スポンサーリンク

037-PCスマホ等

Microsoft-Office2019!インストール方法が従来から変更された!結構ややこしい!展開方法!

底辺地方公務員の情報システム管理者です・・・

今年は、数年ぶりにMS-Officeが更新となったのですが・・・

昔のように、ボリュームライセンスセンターから、ISOイメージをダウンロードして、インストールするというわけにはいかない様です・・・

ちょっと調べてみたらかなり面倒そうだったので、念のため記事にしておきます。

インストール順序としては、おおまかに次のとおりとなります。

  • 展開ツールをダウンロード
  • 設定ファイル(config.xml)を作成
  • 展開ツールを使ってダウンロード
  • 展開ツールを使ってインストール

という具合です。

詳細については、次のURLを参照してください。

Office 2019 の展開 (IT 担当者向け)

展開ツールのダウンロード

まず展開ツールをダウンロードします。

展開ツールのダウンロードはこちらから

展開ツールをダウンロードしたら(拡張子は、exe)適当なフォルダに解凍します。

設定ファイル(config.xml)を作成

次に設定ファイルを作成します。

設定ファイルは、次のサイトから作成します。

設定ファイルの作成はこちらから

新しい構成を作成を選択します。

各項目を選択して必要事項を入力します。

エクスポートを選択します。

既定ファイルの形式を選択します。

現在の設定を保持するでOKです。

ファイル名を【configuration】に設定して、エクスポートします。

【configuration.xml】が出力されますので、展開ツールを解凍したフォルダに投入します。

スポンサーリンク

アプリケーションのダウンロード

展開ツールを解凍したフォルダのアドレスバーに【cmd】と入力してコマンドプンプトを立ち上げます。

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力します。

ダウンロードには、時間が掛かりますので気長に待ちます。

カーソルにフォルダ位置が表示されれば終了です。

setup /download configuration.xml

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

インストール

ダウンロードと同様に、展開ツールを解凍したフォルダのアドレスバーに【cmd】と入力してコマンドプンプトを立ち上げます。

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力します。

Officeのインストール画面が表示され、インストールが開始されます。

インストールが完了するまで待ちます。

setup /configure configuration.xml

設定ファイル【xml】の内容

設定ファイル【configuration.xml】の内容(例)は次のとおりです。

<Configuration>
  <Add SourcePath="\\Server\Share" OfficeClientEdition="64" Channel="PerpetualVL2019">
      <Product ID="ProPlus2019Volume"  PIDKEY="#####-#####-#####-#####-#####" >
         <Language ID="en-us" />
      </Product>
      <Product ID="ProofingTools">
        <Language ID="de-de" />
        <Language ID="ja-jp" />
      </Product>
  </Add>
  <RemoveMSI />
  <Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" />  
</Configuration>

以上で終了です。

何故、このような手法になったのかは不明ですが・・・

結構面倒くさいというのが正直な感想です。

また、旧製品(Office2013やOffice2016)とも共存が難しい様です。

管理人の職場では、【Access2013】を現役で使っているのですが、【Office2019】をインストールすると【Access2013】が使えなくて現在困っています。

インストールはできるのですが、【Access2013】を立ち上げると強制終了されます。

お手上げ状態で困っているのですが、インストールの順序等を変更してどうにか共存できないか検証しています。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-037-PCスマホ等

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

閉域ネットワークでのWEB会議システム構築!【Ubuntu18.04 Server】で【ApacheOpenMeetings5.0】を立てて動かしてみる方法!

さて、コロ助(新型コロナウイルス)の影響のせいで、地方の田舎の役所でも・・・ テレワーク・・・やら・・・ WEB会議・・・やら・・・・ 感染経路となりうるお金のやり取りを無くすために、電子決済(Pay …

Microsoft-Office2019!Access2013との共存方法!ちょっとややこしいが何とかできた!

底辺地方公務員の情報システム管理者です・・・ さて、苦慮していた【Office2019】と【Access2013】の共存ですが・・・ なんとか解決することができました。 しかし、結構面倒くさい手順が必 …

homeoffice1-eyecatch

mouseコンピュータ!X4シリーズ!実機レビュー!キーボードが使いにくい

スーパー底辺地方公務員の管理人です。 たまたまですが・・・ テレワークで流行っている??? らしいとう噂の【mousコンピュータ X4シリーズ】を触る機会があったので、感想をレビューします。 大きさと …

Windows SandboxとVmware-Playerは同居できない!Device/Credential Guard が有効な状態のエラーが出てVMが起動できない場合の対処方法!

管理人は、【Vmware-Player】を使って、WindowsPC内に、仮想でゲストOSを使う場合があります。 フリーOSを立ち上げて、サーバー環境を構築したりする場合に重宝します。 Vmware- …

気が付いたらコンパクトデジタルカメラが殆ど売っていない!市場がかなり衰退していた件!安価で高性能なデジカメが無くなり結構ショック!

管理人が現在使っているデジカメは、カシオのエクシリムの「EX-H30」という機種です。 CASIO EXILIM EX-H30 メーカーサイト この機種は、なんといっても電池の超寿命です・・・ メーカ …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク