スポンサーリンク

030-自動車とバイク

スズキの大型2輪!GSX-S1000レビュー・インプレッション!正にストリートファイター!

KTM 1290 Super Duke R も大変良いバイクでしたが・・・

エンジン交換して貰ったとはいえ、新車にも拘わらずエンジンに穴が空いておりました。

どうにも、その時のメーカーの対応等により受けた「悪い気分」を払拭することができず、このまま乗っていても、「素直に楽しめない」という気分が増してしまい、悩んだ挙句に最終的には売却してしまいました。

念のため記載しておきますが、たまたま私が「ハズレ」を引いてしまっただけであり、「KTM 1290 Super Duke R」は、非常に良いバイクであったことは、間違いありません。

SUZUKI GSX-S1000 が発売!

攻撃的なフォルム!

「KTM 1290 Super Duke R」の売却を決めたのは、このバイクの発売が決まったからと言っても過言ではありません。

旧型とはいえ、スーパースポーツバイクの「GSX-R1000」のエンジンを積んだ、ストリートファイター!

デザインもこれまでの、国産モデルとは一線を画す攻めたフォルム!

久々に、国産モデルで恰好バイクが出たと思わず喜びました。

お求め易い価格 総支払額は?

ABS・トラコン・ブレンボキャリパーが付いても、総額120万円程度でした。

「KTM 1290 Super Duke R」を売却した金額で、そのまま購入(ほぼ等価交換)することができました。

デザイン・外観は・・・?

個人的な好みの問題もあるかと思いますが、カウル付きの「GSX-S1000F」よりも格好良いと思います。

やはり、攻撃的なフォルムが、正にストリートファターという感じです。

正にストリートファイター!

充実の安全装備!

やはり、ABSとトラクションコントロールの装備は、安心感が違います!

通勤にも使っておりましたので、どうしても雨の日に乗る事もありましたが、トラクションコントロールの介入度を最大にしておけば、道路が濡れていもリアタイヤが空転することは、まずありませんでした。

ABSも自然な感じで作動しますので、違和感はありません。

やはり、安全の為には、バイクにもABS・トラクションコントールは、もはや必須装備ではないかと思います。

実際に乗った感じは・・・?

まずシート高が810ミリと、このクラスのバイクとしては、低めですので足つきは非常に良好でした。

エンジン特性は、スーパースポーツバイクの「GSX-R1000」よりもかなり中低速に振ってあります。

ですので、アクセルのオンオフにかなり敏感に反応します・・・

慣れない内は、アクセルのオンオフで、前後のピッチングがかなり出ますので、ギクシャクするかもしれません・・・

この辺りの味付けは、初期型の特性だったのかもしれません。

最新の年式では、改善されている様です。

私は、どうにもこの特性が慣れなかったので、ECUの書き換えを信頼できるショップに依頼し、スピードリミッターの解除と、この特性を変更していただきした。

ECUの書き換え後は、マイルドなエンジン特性となり、非常にに乗りやすくなりました。

ちなみにですが、 ECU書き換え後に レッドバロンのアシダムで一度測定していただきましたが、最高速度は、260キロまで出たそうです。

レッドバロンのメカニックもびっくりしていました

あと特に、車検上も問題ないのですが、排気バルブを常時開放に設定すると、さらにエンジン特性がスムーズ且つマイルドとなります。

但し、これは逆に中低速が若干弱くなることを意味しますので、実践される場合は、注意が必要です。

スポンサーリンク

ブレーキは、やはり「brembo」!

スズキのバイクのブレンボは、OEM製品ですが、やはりブレンボキャリパーは、違います。

「KTM 1290 Super Duke R」のブレーキタッチと同様に、「真綿の様」なブレーキタッチであり、ブレーキの効き始めが非常にソフトで、ブレーキレバーを握った分だけ、制動が増して来るます。

スズキのブレンボは、「スズンボ」・ヤマハのブレンボは、「ヤマンボ」とよく揶揄されている様です・・・が・・・

「KTM 1290 Super Duke R」についていた「本家品」と比べても、「 OEM製品 」という事での性能の差は感じませんでした。

フロントのブレーキマスターシリンダーを「ゲイルスピード」のものに交換したら、さらにブレーキタッチが良くなりました。

ノーマルタイヤは、ダンロップ ロードスポーツ!

タイヤは、ダンロップのロードスポーツが付いていました。

始めて履くタイヤでしたが、結構なハイスピードでもしっかりグリップしてくれる良いタイヤでした。

ウエットグリップもそこそこでしたので、スポーツツーリングタイヤと言ったところです。

但し、ハイグリップタイヤではありませんので、あくまで無理は禁物です。

サスペンションは、リアがショボイ・・・?

フロントサスペンションは、倒立でフルアジャスタブルの43パイのものが付いています。

Ninja1000も、倒立でしたが、41パイでしたので、GSX-S1000の方が剛性が高いと言えます。

リアショックは、圧側調整のみで、プリロード調整もノッチ式でしたので、もう少しここは、良いものを付けて欲しかったと思います。

実際に乗ってみると、ノーマル設定では、やや路面追従性が悪く、若干跳ね気味だったのですが、プリロードや減衰力を弱めに設定することで、かなり改善されました。

サスペンションの設定は、初期設定状態で乗っておられる方が多いと思いますが、乗り手の体重や技量(コーナーでしっかり荷重を掛けられるか)に合わせて、調整した方が間違いなく良いです。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

高速走行は・・・?

大型2輪ですので、動力性能的には全く問題はございません。

しかし今回は、フォルムを重視し、「KTM 1290 Super Duke R」の場合とは異なり、スクリーンを付けませんでしたので、やはり風圧は相当なものとなります。

高速道路を、長時間ハイペースで走行することには、正直に言うとあまり向きません。

高速道路を多用するのであれば、フルカウルモデルの GSX-S1000F を素直にオススメします。

細かく見ていくとチープな部分も気になる・・・?

大型2輪といっても、昨今の他メーカーのものと比べると、価格は比較的に安価です。

ですので、細かく見ていくとやはり気になる部分があります。

まず、ウインカーのデザインがイマイチで、大き過ぎる存在感です。

もちろん、ライトを含めてですが、LEDではありません・・・

次に、メインフレームはアルミ製なのですが、シートフレームは鉄パイプです・・・

シートフレームは鉄パイプ・・・

通常はカウルに隠れて見えませんので、シートを外した時くらいしか目に入らないのですが、目に入ったシートフレームが鉄パイプですと、ちょっと残念な気持ちになります。(鉄パイプが案外太くて、目立ちます)

至る所に、この様に「コストを抑えている感が見え隠れする部分」がありますので、かならずしも大型2輪を持っているという所有感を満たせるか・・・

と言うと、そうではない部分もありますので、その様に感じるオーナーさんもおられると思います。

まとめ

価格は、比較的安価だが、充実の安全装備

全体的な フォルム は、攻撃的なストリートファイター

初期型は、アクセルがかなり敏感で、繊細なスロットルワークが必要だった

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-030-自動車とバイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最も買って良かったバイクグッズは?一つだけ選ぶとしたら何?それはヘルメットリムーバー!

管理人のバイク歴の中でも、いろいろバイクグッズを買いましたが・・・ その中で、どれがイチバンオススメかと言われれば・・・ 間違いなくヘルメットリムーバーをオススメします。 ハッキリ言って、ライダーの必 …

Kawasaki Ninja ZX-10Rの気になる錆にようやく錆転換材を塗れた!効果はどうなるか?

バイクは面倒な乗り物で、定期的なメンテナンスがクルマ以上に必要です。 とくに動力の伝達が、むき出しのチェーンとなりますので、チェーン清掃はチェーンを長持ちさせる為にも、動力伝達のロスを少なくするために …

bike1-eyecatch

カワサキ大型2輪!ZX-10R!排気デバイスキャンセラー取り付け!素晴らしい吹け上がりになる!

管理人が所有している「ZX-10R」は「2011年式」のEUR(フルパワー)仕様です。 排ガス規制(ユーロ4)の関係かと思いますが、このバイクにも排気デバイスが付いております。 特に、排気デバイスが付 …

純正ハンドルスイッチで社外品オートクルーズを操作する方法!これで目線が移動せず安心!

みんカラのアカウントが原因不明で、ログイン不可となり、記事の加除、訂正、削除ができなくなりましたので、こちらに転載します。 Googleアドセンスの審査落ちの原因となったと思われるであろう記事となりま …

久々にZX-10Rを駆りツーリング!道中の峠道は怖かった!コケそうになってちびった件!

今年初のツーリングです。 日帰りでしたが、久々にZX-10Rで遠出しました。 殆どの道は、国道等の幹線道路でしたが・・・ 一部お山の峠道もとおりましたが・・・ かなり久々の峠道でしたので、怖かった・・ …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク