スポンサーリンク

035-スキー

MARKER!!XCELL・XCOMP系ビンディング!樹脂と金属の違い!金属はやはり重い!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です・・・

シーズン終盤を踏まえ・・・

そろそろ板を片付けようと整理している時に・・・

気付いたのですが・・・

同じマーカーのビンディングでも・・・

最大解放値の値によって、見た目は同じでも部品の材質が異なる事に気づきました。

XCELL・XCOMPの違い

まずXCELLとXCOMPの違いですが・・・

見た目はほ殆ど変わりません・・・

違いは、トゥピースのビンディングの取り付け用のビス穴の本数と位置が変わりました。

XCELLは、ネジ4本止め

XCOMPは、ネジ3本止め

です・・・

また、ビス穴の位置も・・・

XCELLよりもXCOMPの方が、よりセンターに近い側に移動しています。

どのような違いがあるかは、良く分かりませんが・・・

管理人が個人的に推測するには・・・

ビス穴がセンター側に近づくことにより、板の撓みを阻害し難くなるような気がします。

ただし・・・

ビスが4本から3本に変わったことで、強度的な問題はどうなのかなとは思います。

管理人の知る限りでは、一般的なアルペンビンディングでトゥピースのビスが3本なのは・・・

マーカーの昔のCOMPシリーズとXCOMPシリーズだけだと思います。

スポンサーリンク

最大解放値によって材質が異なる

次にビンディングの材質ですが・・・

最大解放値によって、その材質がことなるようです。

写真は・・・

  • 左がXCOMP16
  • 右がXCELL18

になりますが・・・

最大解値が18であるXCELL18の方が明らかに金属部分が多いです。

トゥピースは、サイド側のプレート

ヒールピースは、全体が金属製となっています。

どおりで、XCELL18の付いた板がクソ思い訳で・・・

一般スキーヤーには、重いだけでなんのメリットもありません。

管理人の適正解放値を調べると・・・

管理人がエキスパートスキーヤーであると想定しても、管理人の体格では【7】でした・・・

ビンディングの上下3割くらいは、バネの伸び縮みのマージンの関係で使わない方が良いと聞いたことがあるのですが・・・

それを余裕をもって考慮しても・・・

管理人の場合は、最大解値が【12】もあれば十分です。

XCELL18に至っては、最小の解放値が【8】からですので・・・

別の意味で、危険とも言えます。

実は、これまでは、適当に解放地をだいたい【10】に設定していましたが・・・

どうりで、転んでも板が外れる事が少ないな・・・

とは思っていたのですが・・・

適性開放値が最大でも【7】とすれば・・・

外れないのは当たり前です。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

金属製の一番のデメリットは

金属パーツで構成されているビンディングの一番のデメリットは、やはり重さです。

樹脂製と比較しても明らかに重いので・・・

軽快な操作を要求される不整地では、かなり不利になります。

また、とにかくクソ重いので・・・

リフトになっているときは、足が抜けるかと思います。

ちなみに・・・

管理人自身が求めて、XCELL18を選択したのではなく・・・

SLを発注したら勝手についてきただけです。

普通なら、最大解放値が16のモノが付属する筈なのですが・・・

なぜか、最大解放値あ18のモノが付いてきました。

一般スキーヤーレベルでは、樹脂製のモノで十分です。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-035-スキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

SAJのクラウンプライズを一般人(サンデースキーヤー)が目指す!テクニカルプライズ合格後!

管理人が5回連続でテクニカルプライズを受験してギリギリ合格できた事は前回の記事のとおりですが、無謀にも翌年からクラウンプライズに挑戦を開始しました。 テニカルプライズに合格したら技術選の地区予選の順位 …

スキー指導者について!せめて力学くらいは勉強してスキーが曲がる理論を理解しておいて!

ヘッポコヘタレスキーヤーの管理人です。 管理人は、これまで独学・・・ といっても、ただひたすら滑走日数を稼いで、滑りまくってきただけですが・・・ もっと力学をスキーが曲がる理論を理解しておけば、もう少 …

スキーのポール【ストック】カットの方法!切る時は基本的に戻せないので慎重に!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 本日は、スキーのポール【ストック】をカットしましたので、その方法を紹介します。 基本的に、一度カットしたら元に戻せないので、カットするか否か慎重に決めましょう。 …

気温が高く雪もクサレ放題!悪雪【春雪】でも物理【力学】に基に運動を組み立てると省エネで滑走できる!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 本日は・・・ 朝一に町内会の恒例行事があり、ちょっと遅れてゲレンデに出撃しました。 昨日とはうってかわって・・・ 結構駐車場が混んでいます・・・ 今シーズンでイ …

2019-2020シーズン!驚異的な暖冬!雪不足!

2019-2020シーズンは、驚異的な雪不足となっています。 管理人の記憶でもこれだけ雪が降らない事は無かった・・・ 管理人の記憶の中でもこれだけ雪が降らない事はかつてありませんでした。 記憶にありま …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク