税金の滞納・不動産の差押えとは?こうなる前に早めの相談を!

money1-eyecatch 040-滞納整理

次は、不動産差押です。

公売までいくと手続きは、かなり複雑になるのですが、差押だけであれば、それほど難易度は高くありません。

不動産差押えをする理由

役所は、税金の滞納がある程度の額を超えると、「本気度を見せる?」為に、不動産差押を実施します。

昔は、この不動差押に一定の効果があったようで、驚いた滞納者が一括で納付するということもありました。

これは、住宅ローンが残っている滞納されている方は、役所に不動産を差押られると、金融機関が抵当権に基づき「競売事件」を起こすかもと心配になる為です。

実際のところは、税金を滞納していても、住宅ローンを滞納しなければ、役所が不動産を差押えても、「競売事件」になることは、滅多にありません。

スポンサーリンク

不動産差押えの手順は?

実際の手続きは、次のとおりとなります。

①嘱託登記書と差押調書(謄本)を登記所に提出する。

②住所や氏名が変わっている場合は、住所・氏名を変更する嘱託登記書と戸籍抄本や戸籍附票(住所や氏名の変更履歴が分かる証明書)①と一緒に提出する。

③抵当権者等がいる場合は、差押通知書を送付する。

④差押調書謄本を本人へ交付する。

スポンサーリンク

登記嘱託書例(住所変更用)例

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

嘱託登記書(差押用)例

全く連絡が取れなかったり、納付の意思を見せない滞納者で、時効が来そうな滞納がある場合には、この不動産差押で、時効を中断することができます。

不動産の登記を見ると、次々に到来する時効を中断させる為に、何度も差押(参加差押)られているものもあったりします。

金融機関が、競売事件を起こさないからといって安心せず、このような状況になる前に、郵便物はしっかり確認し、督促状、催告書が届いていた場合は、早めに相談しましょう。

債務整理の相談を専門家に依頼するなら、こちらのサイトから!

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました