも大型バイクに乗っている管理人の体感的にも満足がいく加速性能です。

ちょっとラフにアクセルを踏み込めば、簡単に前輪がホイールスピンをします。

スポンサーリンク

結構な懐の深さがある・・・

ちなみにですが・・・

ノーマルであっても多少の無理な運転なら許容していくれる懐の深さも持っています。

あまりはっきりとは書けませんが、下りの直線からのコーナーで誤って相当なスピードが出てしまった事がありましたが、なんの不安もなく曲がって行きました。

運転しているこっちは、ブレーキングが遅れてかなりビビったのですが・・・

する~っとコーナーを抜けて行ったという事がありました。

もはや庶民が買える唯一無二のスポーツカー!

スポーツと言える車で、庶民の懐で購入できるクルマは、このクルマくらいしか管理人は思い浮かびません。

他メーカーでは、「86」・「BRZ」・「ロードスター」・「ヤリスGR4」等をライナップしていますが、グレードにもよりますが、どれも400万円オーバーとなり、なかなか庶民には手が出ない価格です。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

奥様の理解も得やすい・・・かも?

家庭を持つお父さん方には、クルマを買うには奥様を説得するという最重要課題が立ちはだかります。

奥様方にとっては、やはりワンボックス等の実用車が最有力候補になるかと思いますが・・・

多少でも子供が手を離れて、親と一緒に行動したがらない年齢になっていれば、このクルマであれば、価格も安価で必ずしも贅沢とは言えませんので、説得もし易いでしょう。

維持費も安い!

まず排気量が、1,500CC未満ですので、自動車税が34,500円というのがうれしいですね。

しかも、燃費もかなり良いです。

ガソリンはハイオク仕様ですが、通勤使用でも、リッター13キロは走ります。

長距離ならば、リッター15キロ越えもします。

タイヤも16インチに換装(205/50R16)すれば、純正サイズ(195/45R17)よりもかなり安価に交換できます。

重量税も、1トン未満の重量なので、1年分で8,200円と安価です。

正にクルマ好きの庶民の味方です!

管理人は、訳あってメーカーとディーラーの客相とは相容れぬ関係となり出禁となってしまいましたが、ZC33S型スイフトスポーツは素晴らしいクルマです。

管理人の【ZC33S型】スイフトスポーツの記事はこちら!

まとめ

金を出せば良いクルマはいくらでもあるが手の届く範囲でZC33S型スイフトスポーツは良いクルマ

エアロパーツも標準装備でオプション追加もナビとETCくらい(マットトバイザーはお好みで!)

自動車税・重量税が安く・燃費も良い

タイヤは純正サイズの選択しが少ないので管理人的には「205/50R16」へ換装する事をオススメ

ZC33S型スイフトスポーツのタイヤのカスタム記事はこちら!

ZC33S型スイフトスポーツのタイヤならこちらのサイトから!

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-030-自動車とバイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三菱エクリプスクロス【eclipse-cross】!PHEV発表!エクステリアも大幅刷新!初期型ユーザーは悔しいぞ!

三菱エクリプスクロスのPHEVが発表されました。 12月に発売予定ということで、予約商談も開始された様です。 管理人もそのうち、お世話になっているディーラーに市場に行ってこようかと思います。 待望のP …

三菱エクリプスクロスに16インチA/T【オールテレインタイヤ】を履かせる!ジオランダーA/TG015!純正サイズ【225/55R18】よりもタイヤは安いのでコスパは良くなる?

嫁のクルマの三菱エクリプスクロスに16インチのA/T(オールテレインタイヤ)をぶち込みました。 理由は、単純にタイヤ交換時のコストを下げつつ見た目も格好良くしたかった為です。 いろいろタイヤ屋さんで話 …

バイクにバックステップは必要か?膝擦りできるなら必要!出来なくても見た目のカスタムとして重要!

バイクカスタムの王道の1つにバックステップの取り付けがあります! 管理人も歴代所有の大型バイクには、殆どバックステップを付けていました。 バックステップは何の為に付けるの・・・? バックステップを付け …

バイクのブレーキ!マスターシリンダー!Brembo vs GALESPEED!ブレンボ対ゲイルスピード!

バイクのカスタムの定番といえば、フロントブレーキのマスターシリンダーの交換です。 有名どころでは、外国勢の「Brembo(ブレンボ)」ですが・・・ 国産勢では、「GALESPEED(ゲイルスピード)」 …

三菱・エクリプスクロス【GK1W】!ディーラーでの初回の車検に掛かった費用!

早いもので・・・ 嫁のクルマとして、出たばかりの三菱エクリプスクロス【GK1W】を購入してから・・・ 3年が経過し、初回車検に出してきました。 3年で・・・ 走行距離は、8,074キロ・・・ ん~全然 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク