スポンサーリンク

035-スキー

Blizzard【ブリザード】SL-FISモデル【選手用板】は、正にレーシング板!一般ゲレンデではオーバースペック!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。

さて・・・

本日は、雨の中頑張ってスキー場へ出撃してきました。

ゲレンデは土砂降り

先週の大雪から、一変して、本日のゲレンデでは、朝一から雨が土砂降りです。

スキー場で雨は、かなり萎えます・・・

しかも土砂降り・・・

とりあえず、雨合羽とゴム手袋を装備します。

ヘルメットを被ると雨合羽のフードがかぶれないので、どうしても首周辺から雨が侵入するので、全く濡れない・・・

という訳にはいかず・・・

結局は、濡れます・・・

SL-FISモデル【選手用】を試す

さて、本日は、先日ゲットした・・・

Blizzard SL-FIS PISTONPLATE XCELL18 165センチ

を試します・・・

まず・・・

兎に角板が重い・・・

XCELL16までは、樹脂製だと思うのですが・・・

XCELL18は、金属なのでしょうか・・・

セカンドモデルの【WRC・SRC】と比べても、明らかに思い・・・

スキーを履いた時に、まず鉄下駄かと思いました・・・

ゲレンデは雨ですが・・・

圧雪が掛かっているバーンはなんとか滑られます。

板は、下に下にと・・・落ちようとするので・・・

兎に角、重心が板に置いて行かれないようにする必要があります。

板が重いので、しっかりと荷重が板に掛かる様に、普段よりもブーツのバックルを増し締めしました。

ブーツのフレックスが負けている

知人のスキーマニアと暫く一緒に滑っていたのですが・・・

ブーツのフレックスが完全に板に負けているとのこと・・・

管理人も滑っていて、足元がなんか心もとないな~

とは、感じていましたが・・・

ハリが強い選手用の板ですので・・・

しっかり踏もうとすると・・・

ブーツが潰れて荷重が逃げている様です。

この板で滑るには・・・

【テクニカ・WC110】では、ちょっと柔らかい様です。

流石に、150は技術的にも体力的にもムリそうなので、シェルだけでも【WC130】を手に入れる必要がありそうです・・・

スポンサーリンク

板が走りすぎて怖い

さて・・・

管理人の乗り方が悪いのでしょうが・・・

板を踏むと・・・

ビヨヨ~~~ンと吹っ飛ばされます。

セカンドモデルでは、この感覚はあまりないですね。

スキーマニアの知人曰く・・・

それが楽しいとの事ですが・・・

とても、管理人には楽しめません。

正直怖いですね。

これは、参った・・・

完全に役者が不足していました。

管理人ごときの足前では、完全にオーバースペック!

もしかしたら、セカンドモデルでもまともに扱えていないのかもしれません。

気を抜くと危険

かなりピーキーな印象でしたので・・・

気を抜くと、吹っ飛んでいきそうで、危険な板です。

この板で、滑る時は、十分に精神を集中する必要がありそうです。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コブは雪質がズブズブで引っ掛かる

さて、暫く整地を滑ってからは、モーグル板に履き替えて、コブにトライしましたが・・・

雨で、雪がズブズブ・・・

板が埋まって、全く動かせない状況です。

とても・・・滑れた状態ではありません・・・

暫くは、一人でコブ斜面の整備をしていましたが・・・

雨が強くて・・・

心が折れました・・・

諦めて、下山しようかな・・・

と考えていた時に・・・

ちょうどコブチームのメンバーの一人と合流できたので、なんとかコブ斜面を滑られる状態にまで整備し、2~3本滑る事ができました。

いずれにしても本日は・・・

  • 整地では、選手用板にやられ・・・
  • コブでは、ズブズブの雪にやられ・・・

全く良いことなしのスキーでした。

しかし・・・

それも、自身の技術がないからこそなんですが・・・

年齢的にも技術の向上が厳しい状態ですので、楽しみ方を変えていかないといけないのかもしれません。

忘備録

  • 2020-2021シーズン 滑走15日目 4時間
  • 一般ゲレンデで選手用スキーはオーバースペック

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-035-スキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スキーのポール【ストック】カットの方法!切る時は基本的に戻せないので慎重に!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 本日は、スキーのポール【ストック】をカットしましたので、その方法を紹介します。 基本的に、一度カットしたら元に戻せないので、カットするか否か慎重に決めましょう。 …

SAJテクニカルプライズ・クラウンプライズ検定!当日のゲレンデコンディションによっては小回り系の板1本で受験する方が良い!

管理人がSAJクラウンプライズに合格したのは、随分前の話になりますが、合格できた時に使っていた板をご紹介します。 テクニカルプライズ・クラウンプライズの合格を目指している方の中には、板を大回り用・小回 …

スキー板の長さを実際に検証!オールラウンド編!体重+100センチを基準に+5センチの範囲でOK!

前回の初滑りが気持的に、不完全燃焼でしたので・・・ 板の長さの検証も含めて、不完全燃焼気味のモヤモヤした気分を払拭すべく、シーズン2回目のスキーに行ってきました。 まだ、2日目ということもあり、主な目 …

スキーメンテナンス!チューンナップを自分でやってみたいが板を壊しそうで怖い!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 さて、春スキーの季節になってきました。 なんとかGWまで、少しでも滑走日数を稼ぎたいところです・・・ さて、スキーのメンテナンス【チューンナップ】ですが・・・ …

MARKER!!XCELL・XCOMP系ビンディング!樹脂と金属の違い!金属はやはり重い!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です・・・ シーズン終盤を踏まえ・・・ そろそろ板を片付けようと整理している時に・・・ 気付いたのですが・・・ 同じマーカーのビンディングでも・・・ 最大解放値の値によ …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク