スポンサーリンク

080-お仕事

行政の矛盾!それってお金の無駄では?お金が無いと言うくせに節約させてくれない?

役所の矛盾

毎年恒例の予算編成の季節がやって参りました。

毎年の事ですが、

4月~8月は、決算事務

10月~翌2月は、予算事務

というルーティンを繰り返しております。

毎日1日中、この業務をしている訳ではないですが、平均すると1日当たり0.3人ぐらいの時間を要しております。

この為

決算事務は、年間約30人日

予算事務は、年間約30人日

合計、年間約60人日を予算・決算事務に費やしております。

1年間の勤務日数を、20日×12カ月=240日とすると、実に25%もこの業務に時間を取られていることになります。

私の部署では、これを私1人でやっておりますが、かなりの負担です。

また、この不景気な時代ですので、財政部門からは、毎年厳しい査定を受けており、何か事業をやろうとしても、思うように予算を組むことができません。

役所の財政状況もかなり厳しい様です。

スポンサーリンク

役所は、入札で業者を決めるので、ハズレを引くことも・・・

話はそれましたが、以前に20億円規模の大型事業がございました。

当然ですが、財政部門からは、見積を精査し「最小の費用で、最大の効果を得らえる様に」と厳しいお言葉をいただいておりました。

また、この規模の事業ですので、役所で正確な設計をすることは出来ませんので、設計業務については、委託となります。

受注した設計業者は、全国でも実績のある会社でした。

ところが、納品予定の設計図書「仕様書・設計書(設計額)・図面」を見ると、異様に設計額が高いのです。

担当者を呼び、話を聞くと、メーカーから出てきた見積金額をそのまま記載したとのことでした。

「メーカーから出てきた見積金額の妥当性について検証しているのか?」を尋ねても、返事が返ってきません・・・

どうやら、この設計業者は、全国的な実績があるとしても「ハズレ」だった様です。

役所は、入札で業者を決めておりますので、受注する業者には「アタリ」・「ハズレ」があるのです。

財政部門からは、耳にタコができる程、「お金が無い・お金が無い」と聞かされていたので、これでは埒が明かないと思い、止むを得ず直接メーカーの担当と価格交渉をさせていただきました。

「設計業者に出した見積の根拠」を問いただす等、かなり激しいやり取りがありましたが、最終的に、設計額が1億円程下がりました。

こんな具合でしたので、メーカーと設計業者が、裏で手を組んで「何か悪い事を」企てていたのではないか?・・・と疑いたくなります。

さて、年度が変わり、設計も無事に終了し、いざ発注業務です。

契約部門からは、早期発注、早期着工するようにと言われており、4月早々慌ただしく発注業務をする必要がありました。

この規模の発注となると役所的には、次のような事務の流れになります。

①名委員会に諮る為、幹部に根回しをする

②指名委員会に諮る

③名委員会後に入札公告

④入札後仮契約

⑤議会の議決を得て本契約

⑥着工

※仮契約ができても、議会の議決を得るまでは、着工できません。

また、納期の関係で工期から逆算すると、6月議会で、議決を得る必要がありましたので、遅くても5月のゴールデンウイーク直後には、入札公告を実施する必要があります。

さらに逆算すると、5月のゴールデウイーク前には、指名委員会に諮る必要がありますので、それに合わせて、4月中に幹部に相談にいきました。

ところがです・・・

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

大型事業なのに、スケールメリットを活かさない・・・お金が無いのに・・・

設計額を見るなり、「(地元の業者に広く受注の機会を与える様に)契約を分けろ」で終了でした・・・

「 地元の業者に広く受注の機会を与える様に」は、分かります・・・

しかし、道路等の工事と異なり、一体的な事業でありましたので、事業担当部門としては、1契約を予定しておりましたが、「契約を分けろ」と言うのです。

「契約を分けることによる弊害(責任分界点が曖昧になり、品質や信頼性等の確保が困難になる)」をいろいろ説明しても聞いて貰えないのです。

「事業の中身」なんて一切関係ありません・・・

また、「契約を分ける」ということは、その分「諸経費率が上がる」ので、設計額(事業費)も上がります。

あれだけ、「お金が無い・お金が無い」と財政部門が、言っているにも拘わらずです・・・

無駄な税金を使うことになるので「背任行為にならないのか?」と疑問を感じてしまいました。

さらに、「分けてなお6月議会に間に合わせる」ことを要求されました。

そもそもですが、「20億円規模の事業の設計を1週間やそこらで分けること」は、無理難題にも程がありました。

ブラック企業も顔負けのパワハラです。
ここまでいったら、パワハラというよりも、もはや「イジメ」です。
もちろんですが、「心が折れた」・・・事は言うまでもありません・・・・

「お金が無いのに、お金を掛ける」・・・これが役所の矛盾の一つです。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-080-お仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

snow1-eyecatch

平成30年豪雪!昭和38豪雪に次ぐ大雪!自衛隊も除雪に出動!

平成30年の豪雪には、本当に参りました。 時期は、平成30年1月末から2月初旬に掛けてでしたが、雪害対策本部が設置され、断続的に待機状態が継続、もっとも長い期間で、3日程家に帰れませんでした。 平成3 …

懲戒処分覚悟で悪質クレーマーと喧嘩・その2!警察まで来て大騒動・大変申し訳なかった件!

さて、底辺公務員の管理人は、頭のネジが10本程足りませんので、またも平気で客と喧嘩しました。 先日の常連クレーマーが、またやって来たからです・・・ 私が席を離した隙に・・・ 偉そうに、うちの部署の所属 …

公務員恒例の異動の時期が近付いてきた!地方創生・SDGSって何?捨て駒・スケープゴートの底辺公務員は嫌な予感しかない!

毎年、恒例の異動の季節がやってきました・・・ 異動したくてたまらない人、異動したくない人・・・それぞれの思惑が交錯しそわそわしだす時期でもあります・・・ 議会の3月会議の提案理由で4月以降の動向の予測 …

特別定額給付金・10万円申請・支給事務!5月半ばでサビ残80時間越え!俺を殺す気か?ブラック企業どころじゃないよ!

4月20日に閣議決定・4月30日に国の補正予算がとおった特別定額給付金の10万円支給ですが・・・ 全国のどこの自治体も申請・支給事務にかなりの困難を極めている様です。 10万円給付に遅延リスク、準備整 …

国家公務員のパワラハ厳罰化!悪質なら免職も可能!パワハラVS新型うつの場合はどうなるのよ?

国家公務員のパワラハ厳罰化し悪質なら免職も可能という記事がありました。 パワハラ、悪質なら免職に 国家公務員、懲戒指針改正へ 人事院人事院は7日、国家公務員の懲戒処分の指針を改正し、パワハラで相手を精 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク