スポンサーリンク

030-自動車とバイク

三菱自動車・アウトランダーPHEVに試乗!実際のところは?乗った感じは?

嫁の自動車のタイヤを交換をディーラーにお願いしている間に新型アウトランダーPHEV(2019マイナーチェンジモデル後)に試乗させていただきました。

タイヤを交換して貰うにしても、自宅でタイヤを積んだり降ろしたりしなければならないので、結構疲れました。

ちなみに、タイヤ交換は、税込み4,400円・・・

結構お高い・・・

体力があれば、自分したいところです・・・

新型アウトランダーPHEV 乗った感じは?

三菱自動車HPより引用

エンジンは、マイナー前よりも排気量がアップし、2,400CC(128PS)、モーターの馬力も82PSから95PSにアップしている様です。

さて、実際に乗ってみると・・・

とにかく静かです・・・

満充電状態ですので、エンジンはかかりません。

スタートボタンを押した後に、これで動かしてもいいのですか?・・・と思わず聞いてしまいました。

満充電状態で、およそ50キロ前後走れるそうですので、私の日頃の用途であれば、通勤と買い物程度ですから、自宅で充電できれば、ほぼ電気自動車として使えると思います。

車両重量は、2トン弱あるのですが、全くその重さを全く感じさせない加速をします。

それでいて、重厚で、安定感がある走りです。

モーターの加速感は、本当に凄いのか?

ノーマルモードでも、十分速いのですが、電気残量を気にしないスポーツモードがにすると、さらに刺激的かつ強力な加速感を味わえました。

ガソリン車とは、違った加速感でした。

ガソリン車は、エンジンの高鳴りと共に加速していきますが、新型アウトランダーPHEVのEV走行では、静かに加速していきます。

これを、物足りないと感じるか、新しい技術と納得できるかは、人それぞれかなと思いましたが、私は「この感覚は、これでありかな」と感じました。

前車の旧型アウトランダー(CW5W型)は、2,400CCのエンジンで、カタログスペック上は170PSでありましたが、正直なところ速いと思ったことはありません。

単純な数字の比較は意味を成しませんが、新型アウトランダーPHEVは、かなり速いです。

スポンサーリンク

エンジンは、いつ動くの?

基本はモーター駆動のみで走り、エンジンは、駆動用モーターへの電力供給やバッテリーの充電に使われ、高速道路で、時速100キロを超えるようなスピードを出したときのみ、パラレルモードで、エンジンの動力を車輪に伝える仕組みだそうです。

試しに、エンジンも掛けて貰いましたが、市街地走行では、エンジンは、駆動用モーターへの電力供給やバッテリーの充電のみの役割です。

電池残量も多かったので、あまりエンジンの回転数も上がらなかったのかもしれませんが、エンジンが掛かっているのかどうか分からないほど、静かでした。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

充電用スタンドは、家庭でも簡単に設置できるのか?

充電用のスタンドは、屋外設置でもOKとのことで、必ずしも車庫を持っている必要は無いようです。

また雨の降っている中で野ざらしで、コンセントを刺して充電しても問題ないとのことでしたので、導入するとしても、比較的購入障壁は少ないと思いました。

但し、自宅で設置するには、最低限一戸建てを持っていることが条件となります。

また、1500Wまでの、AC電源コンセントも付いてますので、外出先で、家庭用コンセントが使えるのは、便利ですね。

ここ数年は、全国各地で災害が多発しており、長期間の停電も想定されますので、万が一の非常用電源としても使えると思いました。

NISSANのノートe-powerは、エンジンは発電用、駆動はモーターのみと割り切っています。

一度、試乗したいとは思っていましたが、新型アウトランダーPHEVも、市街地走行では、同様の仕組みで走りますので、恐らく同様の感じなのかと想像できます。

実際に乗ってみて、実用的には全く問題ありませんので、こういう選択も十分にあると感じました。

最後に、時代は今後ますます電気自動車にシフトしてき、エンジン自動車は、衰退していくものであろうと感じました。

天下のトヨタ自動車が、GAFAに対して、危機感を持っていることも納得です。

まとめ

PHEVは、実用に全く問題ない

近距離なら電気のみで走行可能

長距離は、ガソリンを併用して航続距離も問題なし

価格はまだまだ高いよ・・・

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-030-自動車とバイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3-drive AC・車速パルスアダプターを無理やり自作する方法?買うより高つくよ!

みんカラのアカウントが原因不明で、ログイン不可となり、記事の加除、訂正、削除ができなくなりましたので、こちらに転載します。 Googleアドセンスの審査落ちの原因となったと思われるであろう記事となりま …

KAWASAKI・ZX-10Rで適当に峠道を走り回ったらかなり疲れた!高性能バイクでもヘタレが乗れば宝の持ち腐れ!

前回、スズキ・GSX-S1000で峠道を走り回った記事を投稿しましたが・・・ GSX-S1000で峠道を走り回った ほぼ同じ道を今度は、カワサキ・ZX-10Rで走り回ってみました・・・ GSX-S10 …

1290sdr

KTMの大型2輪1290SuperDukeRレビュー・インプレッション!これは凄いバイクだ!

さて、「KTM 200DUKE」を気に入って乗っておりましたが、「このまま大型バイク」になったらどうなんだろう・・・? 純粋な疑問・・・です? 等と考えているうちに、なんと2013年「KTM 1290 …

スイフトスポーツ「ZC33S型」でヒールアンドトゥを簡単にできるようにする方法!

ヒール・アンド・トウとは ヒール・アンド・トウはマニュアルミッション(MT)車においてシフトダウンする際に、右足でブレーキペダルを踏んで減速しながら、左足でクラッチペダルを踏んでクラッチを切り、それぞ …

tire-koukan1

スイフトスポーツ「ZC33S型」タイヤ交換・自分で丁寧にする方法!ついでに目視点検も!

少し早いですが、本日スタッドレスタイヤに交換しました。 以前は、ただ交換するだけでしたが、スイフトスポーツ(ZC33S型)は、出来るだけ長く乗りたいと思っていますので、普段よりも丁寧に交換したので、そ …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク