スポンサーリンク

030-自動車とバイク

Ninja1000 大型2輪 レビュー インプレッション これがツアラー!

投稿日:2019-10-23 更新日:

Ninja1000は、最初の大型バイクとのこともありチョロチョロとよく乗りました。

あまりカスタムせずに、ほぼノーマル状態でした。

Ninja1000は、格好良い!

ノーマルのマフラーは、両側に付いていたのですが、その形状がこれまた、「ダンダム」世代には、溜まらなく、「モビルスーツ」の「スラスター」の様な形状をしており、結構気に入っていました。

後ろ姿も格好いい・・・

ノーマルマフラーの重量が結構あり、、それを社外品に交換すると、かなり軽量化できるとのことでしたが、上記のとおり、「気に入っておりました」ので、交換はしませんでした。

朝日に輝くNinja1000

最近のバイクは、メーターに表示されるものが多い様ですが、唯一難点だったのが、ギアポジションの表示がメーターに付いていなかった事です。

バイク自体がまだまだ初心者ですので、「ギアが何足に入っているのか」をすぐに忘れてしますのです・・・

其の為、「ギアポジションインジゲーター」だけは、後付けしました。

車種の適合や年式には十分に注意してください。

ギアポジションインジゲーターならこちらのサイトから!

これが、やはり結構便利で、かなり重宝しました。

このバイクに乗っている間は、なんと「立ちゴケ」は、しませんでした。
前車のGSR400での経験が、活かされたようです。

大型2輪は、あっという間に凄いスピードが出てます!

しかし、流石「大型バイク!」ついつい、スピードが出過ぎてしまいます・・・

それも気づかないうちにです・・・

気付いたら、「びっくりするようなスピード」が出ています。

スポンサーリンク

高速は、何故か自動車よりも怖くない

自動車と比べても、例えば、同じ100キロで走っていても、大型バイクの方が、自動車よりもスピード感も低く感じるし、恐怖感も少ないのです。

ですので、スピード違反で、何回か捕まってしまいました・・・

お約束の捕まってから「そんなにスピード出てましたか???」です。

白バイは、気付かない内に、後ろに付いていて、「ロックオン」してきます。

それから、急にサイレンを鳴らされて、「ビックリ」する訳ですが、最初は「自分の事かどうか」気付かない事もありました。

さて、このバイクでは、一度だけ危ない目に合いました。

当然バイクのせいではありません。

転倒しなかったのは、運が良かっただけ

自分の不注意なのですが、お山を走っているときに、ブラインドコーナーの立ち上がりで、落石があり、それに「フロントタイヤ」をヒットさせてしまいました。

転倒しなかったのが幸いでしたが、後からよく見てみると、フロンドホイールが「ぐにゃり」と凹んでおり、私の心も大変凹んだのを今でも覚えています。

空気漏れはありませんでしたが、ホイール修正は、不可とのことで、私の財布の中もかなり凹みました。

心の凹みの方が大きい・・・

純正でもホイールは、高い

その際に、「どうせなら前後社外ホイールに交換しよう・・・」

かとも思ったのですが・・・

社外のホイール前後で、18万オーバー+工賃です。

物にもよりますが、自動車のホイールよりも高価です・・・

止むを得ず、純正ホイールにしたのですが、それでも前ホイールだけで、8万円くらいしました。

こういう出費は、以外に精神的ダメージが大きいです。

注意していれば、避けられた出費ですので、「8万円もあれば、あれも買えたのに、これも買えたのに・・・」と悔しいをした事を覚えています。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-030-自動車とバイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

bike1-eyecatch

大型2輪 教習 40代からの大型バイク

さて、大型バイクの教習も本格化してきました。 GSR400でチマチマ走り、練習した効果もあったのか比較的スムーズに教習は受けられたのではないかと思っております。 何故にビッグスクーターの教習があるの? …

car2-eyecatch

ハブリング ホイールを社外品に変えるなら必要?

これまで、自動車のホイールを社外品に換えることは多々ありましたが、ハブリングを入れたことはありませんでした。 ハブリングとは? 社外品のホイールを入れた場合、車輛側のハブ径とホイール側のハブ径が、合わ …

car2-eyecatch

30年前の自動車のカスタム タイヤ ホイール ブレーキ等

私が学生の頃は、周りに自動車好きが多く、みんなバイトを頑張って、そのお金を自動車のカスタムにつぎ込んでいました。 昔の学生は、車に夢中でした もう30年近く前のことです。 5代目のEG型シビックや、同 …

car2-eyecatch

マニュアル車(MT車)に乗ろう

私が、自動車の免許を取得したのは、約30年前ですが、当時は今と異なり、AT限定免許を取得する方は、非常に少数で、女性の方でも、マニュアル車が当たり前の時代でした。 30年前と言えば、エアバックやABS …

girl5-eyecatch

PICKIT プログラム クルーズコントロール 変換ユニット

さて、需要はあまりないかと思いますが、「純正ハンドルスイッチ」と、「3-drive AC」を接続する為の、「自作変換ユニット」のプログラムを紹介します アウトランダー(CW5W)で使っていた、3-dr …