猫の病気・肥大性心筋症・症状が見た目に分かる様なら病気がかなり進行している!

cat-icatch2 090-猫

今年、虹の橋を渡ってしまいましたが、それまで猫を飼っていました。

雌のメインクーンです。

2010年(平成22年)生まれで、9歳ちょっとの命でした。

家に来たときは、こんなに小さかったのよ!

15歳前後まで生きると思っていたので、病気が判明したときは、かなりショックでした。

肥大性心筋症の症状


長毛種ですので、毛玉を飲み込み、よく吐くことはあったのですが、今年のゴールデンウイークの後半に、これまで、見たことの無い様な吐き方をしていました。

今にして思えば、あれは咳だったのではと思います・・・

いつもは、吐いてもその後は、ケロっとしているのですが、その時は、それから暫く具合が悪そうにしていました。

何か、誤飲でもしたのかと考えて、ゴールデンウイーク明けに直ぐに病院に連れて行き、半日預けて診察していただいたのですが、診察の結果、肥大型心筋症との診断。

聞いたことの無い病気だったのですが、実はメインクーンの遺伝的疾患の代表的なものとのことでした。

スポンサーリンク

症状が出る頃には、手遅れの場合が多い

先生のお話では、心電図がすでに「めちゃくちゃ」な状態で、いつ亡くなってもおかしくなく、この病気は、予見も予防も困難であり、有効な治療法も無く、点滴と薬で様子を見ていくしかないとので、多くの場合、分かった時には、かなり病状が進行してしまっているとのことでした。

スポンサーリンク

私の猫も、その様な状態だった様です。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

毎年、予防接種は必ず受け、診察もしてもらっていたのですが、1年前の診察ではまだ分からなかった様です。

それから、少しでも楽に長生きして欲しいと思い、通院して様子を見ることとしました。

猫ちゃん(愛猫)の健康管理 食事 サプリメント 遺伝子検査等は、こちらのサイトから!

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました