スポンサーリンク

035-スキー

スキー!コブ斜面で心折られる!20年以上滑っていてもなかなか上達しない!

滑走日数が4日目になった、ヘタレスキーヤーの管理人です・・・

本日は・・・

前回、全く滑られなかったコブをリベンジするために、出撃してきました。

また、前回板に穴が開いたので、同じ轍を踏まないように、壊しても良い板も持参・・・

良く分からない構成で、板を2本持っていきました。

持って行った板は・・・

  • Blizzard SRC 165センチ
  • DYNASTER SL 155センチ

の2本です。

DYNASTERのSL【セカンドモデル?】は年式・グレード等よく分かりません。

恐らく、競技用のセカンド若しくは、サードモデルだと思われます。

嫁用に随分前に購入していたのですが・・・

今シーズンの管理人的板の長さでは・・・

管理人の体重60キロ換算で、ちょうど小回り用の長さの範囲内ですので・・・

短めの板で小回りとコブを試してみようと思ったのと・・・

古い板ですので、コブで板を壊しても良いかという気持ちです。

管理人的板の長さについてはこちらの記事から

朝一に突撃したが

本日は・・・

天気予報では気温も高め・・・

ですので・・・

コブには優しい雪質だろうと思って朝一から出撃したのですが・・・

ところがどっこい・・・

ゲレンデは、ジャガイモコロコロ芋コロコロ状態・・・

さらに、結構硬い・・・

コブなんて、入れたもんじゃありません。

ジャガイモ畑のゲレンデは整地でもかなり辛い

さて、コブが硬すぎて入れませんので、とりあえず、ブリザードの板で、整地を練習です・・・

しかし、このジャガイモ畑が曲者で・・・

板がジャガイモのせいで流れます・・・

折角来たのに・・・

と・・・気分も凹みますが・・・

こればかりは、自然が相手のスポーツですので仕方がありません。

他のスポーツで毎回これほどまでに、条件が変わるものってあるのでしょうか?

野球やサッカーで・・・

この球場やコートが・・・・

硬すぎる・・・とか・・・柔らかすぎる・・・

なんて聞いたことがありません。

そういう点でも、スノースポーツは、過酷です。

まぁ板が流なら・・・流れるなりに滑るだけなんですが・・・

流石の、ピストンプレート付きの競技板でも、ジャガイモ畑はどうにもなりません。

例えるならば、パチンコ玉が沢山転がった床に、板を置いてその上に乗るようなモノですから・・・

板の性能に関わらず・・・

どうにもなりません。

ジャガイモに転がされるだけです。

適当に整地を滑って雪が柔らかかくなるのを待つ

雪が硬くてどうにもなりませんので、とにかく雪が柔らかくなるんで、整地を滑ったりコーヒーを飲んだりして時間を潰します・・・

朝イチから2時間ほど経過したころから、少し雪が緩んできたので・・・

板を履き替えて・・・

コブにリベンジです。

さて・・・

155センチという非常に短い板ですが・・・

実は、165センチとそれほど明らかな違いというものを感じませんでした。

整地も案外普通に滑ることができました。

さすがに、大回りは怖くて試してませんが・・・

中斜面くらいまでだったら、問題なさそうです。

反対に、小回りが劇的にやり易くなったかと言ったら・・・

そうでもありませんでした。

感覚的には、165センチとあまり変わりません。

しかし、これは雪質にも影響しますので、ゲレンデコンディションで感じ方は変わってくると思います。

短い分、振り回しやすいので、コブでは回しやすそうです。

スポンサーリンク

本日の目標はコブ10本

さて、本日スキー場にきた最大の目的は・・・

兎に角コブを10本滑るまで帰らないです。

前回と同様に、ラインは1本しかありません。

相変わらず細かい!

細かすぎる!!!

板を短くしたので、振り回しやすくなりましたが・・・

それでもかなり忙しい・・・

たまたま前回ご一緒させていただいた、モーグルの方もいらしたので、本日のコンディンションを聞きつつ・・・

滑り方を勉強させていただきました。

一人の方は如何にも選手という感じの滑り方をされており・・・

管理人とは次元違い過ぎてとても真似できません・・・

当初の目標は、コブ10本でしたが・・・

途中から何本滑ったから数えるのも忘れてしまいました。

恐らく10本以上は滑っていると思います。

完走すらままならない

さて・・・

このコブ斜面・・・

管理人はかなり手ごわい・・・

結局、完走できたのは、最後の1本だけでした。

なにしろ忙し過ぎるコブで、ちょっと失敗するとすっぽ抜けて次のコブには入れません。

コブを1つずつ着実にクリアしていく必要があります。

モーグルの方と、基礎スキーの管理人では、そもそも滑り方が全く異なるのですが・・・

見ていると・・・

板のトップをコブにぶつける場所は、そう変わらない感じです。

後は処理の仕方かな~という感じなのですが・・・

本日の収穫としては・・・

切り替え時にテールジャンプができるポジションにしっかり戻す事が、重要という事を思い出した事でしょうか。

切り替え時に、テールジャンプができるポジションに戻せてないと・・・

だんだん体が遅れて・・・

要するに【後傾】になって破綻するという事ですね。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コブ用の道具が欲しくなる

コブを滑っているとコブ用の道具が欲しくなります。

用途としてはかなり限定されますが・・・

コブ用の板とブーツ

ID ONE の 【FR-TM】は・・・

基礎スキーヤー向けのコブ板とメーカーHPに記載されておりますので・・・

非常に気になるところです。

また、モーグル用のブーツは、かなりフレックスが柔らかい様です。

管理人は、競技入門・基礎エキスパート用のブーツで、フレックが【110】です。

メーカーが異なるので、単純にフレックスは比較できませんが、モーグル用は【90】ということで、反対にこんなに柔らかいブーツで大丈夫なのかとも思います。

板は、165センチだと、ラディウスが14メートル弱の様で・・・

普通にカービングスキーとしても使えそうです。

今シーズンはもうムリですが・・・

来シーズンあたりは、買ってみてもいいかもしれません。

しかし・・・

どちらも、あまり安く手に入りそうにないマテリアルですので・・・

20万くらいの出費を覚悟する必要がありそうです。

ただ・・・

モーグル用の道具を買ったからといって、コブが滑れるようになるかは疑問です。

もともと滑れる人が、専用の道具を使うことで、よりパフォーマンスが上がる・・・

とは思いますが・・・

滑れない人が使ったところで、滑れるようになるとも思えません・・・

実際どうなんでしょうか?

忘備録

  • 2020-2021シーズン 滑走4日目 4時間
  • Blizzard SRC 165センチ
  • DYNASTER SL 155センチ
  • 転倒0回
  • コブはテールジャンプで切り替える

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-035-スキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ゲンレンデコース外での遭難!バックカントリー!救助は2次災害の危険性が高い! 費用は誰が負担するべきか?

例年ですが、スキーシーズンになるとスキー場のコース外に入り遭難する方が出てきます。 いわゆる「バックカントリーで遭難」してしまうという事ですね。 最近は新雪を求めるスキーヤー・スノーボーダーが多くなっ …

憧れの【GORE-TEX】のスキーウエアをネットでゲットしたが良く調べずに買ったら中綿が無く薄くて寒そう!

へっぽこスキーヤーの管理人です。 かなり久々に撮ってもらったスキー動画が、あまりに下手くそ過ぎて・・・ モチベーションが激下がり中です・・・ ビデオなんて撮るもんじゃありませんね。 さてネットを徘徊し …

小回り用の板はFISレギュレーションに囚われずに長さを選ぶと良いかもしれない!男子は165センチに拘る必要無し!

管理人は基礎スキー専門ですが、基礎スキーの華と言えば技術選手権です。 一般的に大回り・小回りの2本の板を揃えますが・・・ 多くの方が(男性の場合) 大回りは、マスターズモデルの180センチ~ 小回りは …

一般人にとってベストなスキー板とは?競技や基礎上級モデルは不要に思えてきた

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 さて・・・ 管理人のスキー歴は約25年ですが・・・ ちょうどカービングスキーが出始めた頃でした・・・ その頃のスキーは、今ほどラディウスはきつくなく・・・ 概ね …

勝手にブリザード祭り!型落ちの選手用SL・FISモデルに手を出す!

今年はブリザードの板ばかり買っています。 何故か・・・ 勢いで3本も・・・ Blizzard WRC PISTONPLATE XCOMP16 175センチBlizzard SRC PISTONPLAT …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク