猫の病気・肥大性心筋症・逝く時の看取り方!優しく見守って上げよう

cat-icatch2 090-猫

引き続き、週1~2回の通院と投薬を継続していましたが、日増しに元気が無くなっていくのが見て分かりました。

食事も取らなってしまったので、そろそろかなと思いつつも、液体ミルクをスポイドで与えていました。

猫が逝くときの前兆

最後の夜は、なんとなくですが、「今夜かな」という感じがありました。

まだまだ元気な時よ

トイレにも行けなくなり、部屋の中で粗相をしてしまったのですが、それでも、トイレに向かう努力はしていました。

なんとか朝を迎え、出勤時間が近づいてきた時ですが、もしかしたら、帰ってくる頃には、「逝ってしまっているかな」とか考えていたときですが、急に咳込みだし最後は、こちらを見るようにして息を引き取りました。

思わず、心臓マッサージをしてしまいまたが、戻ってくることはありませんでした。

スポンサーリンク

人目の付かない所に行こうとはしなかった

しかし、なんとか看取ることが出来たのは、幸いだったと思います。

身体を綺麗にしてあげ、お別れすることができました。

スポンサーリンク

完全室内飼でしたので、15年前後生きて、逝くときは老衰だろうと勝手に思っていましたので、9年は早すぎる命だったと思います。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

たらればですが、やんちゃな猫ちゃんで、よく噛まれたり、引っかかれたりして、一緒なレベルで「フーフー言い合い」喧嘩をして遊んでいたのですが、こんなことなら、もっと可愛がってやればよかったと思ってしまいます。

猫ちゃん(愛猫)の健康管理 食事 サプリメント 遺伝子検査等は、こちらのサイトから!

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました