スポンサーリンク

999_その他

NHKのネット同時配信を総務省が認可!ネットでの視聴4月から可能となる!

ヤフーニュースに、NHKのネット同時配信を総務省が認可し、ネットでの視聴4月から可能となるとの記事がありました。

総務省は14日、NHKがテレビ番組を放送と同時にインターネットに流す「常時同時配信」の計画を認可した。同時配信は今春始まる見通しで、視聴者は追加の受信料なしにスマートフォンなどで番組を見ることができるようになる。業務肥大化を懸念する高市早苗総務相が規模縮小を求めたのに沿ってNHKが提出した申請の修正案を受け入れた。
ただ、認可条件として、ネット活用業務の費用を抑制する管理の仕組みの早期導入や、民放との連携を具体化する場の設置などを挙げた。経営改革の進展も引き続き注視する。
高市氏は14日の閣議後記者会見で「実施基準案」を「おおむね妥当」と評価した。

ヤフーニュース

サービスの名称は「NHKプラス」!

サービスの名称は「NHKプラス」となり、サービスの内容は

  • 常時同時配信
  • 見逃し番組の配信

との事です。

サービスを受けるには・・・?

NHKと受信契約を結んでる方は、利用申し込みと認証の手続きを行えば、追加の負担なく利用できると「NHK NEWS WEB」で記載されておりました。

NHK NEW WEB

この記載から、テレビの様にネット端末を持っているだけで、契約義務が生じるという訳では無さそうですので、とりあえずは安心できました。

スポンサーリンク

地上波もスクランブル化はして欲しい

地上波のスクランブル化という点では管理人は「N国党」を応援していますが、そのあたりの公約はどうなったのでしょう・・・?

改めてNHKの受信料金を確認しましたが、年払いの場合では、

地上放送:13,990円
衛星放送:25,320円

とかなりの高額です。

衛星放送は、選択の自由がありますが、地上放送は受信設備を設置したら強制です。

地上放送を月額に換算したら月当たり1,165円(小数点未満切り捨て)となります。

改めて考えてみても月額1,165円は高いと思いますし、どうしても必要と言うのであれば、税金化するか、必要最低限の放送にしてスマホのオプションサービス程度の料金(月額300円)あたりにすべきでしょう。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

NHKの平均年収が高過ぎる・・・

NHKの平均年収をネットで調べたところ「1,150万円程度」だそうです。

管理人の年収が500万円台ですので、倍以上です・・・

正直なところ羨ましいですね・・・

単純計算で受信料を半額にして、平均年収が半額になったとしても、まだ管理人の年収よりも多いです。

受信料を大幅に値下げしても問題ないと思うのですが、政府はこの辺りには食い込んで行く気はないのでしょう。

まとめ

NHKのネット常時同時配信は地上放送契約を締結している方向けのサービス

ネット端末を持っていても契約を義務付けられるものではない


ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-999_その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京都が就職氷河期世代の支援に7億円!決定打となるか?遅すぎるという意見も!

ヤフーニュースに「東京都が就職氷河期世代の支援に7億円」という記事が掲載されていました。 東京都内で約11万~12万人と推計される「就職氷河期世代」の非正規雇用や無職の人々に対する支援策として、都が2 …

総務省が地方に氷河期世代採用を要請!男性職員に育休の取得も!

ヤフーニュースに「総務省が地方に氷河期世代採用を要請。男性職員に育休の取得も」という記事が掲載されていました。 高市早苗総務相は24日の閣議後記者会見で、都道府県知事や市区町村長に対し、男性地方公務員 …

hatena1

マイナンバーは税金の無駄遣い!真実は・弱者からより搾取する為のシステムの構築?

あくまで個人的な推測に基づく見解でありますので、これを読んでご気分を害される方がおられましたら、あらかじめお詫びしておきます。 目次 マイナンバー制度って必要?失われた年金問題について 住民基本台帳ネ …

girl1-eyecatch

役所へのクレーム!勝手な持論を展開する奴ら!

本日は、いやいや押し付けられたプロジェクトの住民説明会で丸1日、説明会場にで缶詰状態となっています。 1日に同じ事を、何回も説明しなければなりません・・・ 目次 クレーマーはTPOを考えないクレームの …

氷河期世代の公務員採用試験!厚生労働省は140倍の狭き門!一方で人手不足の業界は敬遠されている!

2月2日厚生労働省の就職氷河期世代を対象とした試験が実施されたとの記事が掲載されていました。 定員10名に対して、1,436人が受験したとのことです。 また、12月25日から2週間程度の短い申込期間に …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク