スポンサーリンク

035-スキー

MARKER!!XCELL・XCOMP系ビンディング!樹脂と金属の違い!金属はやはり重い!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です・・・

シーズン終盤を踏まえ・・・

そろそろ板を片付けようと整理している時に・・・

気付いたのですが・・・

同じマーカーのビンディングでも・・・

最大解放値の値によって、見た目は同じでも部品の材質が異なる事に気づきました。

XCELL・XCOMPの違い

まずXCELLとXCOMPの違いですが・・・

見た目はほ殆ど変わりません・・・

違いは、トゥピースのビンディングの取り付け用のビス穴の本数と位置が変わりました。

XCELLは、ネジ4本止め

XCOMPは、ネジ3本止め

です・・・

また、ビス穴の位置も・・・

XCELLよりもXCOMPの方が、よりセンターに近い側に移動しています。

どのような違いがあるかは、良く分かりませんが・・・

管理人が個人的に推測するには・・・

ビス穴がセンター側に近づくことにより、板の撓みを阻害し難くなるような気がします。

ただし・・・

ビスが4本から3本に変わったことで、強度的な問題はどうなのかなとは思います。

管理人の知る限りでは、一般的なアルペンビンディングでトゥピースのビスが3本なのは・・・

マーカーの昔のCOMPシリーズとXCOMPシリーズだけだと思います。

スポンサーリンク

最大解放値によって材質が異なる

次にビンディングの材質ですが・・・

最大解放値によって、その材質がことなるようです。

写真は・・・

  • 左がXCOMP16
  • 右がXCELL18

になりますが・・・

最大解値が18であるXCELL18の方が明らかに金属部分が多いです。

トゥピースは、サイド側のプレート

ヒールピースは、全体が金属製となっています。

どおりで、XCELL18の付いた板がクソ思い訳で・・・

一般スキーヤーには、重いだけでなんのメリットもありません。

管理人の適正解放値を調べると・・・

管理人がエキスパートスキーヤーであると想定しても、管理人の体格では【7】でした・・・

ビンディングの上下3割くらいは、バネの伸び縮みのマージンの関係で使わない方が良いと聞いたことがあるのですが・・・

それを余裕をもって考慮しても・・・

管理人の場合は、最大解値が【12】もあれば十分です。

XCELL18に至っては、最小の解放値が【8】からですので・・・

別の意味で、危険とも言えます。

実は、これまでは、適当に解放地をだいたい【10】に設定していましたが・・・

どうりで、転んでも板が外れる事が少ないな・・・

とは思っていたのですが・・・

適性開放値が最大でも【7】とすれば・・・

外れないのは当たり前です。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

金属製の一番のデメリットは

金属パーツで構成されているビンディングの一番のデメリットは、やはり重さです。

樹脂製と比較しても明らかに重いので・・・

軽快な操作を要求される不整地では、かなり不利になります。

また、とにかくクソ重いので・・・

リフトになっているときは、足が抜けるかと思います。

ちなみに・・・

管理人自身が求めて、XCELL18を選択したのではなく・・・

SLを発注したら勝手についてきただけです。

普通なら、最大解放値が16のモノが付属する筈なのですが・・・

なぜか、最大解放値あ18のモノが付いてきました。

一般スキーヤーレベルでは、樹脂製のモノで十分です。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-035-スキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

スキーブーツTECNICA・NordicaのWCシリーズ!致命的な欠点!インナーブーツの踵がすぐに壊れるを改善する方法!多分これで大丈夫!

へっぽこへたれスキーヤーの管理人です。 さて・・・ 4月に入りスキーをするも県外へ遠征する時期となりました。 今週は・・・ 通院の為、来週は試験のために遠征もお休みですが・・・ GWまではねばって、あ …

プロスキーヤーと自称する方々の【HOWTO動画】を見ても意味が分からない!感性的な説明ばかりで理論がない気がする!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 今シーズンは、十数年ぶりにスキーの上達を目指し自分なりに雪上トレーニングを実施しましたが・・・ シーズン終盤を迎えてもパットしない結果に終わりそうです。 さて、 …

スキー!シーズン6日目にしてヘトヘト!身体のあちこちが痛い!

シーズン6目に途中の、底辺スキーヤーの管理人です。 仕事が休みの日は・・・ 兎に角、スキー場に行くのはスキーヤーの義務であり礼儀です。 ということで、重い身体と心をなんとか奮い立たせて・・・ 朝からス …

選手用スキーブーツのフレックス!一般的なサンデースキーヤーがテニカルプライズ・クラウンプライズ検定を受けるには?

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 怪我が治らず、スキーに行けず、悶々とした日々を送っています。 ここで無理をして、悪化すると復帰が遅れますので・・・ 我慢です。 しかし、治るころには雪が無くなっ …

スキーの走りについて考える!加速するのは重力による自由落下運動でありズラさなければ【抵抗が無ければ】理論的には加速し続ける?

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 さて、スキーが何故加速するのかを・・・ 頭が悪いなりに物理を使って考察してみました。 スキーは基本手的には自由落下運動? スキーは、斜面を下るスポーツですので・ …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク