スポンサーリンク

035-スキー

スキー!スペアのインナーブーツを入手したが!純正でもしっくりこなかった!来シーズンに向けてどうすれば良いのか悩む!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。

さて・・・

今シーズンに壊れかけたスキーのインナーブーツのスペアとして・・・

テクニカの純正インナーを入手したのですが・・・

届いたすぐに・・・

足を入れて、シェルを履いてみましたが・・・

思っていたよりもしっくりきませんでした。

感覚的には、くるぶし付近のフィット感が足りずに・・・

緩い感じがするというものです・・・

ラングの薄いインナーよりもマシでしたが・・・

それでも、管理人の足的には、インナーが薄い様です・・・

写真は、現在使っているサロモンの選手用インナーとは・・・

年式が異なりますが・・・

同じサロモンの選手用ブーツのインナーです・・・

くるぶし付近のガムフローの厚さを手触りで確認すると・・・

やはり若干ですが・・・

テクニカの方が薄い様でした・・・

ほんの少しなんですが、これがフィット感に影響しているものと思います。

純正インナーにはかなり期待していたので・・・

ちょっとガッカリな気分になりました・・・

まだまだこの使い古しのインナーに頑張ってもらう必要がありそうです・・・

残る手段は・・・

博打要素の強い、フォーミングインナーになるのですが・・・

アトミックのフォーミングインナーは、ショップで取れるかどうかも怪しいとのこと・・・

取れなかったら・・・

レグザムかシダスになるのですが・・・

金額的に、かなりお高くなるので・・・

ただでさえ、博打要素が強いフォーミングインナーですので・・・

失敗したときのダメージがデカイ・・・

フォーミングインナーは、失敗しても転売が困難ですし・・・

まるまる5万円~6万円ほどが無駄になる可能性があります。

スポンサーリンク

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

やはりスキーブーツはインナー

純正インナーでもこの様な有様でしたので・・・

管理人的には、やはりスキーブーツはインナーが一番重要かと思えます。

シェルなんて、どのメーカーでもワールドカップで使われている様な・・・

選手用モデルであれば、なんでも良いと思います・・・

それこそデザインや好みで選べば良いでしょう・・・

後は、如何にインナーが足とシェルの間をベストな状態で補ってくれるか・・・

これが最も重要です。

  • 痛くない
  • ズレない
  • 緩くない
  • きつすぎない

たった・・・

これだけの事なんですが・・・

なかなか自分に合ったモノを見つけるのが困難です。

今つかっているインナーは、10年も使っているので・・・

その感覚が足に沁みついてしまって・・・

別のインナーを履くと感覚的に拒否反応を示してしまうだけ?

という可能性も否定ではできませんが・・・

実際に、くるぶし付近が緩く感じるというのは・・・

まぎれもない事実ですので・・・

やはり、自分の感覚を信じるしかありません。

現行モデルのサロモンの選手用ブーツは・・・

脚を入れた事がありませんが・・・

一度試履きしてみる必要がありそうです・・・

しかし・・・

ブーツをサロモンにすると・・・

板もサロモンにしたくなる・・・

というのが、スキーマニアの性というモノです・・・

そうなると・・・

板もすべて買い替えとなりますので・・・

出費的にかなり厳しいですね。

板は・・・

管理人のレベル的には・・・

  • 大回りは:S/RACE PRO GS 175センチか176センチ
  • 小回りは:S/RACE PRO SL 165センチ

辺りでしょうか・・・

ブーツは、110か130になるんですが・・・

以前のサロモンの選手用ブーツは・・・

110でも・・・

110とは、思えないくらいハードなシェルでした・・・

現行モデルのテクニカWC130と同じくらいのハードさです・・・

モデルが変わっているので、履いてみないとなんとも言えませんが・・・

最近の傾向としては各社の選手用ブーツの110は・・・

基礎上級者向けと謡っているので・・・

恐らく、現行モデルのサロモンの110も・・・

テクニカWC110くらいに柔らかいと想定できます・・・

そうなると・・・

今度は、110だと不整地は良いのですが・・・

ちょっとハードな整地になると柔らかいんですよね・・・

感覚的には、120くらい・・・

管理人的には、ラングのZJくらいがちょうど良い粘度になります・・・

テクニカWC110 < ラングZJ < テクニカWC130 =< ラングZA

いっとき・・・

サロモンの選手用セット(GS・SL・ブーツ)

を使っていた事もあったのですが・・・

とても管理人の手に負えるレベルのマテリアルではありませんでした・・・

それから、サロモン恐怖症になっていたのですが・・・

最近のモデルは評判も良いみたいですので・・・

かなり扱い易くなっているのかもしれません。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-035-スキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SAJのクラウンプライズを一般人(サンデースキーヤー)が目指す!(1級取得後)

SAJ(全日本スキー連盟)1級は、実はスキーヤーのスタートライン SAJ(全日本スキー連盟)主催のバッジテスト1級に合格すると、 ①準指導員の受験資格 ②テクニカルプライズ検定の受験資格 ③全日本スキ …

TECNICA・Nordicaの選手用ブーツ!インナーの踵の破損を予防する方法!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 今季のスキーブーツは、TECNICAの選手用ですが・・・ 数回、脱ぎ履きしを繰り返すと、インナーブーツの踵部分がめくれてきました・・・ テニクカ・ノルディカの選 …

スキー指導者について!せめて力学くらいは勉強してスキーが曲がる理論を理解しておいて!

ヘッポコヘタレスキーヤーの管理人です。 管理人は、これまで独学・・・ といっても、ただひたすら滑走日数を稼いで、滑りまくってきただけですが・・・ もっと力学をスキーが曲がる理論を理解しておけば、もう少 …

【SAJクラウンプライズ】を一般人「サンデースキーヤー」が目指す!スキーを始めてから2級編まで!

寒い季節になってきましたので、管理人のスキー(ウインタースポーツ)の経験についてご紹介します。 大人になってからスキーを始める!(これが泥沼の始まり) 私はスキーを始めてからなんだかんだで、20年以上 …

小回り用の板はFISレギュレーションに囚われずに長さを選ぶと良いかもしれない!男子は165センチに拘る必要無し!

管理人は基礎スキー専門ですが、基礎スキーの華と言えば技術選手権です。 一般的に大回り・小回りの2本の板を揃えますが・・・ 多くの方が(男性の場合) 大回りは、マスターズモデルの180センチ~ 小回りは …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク