スポンサーリンク

030-自動車とバイク

スイフトスポーツ ZC33S型 タイヤ交換 ちょっと丁寧にする方法!

投稿日:2019-11-03 更新日:

少し早いですが、本日スタッドレスタイヤに交換しました。

以前は、ただ交換するだけでしたが、スイフトスポーツ(ZC33S型)は、出来るだけ長く乗りたいと思っていますので、普段よりも丁寧に交換したので、その方法を紹介します。

ジャッキアップは、横から前後同時に!

ジャッキアップは、作業効率を上げるために、横から前後のタイヤを上げます。

前側だけでも、後ろも上がりますが、念のため後ろ側もジャッキを掛けます。

後ろ側のジャッキは、上げるというよりも、掛けているという感じで、車載ジャッキであっても、それほど頑張って回さなくても、後ろのタイヤは浮きます。

ジャッキアップは、前後同時に

ハブナットを外す時は、ACコンセントの電動インパクトレンチが便利です。

「エアーインパクトレンチ」は、「コンプレッサー」の購入等も必要となりますので、若干敷居が対ですが、「ACコンセントの電動インパクトレンチ」は、5,000円くらいで、買えますので、1台もっているとかなり便利です。

ハブ付近が結構錆びてる!

ハブ付近が結構錆びていました。

「LOCTITE」の「錆転換材」を塗っておきます。

この錆転換材は、「赤錆」を「黒錆」に変えてくれるもので、錆の進行を抑制することがでいるという「すぐれもの!」です。

ハブ周りだけではなく、ステアリングロッドのボルト等も錆びていましたので、塗っておきました。

とりあえず、塗りまくっておきます

ハブリングは、「錆の為、固着」しておりました。

一度外して固着防止のため、「カッパーコウパンド」を念のため塗っておきます。

嵌める時は、ゴムハンマーとあて木で、打ち付けないと入りませんでした。

固着が酷いよ

タイヤを変えても見た目が変わらない・・・

ホイールは、それぞれ

夏タイヤ → シュナイダー DR-01

DR-01

冬タイヤ → シュナイダー Stag

Stag

ですが、正直なところ、インチも同じ16ですので、見た目が殆ど変わりません・・・

「シュナイダーStag」は、スタッドレスタイヤ御用達の激安ホイールです。

「シュナイダーDR-01」も、安い部類のものですが、それでもそれなりのお値段でした。

この値段の差は一体なんなのか?・・・と見ていて思います。

「シュナイダーStag」は、「ブラック」もあるのですが、もしブラックだったら、殆ど同じホイールにしか見えないと思います。

こんなことなら、もうちょっと頑張って夏タイヤには、格好の良いホイールを履かせれば良かった・・・と若干後悔です。

見た目が殆ど一緒

春に夏タイヤに戻す時に、ローテーションも行いますので、分かりやすい様に、次に後ろに付けるタイヤには、テープを等を貼って、目印にしておくと分かりやすいです。

スタッドレスタイヤを取り付ける時は、逆の手順で、ACコンセントの電動インパクトレンチで、ハブナットを締めたあと、ジャッキを下ろします。

スポンサーリンク

最後に必ずトルクレンチで、100Nを目安に締めておきましょう!

トルクレンチは、安物でも良いので、1つ持っていると便利です。

ホームセンターの安物でも十分ですよ

空気圧の調整も忘れずに!

自分で交換すべきか、店に頼むか?

安いガソリンスタンド等では、1本500円で変えてくれる店舗もあります。

1台2,000円ですので、そんなに高価ではありません。

1台2,000円なら、むしろ安い方かなと思います!

「タイムイズマネー」ですので、時間が惜しい方は、店に持っていく方が良いと思います。

但し、作業として、タイヤを交換するだけですので、点検等は含まれていません。

自動車好きの方であれば、年2回(冬前と春前)タイヤ交換の際に、実際に自分の目で見て、点検を行うことも良いかと思います。

タイヤがでかい自動車はどうする?

嫁のクルマは、タイヤがでかくて重いです。

今は、インチダウンしていますが、純正サイズは、

225/55R18

これを4本変えるのは、かなり骨が折れます。

ぎっくり腰になってからは、素直に店にお願いしております。

お付き合いもあって、ディーラーに持っていくのですが、1台4,000円程掛かかります。

年間8,000円ですので、懐にはちょっとダメージです。

体力があれば、自分で変えたいのですが・・・

こういうところも、雪国での自動車の維持は、お金が掛かります・・・

まとめ

時間が惜しい方は、店にお願いする

自動車好きなら、点検がてら自分で変える

タイヤがでかい自動車は、身体と相談して・・・?

雪国の自動車の維持は、何かとお金が掛かる

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-030-自動車とバイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

bike1-eyecatch

バイクにABSは必要か? バイクこそABSは必要です!

Ninja1000は、大変気に入っておりましたが、私が買った「カナダ仕様」には、ABSが付いておりませんでした。 近年の新型バイクでは、ABSは、ほぼ標準装備となっておりますが、2010年前後の、日本 …

1290sdr

KTM 1290 SUPER DUKE R 大型2輪 レビュー インプレッション

さて、「KTM 200DUKE」を気に入って乗っておりましたが、「このまま大型バイク」になったらどうなんだろう・・・? 純粋な疑問・・・です? 等と考えているうちに、なんと2013年「KTM 1290 …

純正ハンドルスイッチで社外品オートクルーズを操作する方法!

みんカラのアカウントが原因不明で、ログイン不可となり、記事の加除、訂正、削除ができなくなりましたので、こちらに転載します。 Googleアドセンスの審査落ちの原因となったと思われるであろう記事となりま …

bike1-eyecatch

KTM 200DUKE 小型2輪 レビュー インプレッション

バイク購入 KTM 200DUKE編 さて、まだまだバイク熱も冷めないある日の事ですが、気になるバイクが目に留まりました。 「KTM 200DUKE」です。 またも一目ぼれでした。 KTM 200DU …

bike1-eyecatch

大型2輪 教習 40代からの大型バイク

さて、大型バイクの教習も本格化してきました。 GSR400でチマチマ走り、練習した効果もあったのか比較的スムーズに教習は受けられたのではないかと思っております。 何故にビッグスクーターの教習があるの? …