スポンサーリンク

035-スキー

SAJのクラウンプライズ受験!種目別ですらなかなか合格点の80点が出ない!

管理人がクラウンプライズ合格までに受験した回数は17回です。

そのうち種目別で合格点が出せるようになったのは、合格したシーズンが初めてでした。

それまでは、いくら受けても種目別での合格点である80点が出せませんでした。

種目別の80点ですらなかなか出ない・・・

クラウンプライズの受験経験がある方であれば経験済みとは思いますが、種目別で合格点と出すこと自体が結構難しいです。

管理人は、合格するまでに7シーズンを要しましたが、6シーズン目までは、種目別で80点を出す事すらできませんでした。

6シーズン目の最後の受験がオール78点でしたので、受験開始1シーズンめから6シーズン目までは、ほとんど点数的には成果が出ていない状況でした。

6シーズン目までの受験回数が13回です。

13回の受験の中では、種目別で79点までは出たこともありましたが、80点は出ませんでした。

途中で何回も挫折しそうになる・・・

これも、プライズ検定の経験がある方には分かるかと思いますが、何回受けても成果が出ないと正直心が折れそうになります。

管理人も何回も挫折しそうになりました・・・

途中から惰性で受けている時期もありましたし、受験しなかった年も1シーズンありました。

受験だけして合格発表を見ずに疲れきって帰った事もありました。

惰性で受けている間は合格できない・・・

管理人自身が経験しているので、はっきり言える事は、惰性で受験している間は絶対に合格できません。

何回受けても合格できない場合は、そういう自覚が無くても、どこか惰性で受験しているフシが無いか自問自答してください。

管理人が7シーズン目で合格できたのは、この負の連鎖を断ち切る事が出来た事が大きいです。

具体的には、6シーズン目のシーズン終盤に、嫌いなレッスンを受講(かなり厳選した)して自分の弱点を探った上で、最後に検定を受験して、点数の出具合(自身のレベル)を確認しました。

これにより次シーズンの目標設定が出来きましたし、オフトレ(イメージトレーニングが主)を実施することで、次の合格できたシーズンにつなげる事ができました。

しかしやはり滑走日数は必要・・・

しかし、これを早く実践できていたとしても合格が早まったとは思えません。

結局は、総滑走日数(経験)が大事になってくると思います。

健常者で通常の体力があれば、後は滑走日数が勝負になります。

余程のセンスが無い限りは、レッスン等を受けたからといって、極端に合格するまでに要する日数が短縮できるとは思えません。

ただ、こうすることで無駄に時間が掛かる事だけは避けられると考えます。

スポンサーリンク

合格するまでの滑走日数は・・・

昔は、合格するまでの滑走日数の目安は、

  • 2級:30日
  • 1級:60日
  • テクニカルプライズ:300日
  • クラウンプライズ:600日

と言われていました。

管理人が合格したのは、大よそですが総滑走日数600日強でしたので、なんとか一般的な経験日数の範囲前後で合格できた事となります。

余程のスキーセンスが無い限りは、どれだけ効率よく練習できたとしても、これが300日や400日にはならないと思います。

しかし、だらだらと惰性で受験している限りは、1000日滑っても合格できないと思います。

ですので、一般的な合格までの必要滑走日数を目安に、それにあわせて目標を定めて練習して行くことが必要となります。

クラウンプライズの600日は、仮に1シーズン50日滑ったとしても、12年は掛かります。

そもそもサンデースキーヤーには、確保が難しい滑走日数でもあります。

仮に1シーズン30日だったしても、20年掛かる計算ですが、1シーズン30日は、一般の方からすれば、かなり滑走日数が多い方となります。

やはりそれなりにスキーを継続できる環境に恵まれていないと継続もできないし、合格も難しいのは現実であります。

合格できるのはスキーバカじゃないと無理・・・

釣りバカ日誌という映画がありましたが、スキーのクラウンプライズ検定に合格できるのは、ある意味スキーバカじゃないと無理です。

そもそもスキーバカくらいじゃないと1シーズンに30日以上も滑ることはないでしょう。

ですので、クラウンプライズテストに合格できるのは、どれだけスキーバカになれるかという問題でもあります。

生活におけるスキーのプライオリティーが高くないと決して合格できるものではありません。

周りのクラウンプライズホルダーもみんなスキーバカです。

管理人は今でことスキーバカでは無くなってきていますが、やはり合格できるまではスキーバカでした。

周りのスキーバカは、この暖冬で地元が滑られないシーズンでも、毎週足しげく県外に遠征しております。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

スキーバカでいられる間が実は幸せだった・・・

なんでも良いので目標がある事は良い事です。

人生に張り合いが出ますし、仕事を頑張る為のモチベーションにも繋がります。

現在管理人は、特に生きる目標も無く、気の抜けたコーラ状態で、メンタルも病んでいます。

今から思えば、スキーバカになれていた時が、それなりに人生に張り合いもあって幸せだったのだと思います・・・もちろん合格できずに辛い事もありましたが・・・

まとめ

スキーバカになれないとクラウンプライズの合格はできない

1つの目安が総滑走日数600日

受験が惰性にならないように注意

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-035-スキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新型コロナウイルスショックがこんな所にも!第57回全日本スキー技術選手権大会が中止になっていた!管理人の風邪もかなり長引いているが治る気配が無い!

管理人の情報弱者っぷりも酷いものですが・・・ 2020年3月4日から3月8日まで、開催予定であった、第57回全日本スキー技術選手権大会が中止になっていた様です。 大会公式HP こんなコアな大会まで中止 …

SAJのクラウンプライズを一般人(サンデースキーヤー)が目指す!(1級取得後)

SAJ(全日本スキー連盟)1級は、実はスキーヤーのスタートライン SAJ(全日本スキー連盟)主催のバッジテスト1級に合格すると、 ①準指導員の受験資格 ②テクニカルプライズ検定の受験資格 ③全日本スキ …

練習できる環境が作れないのでスキーを止めようか真剣に悩む!中途半端に滑れる事がアダとなる!

今シーズンは全国的な暖冬で、管理人の地元のスキー場の営業状況も酷いものです。 ですので、たまの休日も満足に練習する事もできません。 スキーを練習できる環境を維持するにはかなり金が掛かる スキーはかなり …

ゲンレンデコース外での遭難!バックカントリー!救助は2次災害の危険性が高い! 費用は誰が負担するべきか?

例年ですが、スキーシーズンになるとスキー場のコース外に入り遭難する方が出てきます。 いわゆる「バックカントリーで遭難」してしまうという事ですね。 最近は新雪を求めるスキーヤー・スノーボーダーが多くなっ …

SAJのクラウンプライズを一般人(サンデースキーヤー)が目指す!テクニカルプライズ合格後!

管理人が5回連続でテクニカルプライズを受験してギリギリ合格できた事は前回の記事のとおりですが、無謀にも翌年からクラウンプライズに挑戦を開始しました。 テニカルプライズに合格したら技術選の地区予選の順位 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク