国が推進する自治体マナポイントの年貢が高すぎる!タダにしろよと言いたい!

080-お仕事

超底辺地方公務員の管理人です。

さて令和5年のしょっぱなからムカツク通知が国から来ており・・・

超絶に気分が悪いです。

自治体マイナポイントの年貢が高すぎる

国がマイナンバーカードの布教活動のためにバラまいたマイナポイントですが・・・

このシステムを自治体でも使えるようにと・・・

自治体マイナポイントの仕組みを作ってくれたのは良いと思ってました。

これまで自治体が給付をするにあたっては・・・

  • 対象者の抽出
  • 申請書の送付
  • 申請書の受付
  • 申請内容の審査
  • 振込データの作成
  • 金融機関での振り込み処理

という一連の流れが必要でした。

これがマイナポイントとなれば・・・

対象者データを確定させてマイナポイントのシステムに投げれば・・・

あとは対象者が勝手にスマホ等で申請してくれれば良いだけです・・・

※但し、国のマイナポイントのとおり一定数以上は自分でできないと窓口に押し寄せるので対応が面倒ではありますが・・・

少なくとも阿武町の様な振込ミス(ヒューマンエラー)は避けられるかなと思います・・・

また、今後5年~10年スパンで考えると、現金の取扱量は益々減ってくると思っていたので・・・

遅かれ早かれ自治体マイナポイントはしなければいけないかなと思っていたのですが・・・

通知に記載されている年貢をみてやる気が失せました。

上の図のとおり自治体マイナポイントの参加すると・・・

  • 1.1団体当たりの年貢(だと思う?)が500万円から1,000万円
  • 2.ポイント付与額の2%の従量課金
  • 3.決済事業者の事務手数料

という3つの費用が掛かるわけですね。

例えば、人口50万人の都市で一人20,000円を給付したとすると・・・

仮に決済事業者の手数料を3.25%と仮定したら

1,000万円+100億円×2%(2億円)+100億円×3.25%(適当?3.25億円)で、

5億3,500万円の事務手数料が掛かる計算になります。

小さい地方都市ほど年貢が苦しい

この金額を見る限りでは、人口が多い大都市では、1,000万円の年貢くらい・・・

屁でもないかもしれませんが・・・

これが人口1万人で計算してみると

1,000万円+2億円×2%(400万円)+2億円×3.25%(650万円)で、

2,050万円となります。

つまり事務手数料の50%が国への自治体マイナポイント事務局への年貢となるわけです。

自治体マイナポイント事務局なんて国の天下り先だと思うのですが・・・

マイナンバーカードがらみでは・・・

  • 1.国 → 地方 → 国の天下り先
  • 2.地方 → 国の天下り先

という金の流れの事業が多すぎます。

令和5年度の自治体マイナポイントについては、国は概ね100団体の参画を目標としている様です。

500万円~1,000万円×100団体=5億円~10億円

となりますので、自治体マイナポイントに関する運用コストは5億円~10億円かかる計算となります。

平成の大合併で市区町村数は3,200から1,700程度まで減りました。

仮に国が強制して、1,700の自治体すべてが自治体マイナポイントを始めたとすると・・・

5億円~10億円÷1700団体=約30万円~60万円

の計算となります。

参加する団体が増加すればサーバの増強等も必要になる為もう少し高くなるとは思いますが・・・

このくらいの金額であれば、現実的です。

少なくとも、現状の価格設定では、規模の小さい自治体では、この年貢の負担が辛くてやりたくてもやれないと思います。

ちなみに上の図は、コンビニ交付をやるときのJ-LIS(地方公共団体情報システム機構)への負担金の額です。

スポンサーリンク

人口によって負担金額は異なりますが・・・

例えば、人口5万人未満の市では、220万円です・・・

これを高いとみると安いとみるかは、個人の価値観によって異なるかと思いますが・・・

管理人は高いと思います。

国の予算規模と市区町村の予算規模はあまりにも差が大きすぎますが・・・

これらの金額は国の価値基準で高めに設定されている気がしてなりません。

自治体基盤クラウドを使えば町村であれば、35万弱で使える様ですので、一律このくらいの価格設定にしてくれれば良いと思うのですが・・・

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

自治体からすらも金を巻き上げて、そんなに天下り先にお金を落としたいのかと思うと・・・

守銭奴か金の亡者かと言いたくもなります。

スポンサーリンク

出産・子育て応援交付金に使えると思ったが?

国は、出産・子育て応援交付金にも自治体マイナポイントを活用できると言っていますが・・・

管理人が勤務する自治体では、年貢が高すぎておそらくムリですね。

予算が付きません。

人口規模が小さいので、従来の紙申請の方がはるかに事務手数料が安価ですね。

長期的には職員数が減るので、どこかの時点でその事務をやる職員を出せなくなるという問題は残りますが・・・

少なくと1~2年でそういう状況になるとは思えません。

こんなもんタダにするか非常に安い負担額でいいだろう?

今後、5年~10年もすれば、現金決済なんてかなり減り・・・

ほとんどがキャッシュレス決済になると思うので・・・

給付金を電子で支給できるプラットフォームなんて国が責任をもってインフラとして整備し・・・

自治体にはタダ若しくは非常に安価な費用で使わせてあげるのが本来だと思うんですよね。

管理人もあまり異動経験がないので他の部署でどんな【ウサンクサイ制度】が沢山あるのかは把握していませんが・・・

このマイナンバー制度に関しては、本当に金の流れが、ウサンクサ過ぎて嫌になります。

管理人は、個人的にはマイナンバー制度そのものは否定しませんが・・・

とにかく金が掛かりすぎる事に対しては、拒否感しか感じません。

中抜き・ピンハネ・キックバックが横行しているとしか思えないんですよね。

本当に日本の行政ってクソですわ・・・

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました