スポンサーリンク

036-ホビー

MG RX-178 ガンダムMK-2 !ガンプラレビュー!遊びやすい良いキット!

このキットもずっと気になっていましたが、年末年始の休みを利用して組み立てました。

Ver.Kaと違い躍動感あるパッケージデザインです
パーツはそれほど多くない

40代後半にもなって、年末年始にガンプラばかり組み立てているのは、正直どうかと思いますが「できる限り人と関わり合いになりたく無い病」になっておりますので、仕方がないです・・・

仕事のストレスが相当溜まっていますが、休み期間中にリセットできませんでした。

MGでもパーツは少ない方

100円均一ケースほぼ1個

今回も最近恒例のパーツを先に切り出してから組み立てました。

パーツ数は、100円均一ケースほぼ1個分です。

今回もポリキャップだけは、切り出ししませんでした。

ポリキャップだけは、説明書では大きさの区別が分からないので危険です。

エウーゴカラーとティターンズカラーで値段が違う

お馴染みのエウーゴカラーとティターンズカラーでは値段が違います。

箱の大きさも違います。

エウーゴカラーの方は、カタパルトデッキが付属で付いてくるので800円程度高いのですが、管理人的にはカタパルトデッキは特に必要が無かったので、どちらにしようかかなり悩みました・・・・が、

結局ガンダムカラーのエウーゴバージョンにしました。

内部フレームで遊べる

変形機構が無いので、しっかりとMGらしく内部フレームが再現されています。

やはりMGはこれが出来ないと面白くありません。

可動範囲は十分に確保されております。

肘180度

膝180度

脚部の前後スイング90度以上

足の付け根がボールジョイントですので、開脚だけが少し狭いです。

しかし、この程度可動範囲が確保されていれば、十分にポージングが決まります。

2005年10月頃発売のキットらしく、今から15年前のものとなります。

最新の「RG νガンダム」と比較するのは酷ですが、それでもそれなりに可動範囲が確保されていることは、凄い事だと思います。

プロポーションは秀逸

いきなり完成写真です。

見ての通りですが、プロポーションはかなり秀逸です。

ほぼアニメの設定どおりです。

ガンダムMK-2といえば、このボリューミーなフォルムだと思います。

関節の可動域が広いため、立膝ポーズもなんなくこなせます。

スポンサーリンク

組立時にはちょっと注意が必要なところがある

ダボ穴が嵌らない

個体差かもしれませんが、嵌め込みのダボ穴が上手く嵌らず、少し大きくしてあげないと上手く嵌らない箇所が何箇所かありました。

無理に押し込もうとすると樹脂が白化しますので、ここは素直に調整した方が無難です。

チューブはささくれる

チューブは切りっぱなしでは、ささくれますので、適宜ささくれを防止する処置が必要です。

ライターですこし炙るか、瞬間接着材等を利用して対応しましょう。

特に組み立て時に注意するところは、こんなところです。

管理人テクニカルレベル的には、少しだけ対処が必要な個所がありましたので、5段階中4です。

アクションフィギュアまでとはいかないまでも、そこそこ強度もありいろいろいじって遊べる

流石にアクションフィギュアの様にとまではいきませんが、そこそこ強度もありますので、いろいろポージングを決めたりして遊ぶことができます。

各関節の保持力もありますので、いろいろなポージングが決めやすいと思います。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

まとめ

MGクラスの中では組立は容易(但し、ダボ穴の調整とチューブのささくれ対策は必要)

アニメそのままのプロポーション

そこそこ強度もありいろいろポージングを決めて遊ぶこともできる

機体紹介

連邦軍によって「RX-78 ガンダム」の後継機として開発された機体。
開発はティターンズ主導でおこなわれた。
開発はU.C.0085年にスタート。
ジャミトフ・ハイマンの意向によって旧ジオン公国系の技術者は外され、地球連邦系技術者の選りすぐりで開発が行われた。
開発主査はフランクリン・ビダン大尉。
U.C.0087年1月20日にロールアウトした。
本機は対外的にはティターンズのフラグシップ機として開発されたが、その真意はスペースノイドに対するアースノイドの権威の象徴であった。
その為、完成式典に際しガンダムMk-IIは、ティターンズ側をして「我々の、我々による、我々のためのガンダム」と称された。
MS用新素材の研究が進まなかったため、装甲やフレームに旧来の「チタン合金セラミック複合材」を用いるなど、技術的に旧式な部分も少なくないが、全身にムーバブルフレームを採用した初の機体である。
脚部の可動部の露出が目立つのは、ビーム兵器を効果的に防御できる装甲が存在しない以上、重装甲化によって機体重量の増加を招くよりも、軽量化によって機動力を向上させ、被弾率を低下させるという当時主流となっていた設計思想に基いている。
機体からのエネルギーサプライシステムはエネルギーCAP実装と、構造の複雑化を避けるため廃止されている。
バックパックには4基のメインスラスターに加え、ビーム・サーベルホルダーを兼ねたフレキシブルバーニアスラスターを装備する。
また、脚部のムーバブルフレームは構造的に柔軟性を有してはいたが、構造材の強度に問題があったため、瞬発的な外力に対し剛性が不足しており、合計6回に渡る設計変更が行われたが、問題点を解決するには至らなかったとされている。
本機のムーバブルフレームをはじめとする設計思想は斬新であり、本機データはΖガンダムをはじめとする可変MSの開発に大きく貢献した。
最終装甲を交換する事で各種戦闘に対応可能な設計となっていたが、エゥーゴによる奪取後は生産ラインに乗せるに足る機体ではないと判断され、再調整を行い3機分のパーツから1機を運用した。

ガンダムMk-II
型式番号RX-178
全高19.6m/ 18.9m/ 18.5m
頭頂高18.5m
本体重量33.4t
全備重量54.1t
装甲材質チタン合金セラミック複合材
出力1,930kW
推力20,300kg×4
総推力:81,200kg
センサー11,300m
有効半径
武装ビーム・ライフル
ビーム・サーベル×2
ハイパー・バズーカ
バルカン・ポッド・システム
シールド
その他姿勢制御バーニア×10
管理人オススメのガンプラは、こちらのサイトから!

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-036-ホビー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

RG RX-93 νガンダム!ガンプラレビュー!2019年最高傑作モデル!

年末年始の正月休みに組み立てようと、取っておいたキットですが、「RG RX78-2」にある意味衝撃(悪い意味で・・・)を受けたので、最新のRGキットの出来を確かめたくて仕方なくなり、組み立てを開始しま …

MG RX-78-2 THE ORIGIN!ガンプラレビュー!ファーストガンダム最新キット!

MGのRX-78-2の最新キットを組みたいと思っていたのですが、管理人は「Ver.3.0」が最新キットと思っておりました。 そのときの記事はこちらから 目次 2019年時点での「MG RX-78-2」 …

MG MSZ-006 Zガンダム!ガンプラレビュー!RGよりも扱いやすい!

昨年末に購入しようやく製作に取り掛かりることができました。 Ver.Kaではありませんので、通常のパッケージデザインです。 パッケージデザインは、なかなか格好良いです。 この商品も品薄なのか何店舗か梯 …

MG ストライクフリーダムガンダム・インフィニットジャスティスガンダム!ガンプラ!関節の強化!補修!

MGストライクフリーダムガンダムとインフィニットジャスティスガンダムの関節の強化と補修をしました。 目次 補修箇所は?水性ニスで緩くなった関節を補修固い関節は軸にワセリンを塗れば調整できるヤミヤの流し …

gunplaicatch

MG RX-78-2 ガンダム Ver3.0 ガンプラレビュー!バージョンがだんだん増えていく!

2年ほど前ですが、久々に急にガンプラを作りたい衝動に駆られ、いくつか纏め買いをしてしまいました。 購入したのは、 MG RX-78-2 ガンダム Ver3.0 です。 なんとか時間を作っては、チマチマ …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク