スポンサーリンク

030-自動車とバイク

Kawasaki Z H2!今回も貧乏カスタム!カッティングシートでリムステッカーを自作して貼ってみた!結果はイマイチだったどころか翌日には剥がれてた!

貧乏ヘタレライダーの管理人です。

高いバイクを無理してかった為、ガソリン代も出せずに車庫に放置中です。

実に勿体ないですね。

リムステッカーを貼りたいが結構高いよ

さて・・・

2020年モデルのZ H2には、リムステッカーが標準で貼られていましたが・・・

2021年モデルでは、オミットされています。

2020年モデルと2021年モデルを比べてみると・・・

  • フレームの塗装
  • リムステッカー
  • その他ステッカー
  • エアダクトの高級塗装

などが省かれ、コストダウンされています。

カワサキグリーンが嫌でなければ・・・

スタンダードモデルであれば、2020年モデルがあきらからにお得です。

さて、車両を契約する際に迷って付けなかったオプションが・・・

リムステッカーとタンクパッドです。

後から考えれば、ケチらずに純正オプションを付けて貰えばよかったと思うのですが・・・

その時は、自分の好きな色を後から買って貼ればいいかなと思い、ケチりました。

しかし、ネットで物色してみると、ちゃんとしたものは案外高い・・・

3~4千円はします。

たかがシールに3~4千円、貧乏ライダーの管理人にはなかなか高価です。

カッティングシートで作ってみる

さて、いろいろどうしようか悩んでいると・・・

かなり昔に買ったカッティングシートが出てきました。

今となっては、何の為に買ったのか、覚えていません。

とりあえず・・・

50センチくらいの長さのカッティングシートを1センチ幅でカッターで切り出します。

手作業ですので・・・

物差しがズレたりして、幅が微妙にバラバラになってしまいました。

どのくらい必要が分かりませんが、余ったカッティングシートを切り出すと・・・

20本くらいになりました。

ホイールは、17インチですので・・・

前後2本・両面分が必要となります。

ホイール1本片面の長さを計算してみると・・・

17インチ × 2.54センチ × 3.14 = 約136センチ

カッティングシートから切り出したラインシールの1本は50センチですので・・・

ホイール1本片面で、3本・合計12本で足ります。

スポンサーリンク

さっそく貼ってみる

まずは、自作リムスッテカーを貼る面を十分に脱脂します。

シリコンオフが無かったので・・・

パーツクリーナーを使いましたが、とにかく十分に汚れを取っておきます。

市販のリムステッカーと異なり・・・

カッティンシートから切り出した自作リムステッカーは真っすぐで、ホイールのRに合っていません・・・

上手く引っ張りながらRの内側にシワがよらないように気を付けて貼ります。

引っ張りながら気を付けて貼り付けても、どうしてもシワが出ますので・・・

ヒートガンで温めながらシワを伸ばしつつ、ウエス等で押さえながら圧着していきます。

何回か失敗して貼りなおしましたが・・・

20本ありましたので、なんとか貼り付ける事ができました。

仕上げとして、最後に再度ヒートガンで温めつつ、ウエスで押さえて圧着します。

重なり部分が少しずれたり・・・

切り出したときの幅が均一にできなかったので・・・

イマイチ綺麗に貼れませんでした。

今回も、全て自宅にあった在庫品を使っての【0円】カスタムです。

専用品でもありませんでしたので・・・

ある程度は、仕方がありません。

近くから見れば、アラが見えますが、遠くから見れば、それなりです・・・

接着強度やカッティングシートの耐久性は、未知数ですので・・・

剥がれるまでは、このままでいこうかと思います。

剥がれてきたら、専用品を購入して貼りなおします。

やってみた感想ですが・・・

皆さん、ケチらずに専用品を購入しましょう・・・

但し、管理人も以前に専用品を購入してトライしたことがありますが・・・

できれば、ホイールを外して、作業した方が失敗する確率を格段に軽減できます。

どうしても、ホイールを車両に装着したままでは、無理な体勢となりますので・・・

作業自体が困難となり失敗する可能性が高くなります。

予備があれば良いのですが・・・

柄アリのものは、予備が無い事が殆どですので、一発勝負となります。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

余ったシートで【Z】のシールを作って貼ってみた

カッティングシートの切れ端があったので・・・

【Z】の文字を適当に作って貼ってみました。

もちろんフリーハンドです・・・

右側から貼ってしまったのですが・・・

フロントカウルが左右非対称であることを忘失しており・・・

左側を貼ろうとしたら、同じ位置に貼ることができませんでした。

左側から貼るべきでした。

どちらにしても、出来が【イマイチ】ですので・・・

おそらくこれは、すぐに剝がすことになると思います。

翌日には剥がれていた

さて、翌日・・・

確認の為にバイクを見に行くと・・・

リアタイヤの左側がぱっくりと剥がれていました。

その他にも多少浮いているところもちらほら・・・

ヒートガンでかなり温めて圧着したつもりでしたが・・・

やはりホイールのRに合わせて伸ばしながら貼ったのが良くなかったのだと思います。

しっかりと、Rに合わせてカットされていなければダメだという事でしゅう・・・

おそらくRに合わせてカットされていてば、カッティングシートでも問題ないと思います。

しかし、Rに合わせて綺麗にカットするには、それなりの資機材が必要となりますので・・・

なかなか個人では難しいです。

やはり、しっかりとしたものを購入するしかなさそうです。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-030-自動車とバイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

bike1-eyecatch

自動車学校での40代からの大型バイクの教習!教官の言う事を聞かないと怒られる!

さて、大型バイクの教習も本格化してきました。 GSR400でチマチマ走り、練習した効果もあったのか比較的スムーズに教習は受けられたのではないかと思っております。 何故にビッグスクーターの教習があるの? …

bike1-eyecatch

大型2輪免許・40代からの大型バイク・その前に中型で練習?GSR400買いました!

自動車の免許を取得した際に、普通二輪(400cc未満まで)の免許も一緒に取得したのですが、結局は一度も乗ることが無かった、ペーパーライダーでしたが、今から8年程前になりますが、急にバイクに乗ってみたく …

ヘルメット!SHOEI・Z-8!Z-7の後継として発表されていた!そろそろ出るかなと思っていたが昨年【Z-7】を買った身としてはやはりショック!

膝の損傷でスキーに行けず、ふてくされている管理人です。 スキーに行けないので、なんとなくバイク用品をネットで徘徊していたら・・・ いつのまにか・・・ SHOEIのZ-7が廃番となり新たに【Z-8】がラ …

三菱自動車の新型デリカD5「DELICA」試乗!実際に乗った感じはどうなの?

新型デリカD5に試乗してきましたので、実際に感じた事を掲載します。 全体的な印象は? 三菱自動車HPより引用 デリカD5は、国内専用車ということで、海外では販売して無いとディーラーの方が言っておられま …

自動車にアイドリングトップは必要か?メリットとデメリット!

最近の自動車には当たり前の様に、アイドリングストップが装備されています。 排ガスによる環境に与える影響を考慮すればやむを得ない事かもしれませんが、管理人は正直このアイドリングストップが鬱陶しいです。 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク