RPA・WinActorの基本操作!アプリケーションの終了と起動!taskkill!

050-VBA

絶賛底辺中の地方公務員の管理人です。

さて、これもすぐに忘れるのですが・・・

WinActorのシナリを作っていると・・・

どうしてもエラー処理で、最終的にアプリケーションを終了させて、再起動する必要が出てくることがあります・・・

WEB系の業務システムに大量のデータを入力する場合など・・・

サーバーのスペックにもよるのですが・・・

WEB画面が固まってしまい・・・

どうにもならずに、ブラウザを再起動させる必要が出る場合があります。

taskkillでアプリケーションを終了させる

まずは、動画をみてください。

分かりやすく・・・

IEを終了して、再度IEを起動しています。

まだ、起動時には、URLを指定しています。

スポンサーリンク

コマンド実行でtaskkillを実行するだけ

スポンサーリンク

方法は簡単です。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ノードのコマンド実行部品を配置して、

下図のようにコマンドとオプションを設定します。

  • コマンド:cmd.exe
  • オプション:/c takkill /im iexplorer.exe

IEの再起動も同じくコマンド実行

下図のようにコマンドとオプションを設定します。

  • コマンド:C:\Program Files (x86)\Internet Explorer\iexplore.exe
  • オプション:http://google.co.jp

という感じです。

起動するアプリケーションは、フルパスで指定します。

管理人オススメのガンプラは、こちらのサイトから!

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました