スポンサーリンク

035-スキー

テニカルプライズ・クラウンプライズ対応!独学者向けスキーの基本!これだけ抑えておけばなんとかなる!

独学オンリーで、なんとかギリギリでクラウンプライズを取得した、ヘタレスキーヤーの管理人です。

独学オンリーでしたので・・・

クラウンプライズの取得までかなりの年月を消費しましたが・・・

今から考えれば、スキーの基本を理解して、その点を押さえて練習すれば・・・

もう少し、早く取得できたのでは・・・

と思います。

スキーの基本と神髄は?

管理人が約25年の歳月を掛けて、至ったスキーの基本であり、神髄ですが・・・

  • 外足1本です

これに尽きます・・・

これ以外ありません・・・

少なくとも、クラウンプライズ【80点】までなら、外足1本で滑られるバランスを習得すれば、問題ありません。

【81点】以上・・・

つまり全日本出場を視野に入れるのであれば、別次元の話になるので、また話は違ってくるかもしれませんが・・・

雪上に出なくてもイメージトレーニングはできる

さて、外足1本で滑るバランス感覚を養うには・・・

別に雪上にでる必要はありません・・・

自宅の部屋でも十分にできます。

しっかりとしたイメージとバランス感覚を持って、スキーの練習をした方がはるかに上達の効率が上がります。

部屋での練習方法

部屋での練習方法は至って簡単です。

スキーをイメージして片足で立つだけです。

アラフィフのおっさんの写真なぞ・・・

だれも見たくないと思いますので・・・

ここは、フィギュアに見本を見せてもらいましょう・・・

オタクっぽく、ここは・・・

Gフレームのフルアーマーガンダム君にモデルをやってもらいました。

写真の様に、3関節(股関節・膝関節・踝)を意識して、片足で立ちます。

これを交互に繰り返します。

筋トレも含めて、この状態で、片足でスクワット【深くなくてOK】が出来るようになると尚よいです。

実に簡単です・・・

スキーを滑るときに【この外足立ちのポジション】を如何に毎ターン、正確にできるようになるかがポイントです。

これさえ正確にできるようになれば・・・

クラウンプライズも取得できます!

スポンサーリンク

なぜこのポジションが大切なのか?

では、なぜこのポジションが大切なのでしょうか?

当たり前ですが、このポジションはターンマックスをイメージしています。

つまりターン中の遠心力【外力】に耐える為のポジションです・・・

このままフルアーマーガンダム君を倒してみます・・・

どうでしょう・・・

理想のターン中のイメージになっていませんか?

これは、先ほどの片足立ちのフルアーマーガンダム君を倒しただけです。

つまり、ターン中も常に外足に乗り続けられるポジションを取ることが大切であるということです。

内足に乗ってはいけないんですよ・・・

肩と股関節のラインを斜面と水平にするイメージ

実際に滑走するときは、上の写真のポジションをイメージしつつ、内足に乗ってしまわないように・・・

肩と股関節のラインを常に斜面と水平にするイメージを持って滑ると良いでしょう・・・

極端に外肩を下げる様なイメージでも良いと思います。

これで、外足でしっかりと外力を受け止められる感覚が得られるまで、練習します。

基本的に・・・

  • 大回り
  • 小回り
  • コブ(不整地)

全て同じです。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

外足に乗れない理由は?

さて、簡単とは言っても、なかなかこのポジションを取れない方もおられると思います。

それは何故か?

理由は簡単です・・・

内足の股関節を曲げられないからです。

プライズ検定くらいに、滑走スピードが上がってくると・・・

おのずと遠心力に耐える為に、内傾角が出てきます・・・

しかし、この時に内足の股関節を曲げられないと・・・

内足に乗ってしまい・・・

内倒となってしまうわけです・・・

ですので・・・

このポジションを部屋で練習するときは・・・

必ず・・・

内足の膝頭が・・・

胸に付くくらい極端にやってください。

これで、内足の股関節を曲げる練習が同時にできます。

普段の生活の動きの中で、膝頭が胸に付く迄、股関節を曲げる動きはあまりありません・・・

ですので、案外できている様でできていない場合が多いです。

かなり意識してやらないと最初はできないと思います。

これが確実にできるようになれば・・・

テニクカルプライズ・クラウンプライズは取得できます。

その他は必要ありません。

単純に考えましょう。

いろいろな情報は・・・

迷って深みに嵌るだけです。

まとめ

スキーは外足1本で滑る

外足1本で滑るには内足の股関節をしっかりと曲げる

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-035-スキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

スキー板の長さを実際に検証!オールラウンド編!体重+100センチを基準に+5センチの範囲でOK!

前回の初滑りが気持的に、不完全燃焼でしたので・・・ 板の長さの検証も含めて、不完全燃焼気味のモヤモヤした気分を払拭すべく、シーズン2回目のスキーに行ってきました。 まだ、2日目ということもあり、主な目 …

雪が降りすぎ!家の除雪が間に合わずスキーに行けず!

今日は折角の貴重な休日ですが・・・ 雪が無ければスキーができない! しかし降りすぎてもスキーができない! というジレンマでした。 朝起きたら、結構雪が積もっていました。 昨夜から20~30センチくらい …

2021-2022年スキーニューモデル!コロナ禍で前年のキャリーオーバーが殆どか?

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 さて、今年は例年よりもスキーのニューモデルの情報が出るのが遅かった様な気がします。 お世話になっているスキーショップからは・・・ これもコロナ禍のせいだと聞いて …

ゲンレンデコース外での遭難!バックカントリー!救助は2次災害の危険性が高い! 費用は誰が負担するべきか?

例年ですが、スキーシーズンになるとスキー場のコース外に入り遭難する方が出てきます。 いわゆる「バックカントリーで遭難」してしまうという事ですね。 最近は新雪を求めるスキーヤー・スノーボーダーが多くなっ …

スキーで必要な運動を陸上で確認する!雪上に出る前にやっておくとスムーズに滑走を始められる!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 さて、サンデースキーヤーとしては、1週間、感覚が開くと・・・ 週末のスキーは・・・ 慣れるまでにそれなりに時間がかかります。 平日に滑走できる日が取れれば良いの …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク