SQLを無料で使える環境を作る方法!A5:SQL Mk-2は無料で高機能!

code1-eyecatch 060-SQL

まずは、SQLを使える環境整備です。

まず、SQLが使えるソフトウエアを用意します。

A5:SQL Mk-2は、フリーウエアでも高機能

フリーウエアであれば、A5:SQL Mk-2 が高機能で良いかと思います。

A5:SQL Mk-2はこちら

※なお、インストールする際には、必ず管理部門の許可を得てください。

また、32bit版と64bit版がありますので、お使いの環境によって使い分けてください。

このソフトは、ZIPファイルを展開するだけで、特にインストーラーもありませんので、レジストリを書き換える等の動作もありませんので、良いかと思います。

スポンサーリンク

データベースがOracle(オラクル)であれば、 Oracleクライアントが必要

このソフトウエアを、基幹業務が使えるパソコンに導入し設定します。

以下、基幹業務が使えるパソコンにOracle(オラクル)クライアントが導入されている場合の方法です。

ソフトウエアを起動し、

①追加するデータベースの接続タイプを選択 → Oracle Database を選択

②OCI経由(Oracle Client利用)をチェックマークを入れ

③ホスト名 → 接続文字列と同様でOK

スポンサーリンク

④サービス名 → 接続文字列

⑤ユーザーID → 接続用ユーザーID

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

⑥パスワード → 接続用パスワード

④、⑤、⑥は、各業務のシステムの保守担当者に聞けば、教えてくれます。
理由を聞かれると思いますが、SQLを使ってデータを抽出したいと答えればOKでしょう。

なお、役所の管理部門の担当者に聞いても、恐らく「???」になるかと思いますので、直接保守業者の担当者に聞いた方が早いと思います。

これで、準備は完了となります。

次からは、SQLの記述の仕方を説明していきます。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました