スポンサーリンク

035-スキー

小回り用の板はFISレギュレーションに囚われずに長さを選ぶと良いかもしれない!男子は165センチに拘る必要無し!

管理人は基礎スキー専門ですが、基礎スキーの華と言えば技術選手権です。

一般的に大回り・小回りの2本の板を揃えますが・・・

多くの方が(男性の場合)

大回りは、マスターズモデルの180センチ~

小回りは、165センチ

を選択していると思います。

特に小回りをFISレギュレーションに合わせて165センチにする必要があるのか・・・?

FISのレギューレションでは、男子スロームのレギュレーションは、165センチです。

ですので、基礎スキーもそれにならい、小回りモデルは、女子レギュレーションの155センチ・165センチをラインナップしています。

小回り限定での話になりますが・・・

基礎スキーの世界では、身長・体重関係なく多くの男性は、165センチを選択しています。

さて、この165センチなんですが・・・

体重関係なく165センチを選択しているという点に、こまで管理人は若干違和感を感じていました。

まぁうまい人であれば、あまり関係ない事なのかもしれませんが、やはり体重が軽い人にとっては、長さが不利になる事もあるかと思います。

長さというよりも重さと言った方が正確かもしれません。

板が長くなると当然重くなります。

重くなると体重が軽く・体力が少ない人にとっては不利になります。

それをテクニックでカバーするのも足前なのかもしれませんが、できるだけ自分にあった操作し易い道具を選択することも大事な要素だと思うのです。

スキー板は試乗会などもありますので、そういう機会にいろいろな長さの物を試して自分に合ったものを購入すれば良いのですが、なかなか試乗の短い時間では、正直よく分かりません。

また、プロショップ等で相談しても、SLのFISレギュレーションに合わせて男子ならは165センチと、言われることがかなり多いです。

当然ですが、管理人もこれまでは、小回り用の板については、165センチとしていました・・・

ちなみに下の写真が現在管理人の家にある板の全てです。

下からですが・・

  • 180センチのファットスキー
  • 185センチの大回り用の板
  • 168センチのフリースキー用の板
  • 165センチの小回り用の板
  • 155センチの小回り用の板(嫁用)

大回り用と小回り用の板は、スキーマニアの知人から格安で譲ってもらったモノですが・・・

管理人の身長と体重を考慮すると、大回り用の185センチはちょっと長いです。

175センチ~180センチあたりが良いのかなと履いていて感じます。

185センチは履いていても結構重く・鈍重に感じます。

次に165センチの板ですが、これもマーカーのピストンプレート+開放値が16まである重いビンディングが付いているので、履いているとかなり重く感じます。

155センチの板を試しに履いてみたら案外調子が良かった

管理人の頭の中も男子なら165センチという先入観というか思い込みというか洗脳がありましたので、それよりも短い板は履いた事がありませんでした。

しかし、たまたま今シーズンの暖冬で、板が傷付くのは嫌だな~と思い、今は使っていない嫁用の155センチ(いちおうSLのセカンドモデル)の板を履いてみると・・・

これがかなり調子よく滑ることができました。

短いので前後バランスが若干難しくはなりますが・・・

ある程度の高速で滑っても、短くて怖いという事は、ありませんでした。

むしろ板の短さからくる軽さ故のコントロール性の向上の方が、恩恵が高いと感じました。

兎に角、板が軽いと楽です。

運動性があがります。

車でもバネ下が軽くなるようにすると運動性が良くなると一般的に言われています。

スキーでも同じなんだと感じました。

特に小回りは機敏な動作が要求されますので、車で言うところのバネ下である足下を軽くする事は、そのまま運動性の向上に繋がるのだと思います。

スポンサーリンク

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

小回りが苦手な人は短いサイズの板で練習してみると良い

小回りに苦手意識をもっている方は、いちど思い切って、短い板(軽い板)で滑ってみると良いかもしれません。

足下が軽くなるので、操作性は上がりますし、機敏な動作もし易くなります。

また、足下が軽くなると気持ち的にも余裕が出る様です。

幸い検定には、FISレギュレーションと異なり、板の長さ制限はありませんので、男子で155センチを履いてもOKです。

特に体重が軽い・脚力に自信が無いとうい方は、短い板(軽い板)で一度滑ってみてください。

これまでと変わった感覚が得られること間違いなしです。

まとめ

男子でも小回り用の板の長さ(165センチ)に拘る必要はない

板を短く(軽く)すると高速安定性は損なわれるが、操作性・運動性が向上する。

身長・体重・技術力・脚力に応じて板の長さを選択しよう

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-035-スキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

歯科医師監修のスポーツ専用カスタムマウスガード! BOOSTECTOR!ブーステクター!

管理人は歯並びがかなり悪いです・・・ ですので、かみ合わせもあまり良くありせん。 スポーツでは歯を折ったり口の中を切ったりする事がある 管理人はスポーツマンではありませんが・・・ それでも、スポーツ中 …

SAJのクラウンプライズを一般人(サンデースキーヤー)が目指す!(2級から1級編まで)その2

受験4回目から合格まで 受験4回目! とうとうお受験も4回目に突入しました。 結果を先に述べますと、総得点で「-2点」でした。 スキーのお受験では、この「-1点」、「-2点」で泣く方が大変多くいらっし …

スキーの選手用ブーツは通販で買ってはいけない!信頼できるショップでチューンナップ前提で購入しよう!

以前は、いわゆる選手用ブーツはカタログに掲載されておらず一部のマニアが裏ルートでお願いするしか手に入れる方法がありませんでした。 しかし、最近では、選手用ブーツ(足幅92ミリ~95ミリのナローモデル) …

SAJのクラウンプライズにようやく合格!総滑走日数約600日!スキーを始めてから12シーズン!受験回数17回!

今回は管理人がスキーを始めた最終目標であるSAJのクランプライズにようやく合格できた時の内容となります。 実にスキーを始めてから12シーズン・総滑走日数約600日・受験回数は17回でした。 合格できた …

以外に使えるセミファットスキー!オンピステもオフピステもOK!基礎スキーにも使える!スキー場を1本のスキーで滑り倒すならこれが一番!

管理人もSAJの検定に夢中になっている間は、基礎スキーや競技用のセカンドモデルを主にスキー板を履いていました。 しかし、なんとか念願のクラウンプライズに合格できてから、いままで滑った事の無かったオフピ …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク