MG ZGMF-1000 ザクウオーリア!ガンプラレビュー!ルナマリア機!ガナーウィザードがデカくて迫力満点!

036-ホビー

前から気になっていた【SEED・DESTINY】あらザクウオーリアのMGが発売されたので購入しました。

MGでは、女性パイロットの【ルナマリアホーク】が駆る赤いMSとなります。

またガナーウィザードを装備しいてるキットとなります。

ガナーウィザードとは・・・

【M1500オルトロス 高エネルギー長射程ビーム砲】をさし、大型ビーム砲と専用エネルギータンクで構成される砲戦型ウィザードのことです。

この装備は、主にルナマリア、ディアッカ機の他、エターナルを追撃したグラスゴー隊所属機や、レクイエムの中継点を攻撃したジュール隊所属のオレンジショルダー機などが使用していました。

パッケージは何故か薄い・・・

パッケージは大きいのですが、かなり薄いです。

箱の体積的には、ザク2・ジムスナイパー2・ガンダムVer.2.0と同じくらいのボリュームだと思います。

箱は割とスカスカに感じました。

ランナー数も標準的なMGといった感じです。

パッケージデザインは、かなりカッコいいですね。

ガナーウィザードが結構大きいので、パッケージ画に収める為に、箱が大きくなったのかもしれません・・・

であれば、パーツ数から考えても、箱の薄さが納得できます。

パーツ数はおもったよりも多かった

今回は、前回の【ガンダムNT-1アレックス】とは異なり、それほどパーツ数も多くは感じませんでしたので・・・

すべてパーツを切り出してから組み立てる方法を取りました。

ガナーウォーリアのパーツが結構大きく、案外パーツは多かったですね。

100円均一ケースが約2個分弱でした。

さっそく内部フレームを組み立てます。

関節は膝関節を除けばかなり動きます。

肩は真上まで

肘は180度

肩のスイング機構あり

開脚は写真のとおり180度近く

足の前後スイングは干渉するまで

膝は180度に若干とどかず・・・

といった感じです。

立膝はバッチリきます・・・

あぐらもOK

スポンサーリンク

しかし、膝の曲がりが若干たりませんので、正座は少し微妙です。

V字バランスもOK!

さて、年度末・年始は人事異動もあり時間がありませんので、今回はここまでです。

次は、いつ作れるかわかりませんが、外装を付けたらどうなるかを掲載したいと思います。

スポンサーリンク

今日のまとめ

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

パッケージがデカくて薄いのは、パッケージ画のせい?

パーツは少なく見えたが切り出すと案外多い

関節は膝関節を除けばかなり動く

機体紹介

ザフト軍が開発した「ニューミレニアムシリーズ」の量産型モビルスーツである。

一般兵用の標準機で、単に「ザク」と呼ばれる機体は本機を指すことが多い。

ジンシリーズとは異なり、新設計で開発された機体で、右肩には1基のスパイクを持つ曲面アーマー、左肩にはスパイクシールドを装備した、左右非対称の形状が特徴である。

なお、名称は「Zaft Armored Keeper of Unity(鎧に身を固めたZAFTの統一の保護者)」の略である。

元々は量産型としては初の核動力MSとして設計されていたが、ユニウス条約の「ニュートロンジャマーキャンセラーの軍事利用の禁止」を受け、従来のバッテリー駆動方式に変更された。

最大の特徴はバックパック換装機構「ウィザードシステム」を搭載している事で、数種類のオプションユニットを用途に応じて換装する事で、様々な局面に対応可能となっている。

本機のスペックは、ウィザードがない状態でも先代機のゲイツ、地球連合軍のストライクガンダムを初めとする初期型GAT-Xシリーズを上回るものである。

なお、左肩のシールドを使って大気圏に突入する事も可能だが、可動に支障をきたすほどの損傷を負う可能性が高いため、イレギュラーな状況以外では推奨されていない。

スペック

ザクウォーリア
Zaku Warrior
型式番号 ZGMF-1000
全高 17.19m
20.4m(ブレイズ時)
20.5m(ガナー時)
19.1m(スラッシュ時)
重量 73.09t
89.59t(ブレイズ時)
91.11t(ガナー時)
86.49t(スラッシュ時)
動力源 バッテリー
武装 MMI-M633 ビーム突撃銃
対ビームシールド
MA-M8 ビームトマホーク
ハンドグレネード×4
(M68キャットゥス 500mm無反動砲)
(MMI-M8A3 76mm重突撃機銃[注 2])
鉄骨)
特殊装備 ウィザードシステム
MS支援空中機動飛翔体「グゥル」
頭部ブレードアンテナ

管理人オススメのガンプラは、こちらのサイトから!

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました