スポンサーリンク

035-スキー

一般ゲレンデスキーヤーのメンテナンス方法!ワックス等の消耗品を少しでも安価にする!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。

一般ゲレンデスキーヤーであっても・・・

快適にスキーするには、最低限のメンテナンスが必要になります。

例えば・・・

  • 汚れ落とし
  • ワックス
  • エッジの錆止め

などでしょうか・・・

スキー専用品はどれも高い

しかし・・・

最低限のメンテナンスと言っても・・・

リムーバーにしても・・・

ワックスにしても・・・

エッジの錆止めにしても・・・

どれも量が少ないくせにかなり高価な値段が付いています・・・

必要かどうかはべつとして・・・

フッ素入りのワックスなんて、べらぼうに高い・・・

高いくせに、量も少ない・・・

とうい具合です・・・

たかだか最低限のメンテナンスと言っても、結構お金がかかります。

ホームセンター等で安価に消耗品をそろえる

さて、一般スキーヤーは・・・

コンマ1秒を争うレーサーではありませんので・・・

その目的は、主に・・・

マテリアルの快適に滑られるコンディションを維持することです・・・

ですので・・・

まず・・・高価なワックスなんて必要がありません。

ですので・・・

ホームセンターに売っているモノで代用できるものは代用します・・・

リムーバーの代わりは樹脂でも使えるパーツクリーナー

まず・・・

リムーバーの代わりに使えるのが、樹脂でも使えるパーツクリーナーです。

スキー専用品と異なり・・・

2倍~3倍の量が入って、200円~300円で購入可能です・・・

管理人は、何シーズンもこれで、代用していますが・・・

現在に至っても問題が出たことは全くありません。

これで、十分に代用可能ですし・・・

成分のそんなに変わらないと思います・・・

但し、注意すべきが1点だけあって、ゴムやプラスチック等の樹脂にも使用可能なものを買いましょう・・・

金属専用のモノもありますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

ワックスはレンタル用で十分

次にワックスですが・・・

レンタル用で十分です。

管理人が使っているのは、TOKOの2.5キロ入りのものです・・・

管理人は・・・

20年以上のスキー歴で・・・

ようやく2箱目に突入しました・・・

おそらくですが・・・

残りの人生の中で、この箱のワックスを使い切る事は、おそらく不可能だと思います。

量が多いので・・・

1箱で、15,000円~16,000円前後しますが・・・

20年もつとしてすれば・・・

750円/年

ですので・・・

年間30日前後以上滑走する方であれば・・・

普通にワックスを買うよりもかなり安価だと思います・・・

一般的なサイズのワックスでは、2,000円~3,000円/個

くらいですので・・・

恐らく、このサイズでは、1シーズン持ちません。

ちなみに管理人は・・・

TOKOのレンタル用ワックスのオレンジ(-4度~-10度)を使っています。

一般的なゲレンデスキーでは、これが最も汎用性がある気がします。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

エッジの錆止めも重要

最後にエッジの錆止めも重要です・・・

写真のモノはスキー専用のものですが・・・

30ミリリットルくらいで・・・

1,000円以上もします・・・

とにかく量が少ないので・・・

1シーズンくらいしか持ちません・・・

また、最近は、近所のスポーツ量販店でも売っておらず・・・

手に入れるのがかなり面倒くさいです・・・

これまでは・・・

1,000円もするとはいえ、1シーズンは持つので・・・

近所のスポーツ用品店で購入していましたが・・・

それが、手に入らないとなったら・・・

ネットでの購入となるのですが・・・

ネットの場合は、別途送料がかかり・・・

商品の価格よりも、送料の方が高い場合があるくらいです・・・

ということで、代用できるものをイロイロを物色していたのですが・・・

ようやく見つけました。

イロイロと評判が悪い・・・

KURE CRC 5-56 無香性

です。

ちなみに・・・

この【無香性】が重要ですので、十分に注意してください。

一般的な、CRC 5-56は、金属専用ですので、樹脂に攻撃性があります。

【無香性】であれば、ゴムやプラスチック等の樹脂にも使えます。

量は、スキー専用品の10倍以上もあり、価格は半額以下です・・・

ホームセンターで簡単に手に入ります。

量も多く、入手し易く、価格も安い・・・

いう事なしです。

これを、スポンジに吹きかけて・・・

なるべく滑走面につかないように気を付けながら、エッジに塗ります。

これで、エッジの錆防止ができます・・・

今シーズンから使用を始めましたが、スキーの滑走面やサイドウオール等の樹脂部分にも影響はありませんでした。

これ1本で、恐らく10年以上は持つと思います。

ブレーキを上げるゴムバンドは自分で作る

あと、スキーをメンテナンスするには、ブレーキを上げるゴムバンドが必要となりますが・・・

これも、スキー用として売っているモノは・・・

単なる太い輪ゴムのくせに・・・

値段も高く、耐久性もありません・・・

結構すぐにちぎれます。

そこで、これは廃品を代用して作成します・・・

自転車のパンクで穴があいたゴムチューブを適当な長さに切って、

2か所穴を開けるだけです。

たったこれだけで、完成です。

自転車のチューブ1本あれば、何本でも作れます。

また、自転車のチューブですので、耐久力は抜群です。

簡単に切れる事はありません。

ポイントは・・・

開ける穴は、できるだけエッジが無いように丸く切りましょう・・・

穴の角が尖っていると・・・そこから裂け易くなりますが・・・

丸く切っておけば、裂ける事は殆どありません。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-035-スキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SAJテクニカルプライズ・クラウンプライズ!検定合格に必要なマテリアルは?まとめ!

今回はSAJテクニカルプライズ・テクニカルプライズ合格に必要なマテリアルについてのまとめ記事です。 当然、テニカルプライズ・クラウンプライズテストを受験するレベルですので、技術的には上級者を超えたエキ …

SAJのクラウンプライズを一般人(サンデースキーヤー)が目指す!(2級から1級編まで)その2

受験4回目から合格まで 受験4回目! とうとうお受験も4回目に突入しました。 結果を先に述べますと、総得点で「-2点」でした。 スキーのお受験では、この「-1点」、「-2点」で泣く方が大変多くいらっし …

ZC33S型スイフトスポーツへのスキーの積み方!修正版!小回り用の板なら2人分積載できる!助手席も余裕のシート位置!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です・・・ 管理人のクルマは、ZC33S型スイフトスポーツですが・・・ 荷室が狭くて・・・ スキーの積載にはかなり難儀していました。 いままでは、上の写真の様な積み方を …

スキーのポール【ストック】カットの方法!切る時は基本的に戻せないので慎重に!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 本日は、スキーのポール【ストック】をカットしましたので、その方法を紹介します。 基本的に、一度カットしたら元に戻せないので、カットするか否か慎重に決めましょう。 …

スキーの選手用ブーツは通販で買ってはいけない!信頼できるショップでチューンナップ前提で購入しよう!

以前は、いわゆる選手用ブーツはカタログに掲載されておらず一部のマニアが裏ルートでお願いするしか手に入れる方法がありませんでした。 しかし、最近では、選手用ブーツ(足幅92ミリ~95ミリのナローモデル) …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク