スキー・2022/2023シーズン・8日目!正月休み明けのスキー!メタル入りの基礎板でコブ三昧!

035-スキー

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。

本日は、前日にかなり悩みましたが・・・

なんとか頑張って早く起きて朝一からスキー場へ出撃することにしました。

アサイチでスキー場に行く時は、5時半に起きて、6時半前に家を出ます。

7時前に着かないと、ゲンレデからイチバン近い駐車場を確保できない為です。

なんと過酷なスポーツなのでしょうか?

本日は知り合いがいたので・・・

リフト運行30分くらい前から、リフトの列に並びました。

晴れていて、知人もいれば話もできるので、30分くらいの待ち時間であれば、さほど苦になりませんでした。

本日のマテリアル

本日は、整地を滑るつもりでスキー場に向かったので・・・

  • ROSSIGNOL SUPERVIRAGE V 166センチ
  • TECNICA WC 130

です。

なんか久々にメタル入りの板を履くので・・・

非常に重く感じます。

リフトに座っていると・・・

膝から下が抜けそうに感じました。

軽いID-ONEに履き慣れると・・・

基礎板がこれほど重く感じるのですね・・・

ある意味軽すぎる板を履くのは、こういった点では弊害があるかもしれません。

※基礎板が重くて履けなくなる?

やはり早起きはかなり身体に悪い

本日も5時半起きなので・・・

身体がとても辛い・・・

正月休み明けに3日、仕事に行っての休みですが・・・

身体がまだ仕事に慣れていないので、たった3日でもかなり辛かった・・・

その翌日に5時半起きなので、眠いのなんの・・・

歳を取ると朝が早くなると言いますが、管理人には該当しないようです。

とにかく眠くて辛いです。

スポンサーリンク

結局アサイチからコブ

整地を滑るつもりでしたが・・・

アサイチにコブのお知り合いと合流したので・・・

結局アサイチからコブでした・・・

ID-ONEと基礎板を比較すると・・・

コブに関しては、やはりID-ONEの方が軽い分だけかなり有利ですね。

メタル入りの基礎板でのコブ滑走は・・・

かなり体力が消耗します。

モーグル用の板があるくらいですから、当たり前の事なのですが・・・

自身で両方履いてみると、改めてその違いが現実となって実感できます。

いままでは、メタル入りの板のみで、整地やコブを滑っていました。

技術選手権等の選手はそうやっているので、それが当たり前だと思っており・・・

モーグルは別の競技だと考えていましたが・・・

基礎スキーヤーでもコブはコブ用の板を使った方がコブは滑り易いです!

これは間違いないですね。

特にコブを集中的に練習するなら・・・

コブ用の板を使った方が、はるかに疲れないので、より多く本数を滑ることができます。

例えば、検定や大会で1本だけとかなら、基礎板でも十分滑れますが・・・

コブを集中的に練習するとなると兎に角、重い基礎板では体力の消耗が激しいです。

上手い人であれば、技術でカバーすることができるのかもしれませんが・・・

管理人程度の足前ではそんなわけにはいきません。

道具がかなり影響します。

コブに苦手意識がある人ほど、コブ用の板を使った方が効率的に練習できるような気がします。

雪がどんどん減っていく

スポンサーリンク

結局、昨年の12月末の大雪から、たいして降雪が無いので・・・

スキー場の雪はどんどん減っております。

そろそろまとまった降雪がないと、クローズになる可能性もあるのではないかと考えています。

あと、昨年よりも雪質が悪い気がしますね。

兎に角、湿気が多く、引っかかり易い・・・

本日も、朝は数センチ新雪が乗っていましたが・・・

その新雪が、とにかく引っかかる雪質で、特に1本目のコブはかなり危険でした。

板をズラして回せないので、スピードコントロールが困難ですぐに発射しそうになります。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

また、デラを掛けて踏んだら踏んだで、次はパツンパツンのツルツル雪になって・・・

これまたスピードコントロールが難しい・・・

今シーズンは、特にこういう雪質が多い気がします。

まぁ雪が無くて滑れないよりは遥かにマシなので、贅沢は言えませんが・・・

ケガをしそうで怖いです。

安全第一で滑らなければなりません。

とりあえずコブコースのゲレンデ整備を知人と行い・・・

コースを開けて、アサイチの仕事を終えます。

有志のボランティアでコブコースのゲレンデ整備を行っていますが・・・

まぁ自分も滑りたいので、悪い事ではないかなと考えております。

密脚は意識が必要

管理人は、コブの中で密脚がかなり苦手でしたが・・・

コブ三昧も3シーズン目ともなると、少しずつですが、足を閉じる事ができる様になってきました。

その経験から考えると・・・

密脚にコツはありません・・・

  • 意識して足を閉じる
  • 外足荷重をシッカリする

この2つですね。

まず、意識しないと足は閉じれません。

そして、コブの中で足を閉じれない最大の理由は、コブの中で外足荷重がしっかりできていない・・・

つまり内倒しているといことだと思っています。

ですので、コブのあらゆる局面で、内倒しないようにしっかりと外足荷重を意識して・・・

それができるようになれば・・・

意識して足を閉じる事ができる様になると思います。

とにかくコブのあらゆる局面で内倒せずにしっかりと外足に乗る

これしかありません。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました