スポンサーリンク

020-資格

情報処理技術者試験・プロジェクトマネージャ区分!論文ネタを考える

さて、とうとう2021年秋区分のプロジェクトマネージャ試験の目前となりました。

結局ですが、満足な論文対策は出来なかったという状況です。

アラフィフの衰えた脳では、やはり勉強はかなりキツイです。

記憶力も弱っていますし・・・

なによりメンタルがも仕事で疲弊していますので・・・

モチベーションが続きません。

マジですぐにヘタレます。

なんとか試験前にできたことといえば、論文の構成を3つ程考えることだけでした。

以下考えた論文構成

想定問題1:品質管理

1-1プロジェクトの特徴

 自治体のDX関連での窓口手続きの電子申請システムの開発

 全行程一括請負契約 リスク有

 工期8カ月・工数80人月・5千万 納期遅延不可

1-2要求事項

 画面の見やすさ・使いやすさ・高いUXという定性的品質

1-3考慮点

 トップダウンの決定事項であり利用部門のコンセンサス不足

 一括請負契約により利用部門の要件まとまらないリスク 納期遅延コスト増

2-1品質管理計画の策定

 通常基準よりも厳しく設定・品質管理の実施の細分化 外部設計での品質確保

 上流工程での手戻り発生防止

 定性的品質についてはガイドラインを策定 ガイドラインにより合格判定

2-2品質管理の実施

 すべての成果物のレビュー時間と欠陥指摘件数の調査 基準値内か?

 1チームが基準値を下回る 理由があやしい 原因の調査

 類似画面が多く流用可能 品質に問題無し

 ガイドラインとの準拠確認

 解釈の違いにより一部品質が確保されていない 修正には納期間に合わず

 現実解として注釈をつける 修正は次年度以降の保守で

3-1品質管理計画と実施の評価

 品質管理を細分化していなかった場合を想定

 通常の通常の基準では外部設計全体として合格判定が出ていた

 コンポーネント単位での品質が確保されない

 上流工程での手戻り防止・コスト増加となっていた

 これらを防止できた

3-2今後の課題

 本案件では顧客の要望により品質管理を細分化したが基準がない

 顧客の要望は年々複雑多様化

 求められる品質を確保するには過度な負担とならない範囲で細分化必要

 PMOに相談し基準の策定を提案

想定問題2:工程完了検査

1-1プロジェクトの特徴

 想定問題1と同じ

1-2工程の完了条件

 外部設計の全ての成果物のレビュー時間と欠陥指摘件数が基準値内

 合格判定が出ている

 適正なプロセスでのプロジェクトオーナー承認

1-3次工程の開始条件

 次工程以降の開発要員が確保されている

 機器・環境が整備されている

2-1工程完了評価の結果
外部設計の全ての成果物のレビュー時間と欠陥指摘件数が基準値内である

 合格判定がでている

 適正なプロセスでのプロジェクトオーナーの承認を得ている

2-2把握した問題

 外部設計全体では基準値内である

 コンポーネント単位で基準値を逸脱している

 顧客の高いUXという要求を確保できない可能性あり

2-3次工程の影響

 品質が確保されていないと判断

 上流工程での手戻りが発生し納期遅延・コストの増大

2-4検討した対応策

 基準を逸脱したコンポートと影響範囲を洗い出し修正し再レビュー実施

 外部設計全体の品質を確保できる

 ファストトラッキングにより当該コンポーネントを除き次工程へ移行

 影響範囲の修正の取り込み漏れのリスクあるがスケジュールの影響小

 検討した結果品質確保を優先し前者の対策をとる

 プロジェクトバッファ内でスケジュール・コスト共に対応できた

3-1問題の原因

 原因の調査を実施

 当該チームは新人が多くスキルレベルが低い

 要件定義と外部設計の整合性があいまい 品質低下

 チーム内のベテランが多忙でフォローできない

 工程完了検査前のチーム内でのレビューも不十分だった

3-2再発防止策と評価

 新人が対応した等の品質が不安な部分については早期に対応する必要あり

 ギリギリのタイミングでは場当たり的な対応となる

 全体品質の向上・確保は望めない

 悪い情報程早く上げる様に周知徹底

 次工程以降で問題は解消され納期に間に合った

3-3残された問題

 工程の全体評価ではコンポーネント単位で品質低でも合格判定となる

 顧客の要望内容によっては上流工程での手戻りのリスクでる

 品質管理の実施の細分化を考慮する必要あり

 PMOに品質管理の細分化基準について検討するよう依頼

想定問題3:リスクコントロール

1-1プロジェクトの特徴

 想定問題と同じ

 プロジェクトオーナからクラウドの標準システム利用によるコスト低減

1-2リスクの兆候

 コンポーネント単位の要件定義で要員の残業時間が右肩上がり

 EVMでCPI・SPIが予定よりも1.0を下回っている

2-1顕在化すると考えたリスクと理由

 要件定義の遅延による全体スケジュールの遅延 納期に影響

 次工程工のスケジュールがタイトになり品質確保困難

 次工程の内容クラウドシステムのパラメタ設定 連携システムの開発

2-2予防策

 トップダウンのクラウド利用によるコスト低減が周知徹底されていない

 プロジェクトオーナーに社長から周知を依頼

 定性的品質については客観的判断基準無し ガイドラインを策定

2-3顕在化した場合の対応策

 PMOに依頼し他のプロジェクトの余剰人員確保 クラッシング

 スキルレベルは自治体システムの開発要員あり

 仕様が固まったコンポーネントから開発先行 ファストトラッキング

3-1予防措置の実施と評価

 プロジェクトオーナからの周知徹底及びガイドラインの策定により

 要件定義での要求肥大が収束

 顕在化した際の対応策は実施する必要なし

 要件定義工程のバッファ内で対応できた コストも問題なし

 納期・品質の面で問題が顕在化しかった 成功と判断

3-2今後の課題点

 要件定義~外部設計の請負での受注はリスクあり

 本来は委任契約で確定責任は発注者にある

 自治体の発注では全行程一括請負契約は多い

 PMOに全工程一括請負契約での対応策を策定する必要ありと提案

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-020-資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

2019情報処理技術者試験【ITサービスマネージャ】!IPA公式解答発表!午後2で不合格!復元論文公開!

2019/12/20にIPAの2019年秋試験の合格者と成績が発表されました。 管理人はITサービスマネージャを受験しましたが、残念ながら午後2(論文)で撃沈しました。 成績照会の結果は次のとおりです …

2021年春・情報処理技術者試験の結果!なんとか目的の午前1免除権は獲得できた!

情報処理技術者試験・プロジェクトマネージャに2連敗中のヘタレな管理人です。 さて、本年秋のプロジェクトマネージャの合格を目指して勉強中でありますが・・・ 少しでも勉強の負担を減らすために、午前1の免除 …

2021年春の情報処理技術者試験!年度末で忙しくて勉強ができない!午前1突破すらかなりヤバイよ!

ヘタレ底辺地方公務員かつへっぽこシステム管理者の管理人です。 さて・・・ お役所は、年度末がとにかく忙しいです・・・ それは何故か? いろいろな工事や委託業務の工期・納期や年度末に集中しているからです …

2021年情報処理技術者試験!午前1!なんとか合格ライン突破!午前1免除権が獲得できたのでヨシとする

毎度の超底辺地方公務員の管理人です。 さて、先日受けてきた・・・ 2021年春の情報処理技術者件ですが・・・ なんとか、目的の午前1免除権は獲得できそうです。 IPAの公式サイトで、午前1の回答が公開 …

2021年情報処理技術者試験!プロジェクトマネージャに申し込む!いつもより申し込み期間が短い気がしたが?しかも受験料が値上がり!これもコロナ禍のせいか?

IPAの情報処理技術者試験・プロジェクトマネージャ区分に2連敗中の管理人です。 今年もめげずに・・・ 受験しようと思い、ネットで申し込みしましたが・・・ ネットでの受付期間が、7月27日から8月6日ま …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク