毎年恒例!スキーブーツ・シューレースインナーブーツの踵の修理!

035-スキー

シーズン券はいちおう購入しましたが・・・

今のところまったく行く気がしない管理人です。

おそらく地元に雪が降れば、気が変ると思いますが・・・

さて、まだまだ地元では雪が降りそうにないので、本日もシーズンインの準備です。

シューレースインナーブーツの踵はすぐに壊れる

シェルの背面のビスの構造にもよりますが・・・

何回も脱ぎ履きしているとたいていのインナーブーツは踵がボロボロになります。

ベロンとめくれてくるわけですね。

管理人のインナーブーツは・・・

2011・2012モデルのサロモンの選手用インナーをしぶとく使っています。

ガムフローが足にあっているので、予備はいちおう持っていますが、履き替える気になりません。

それほど足にフィットしているので、捨てがたいんです。

ということで、修理しながらしぶとくつかっています。

スポンサーリンク

結局ガムテープ補修がイチバン

補修はイロイロためしました。

靴用のゴム系ボンドをぬったり・・・

エポキシ系ボンドを塗ったり・・・

イロイロ試しましたが、結局はガムテープがイチバンですね。

見た目は良くないですが、これで2シーズン持ちました。

スポンサーリンク

黒いガムテープを使えばもう少し見た目は良くなるかもしれません。

ガムテープを貼ることで厚さが気になるところですが・・・

殆ど気になりませんでした。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

というより全く分からないレベルです。

ということで、さすがにこれだけボロボロになってきたので、新しいガムテープに貼り直します。

同じ様に貼り付けて終了です。

所要時間30分程度の補修です。

実際にシェルに入れて試す

実際にシェルに足入れをして踵の収まり具合を確認します。

とくに違和感はありませんでした。

とりあえず、最近無駄にやっているYoutubeのショート動画に、フレックス130のシューレースインナーのスキーブーツを1分以内に履けるか?動画を上げてみました。

いいオッサンが何やってんのか?という感じですね。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました