マイナンバーカード交付率!国の圧が異常すぎる!やりすぎじゃないのと思う件!

080-お仕事

連日底辺を彷徨う田舎の地方公務員の管理人です。

さて、最近は管理人が勤務する自治体のマイナンバーカードの交付率に悩んでおります・・・

国の圧が酷すぎる

重点フォローアップ団体に指定されたことから・・・

国から直々に首長に連絡があったらしく・・・

上司が首長に怒られたそうです・・・

休日窓口もやっておりますし、出張申請を受け付けています。

決して、職員の怠慢ではないのですが・・・

目に見えた数字に表れないので、これも仕方がありません。

結局、何をやっても結果(交付率が上がらなければ)が出なければ意味がないわけですし。

さて、国はフォーローアップ団体に指定された自治体向けに・・・

先進事例を毎月照会しています。

7月分の先進事例が公開されましたのでリンクを貼っておきます。

資料のどれを見ても当たり前ですが、自治体の負担増なものばかりなんですよね。

休日窓口や夜間窓口は比較的簡単にできるかと思いますが・・・

交付率が伸びている自治体は結局金で釣っている

申請者に対して・・・

図書券を贈呈したり・・

金融機関を巻き込んで利息をアップしたり・・・

独自ポイントを付与したり・・・

結局、金で釣る作戦なんですよね。

全ての原資が税金だと思うと、呆れてモノが言えません。

まともな事例なんて殆ど無い

唯一、マネしたいと思ったのは、長崎県の県内統一スキームですね。

しかし、これは都道府県の協力が不可欠ですが、管理人が勤務する自治体の都道府県は・・・

文句しか言わず、支援のシの字やらないようなところなので・・・

ムリですね。

スポンサーリンク

結局は自治体に丸投げ

また、北海道では、道が主体となって企業と自治体を結びつける活動(出張窓口の相談)を行っている様です。

管理人が勤務する自治体でも広報等で、各種団体(企業者や町内会等)に対して、出張申請の実施の案内もやっていますが・・・

申し込みは殆どありませんでした。

いったい、こんなもんどうやって普及させろって言うのでしょうか?

まだ、申請と受取が簡単にできるなら方法もあるかもしれませんが・・・

とにかく申請・取得がメンドウクサイ

申請時若しくは交付時のどちらかは、本人が直接、役所(出張窓口を含む)に来なくてはなりません。

さらに、本人確認書類も厳格で・・・

最低2点(免許証+保険証 等)が必要です。

スポンサーリンク

申請時来庁方式という申請方法があるのですが・・・

これは、マイナンバーカードの申請時にパスワードを含めて申請すれば、マイナンバーカードが自宅に送られてくる(本人限定受取郵便若しくは簡易書留)という方法ですが・・・

それでも申請時に、本人確認書類を最低2点用意できない場合は・・・

交付時に本人が直接、来庁する必要があります。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

いずれにしても、申請、交付のハードルが高すぎで・・・

申請する住民にとっても、事務処理する自治体にとっても業務負荷が高いわけです。

国のやっていることは自治体への恫喝

ただ、悲しいかな・・・

国は、自治体とっては恫喝まがいの事をやっていますが・・・

国民にとっては、たいして影響もない訳なんですよね。

つまり、国民の反発を買わないように国民には強制せずして・・・

一方で、自治体を恫喝して交付率を上げようとしているわけです。

自治体の職員にとっては、卑怯なやり方極まりないですが・・・

国民の反発を買わないように巧みにやっているわけですので・・・

上手いやり方???

とも言えるかもしれません。

ホントこの国は搾取と欺瞞に満ちていると思います。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました