スポンサーリンク

030-自動車とバイク

三菱エクリプスクロス【eclipse-cross】!PHEV発表!エクステリアも大幅刷新!初期型ユーザーは悔しいぞ!

三菱エクリプスクロスのPHEVが発表されました。

12月に発売予定ということで、予約商談も開始された様です。

管理人もそのうち、お世話になっているディーラーに市場に行ってこようかと思います。

待望のPHEVがようやく搭載された

かねがね噂されていた、PHEVがようやく搭載されました。

システム自体は、現行アウトランダーPHEVということで、EV走行は60キロ弱と同等の様です。

アウトランダーPHEVには、何度か試乗した事がありますが、車重もあってか、軽快というよりも重厚な高級車という感じでした。

エクリプスクロスの場合は、同じシステムであっても、車格が一回り小さくなりますので、車重の恩恵で、アウトランダーよりも軽快になると思います。

ユーチューブには、試乗動画が既に沢山掲載されていますが、アウトランダーPHEVよりも概ね軽快でスポーティー感が強いという印象の様です。

価格はやはり高い・・・

イチバンの売れす筋グレードとなる【G又はPグレード】は・・・

420万から450万くらいになりそうです。

ガソリングレードの【G又はPグレード】は・・・

300万から330万ですので・・・

ざっと、PHEVにより、120万前後高額となります。

エンジンスペックは・・・

PHEVが・・・2.4Lガソリン+モーター

ガソリンが・・・1.5Lターボ

です。

燃費は・・・・

PHEVが・・・18.6キロ/L(ハイブリッドモード)

ガソリンが・・・14.0キロ/L(4WD)

です。

イニシャルコストの差と燃費を考慮しても、120万円の価格差を挽回することは、ほぼ無理だと思えます。

EV走行は、57.3キロですので、安全マージンを考えて往復50キロ圏内の通勤くらいならば、EVのみで走行が可能です。

単なるシュミレーションですが・・・

往復50キロの通勤を毎日EVモードで走行するとすると・・・

ガソリンと比較すれば、年間857リットル相当となります。

50キロ/14キロ(ガソリンの燃費)×20日(月当出勤日数)×12カ月=857

ガソリンと毎日の充電に要する電気料金の差を120円と仮定すると。

857リットル×120円=102,840円・・・

EV走行のみで、10~12年以上乗れれば、なんとか元を取れるかもしれないとう状況です。

しかし、これはあくまで机上論となりますので、実際はもっと走行距離が必要になると想定されます。

減価償却・陳腐化・バッテリーの劣化を考えると・・・

実際に、イニシャルコストの差を埋める事はかなり困難になると思います。

また、現行アウトランダーのPHEVシステムということで、そんなに新しいシステムではありません。

新型である以上、もう少しPHEVの性能(EV走行の航続距離)は上げて欲しかったかなと思います。

外装は大幅刷新

PHEVとガソリン車の価格差が、かなりありますので、管理人の個人的な感想では、PHEVには、全く魅力を感じません・・・

しかし、大幅に刷新されたエクステリアには、かなり魅力を感じます。

正直なところ、ここまでやるか・・・

という思いでいっぱいです。

特にリアセクションは明らかに新型の方が格好良いと思います。

フロント形状もかなり変わりましたが・・・

それでも、前期型もダイナミックシールドですので、まだ似たような面影あります・・・

しかし、リアセクションは、別のクルマと言っていいほど変わりました。

管理人が前期型であまり好きじゃなかったのは、このリアセクションで、フロントは、直線基調なデザインなのですが、リアに関しては、特にバンパーが曲線基調だったので、なんだかフロントとリアが合っていないという感じがしていました。

後から出るものは良いものと相場は決まっていますが・・・

前期型所有の管理人としては、かなり悔しい思いです。

スポンサーリンク

全長が延びた・・・

横からの写真を見て貰えば明らかですが・・・

エクステリアの変更で、前後のオーバーハングが長くなり、ホイールベースは変わりませんが、全長が若干伸びました。

この車で、オフロードを走る事は無いとは思いますが・・・

オーバーハングが延びた為に、アプロートアングルとデパーチャアングルは、前期型よりも少なくなったと感じます。

管理人は、個人的にはオーバハングは、短い方が恰好良く見えると思ってますので、これだけは、後期型の唯一のマイナスポイントかもしれません。

SDAのアップデートも羨ましい

PHEVの追加に加えて、内装も変更されました・・・

やはり、最も目立つのはSDAの大型化ですね。

物理ボタンも設置されましたので、使い勝手もかなり向上していると思います。

あまり使い勝手がよくなかった、タッチパッドは、廃止なのでしょうか・・・

PHEVモデルでは、存在が確認できませんでした。

管理人は、ディーラーとのお付き合いもあって、嫁車として発表初日に契約・地元の県内では、一番納車でしたが・・・

購入から2年半たっても、トータルの走行距離が7,000キロ未満という体たらくです・・・

1万キロも乗っていないのに・・・

大幅モデルチェンジ・・・

悲しい限りですね。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

買うならどっち?

どうしてもPHEVに乗りたいという強い思いがないのであれば、管理人は、個人的には、ガソリンの【G Plus Packege】をオススメします。

1.5リッターのガソリンターボエンジンは、結構パワフルですので、踏めばそれなりに走りますので、パワー不足を感じることはそうそうないと思います。

価格差を考えると、ガソリンモデルの方が明らかに、コスパが良いと思います。

ちなみに、PHEVのラインナップにより、現行の2.2リットルディーゼルエンジンモデルは、廃版となる様です。

結構売れそうな予感がする

アウロタンダーはかなり大柄だったので、エクリプスクロスのPHEVは、丁度良い大きさという事で、それなりに売れるのではないかと考えています。

前期型のエクリプスクロスは、思ったほど売れなかったという事でしたが、これは、PHEVが噂がずっとあったので、買い控えがあったのかもしれません。

最初期のアウトランダー【CW5W型】もまだ結構見ますので、このモデルを乗っている方々が、相当数、新型エクリプスクロスに流れる様な予感がします。

管理人も、これだけエクステリアが変わるなら、もう1回だけ【CW5W型アウトトランダー】の車検を通せばよかったかなと若干後悔もしています。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-030-自動車とバイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイクのタイヤあれこれ!公道用ハイグリップタイヤどれにする?

管理人が履いたことのあるバイクのタイヤについてご紹介します。 但し、サーキット用ではなく、あくまで公道用のハイグリップタイヤでの比較となります。 管理人が履いた事のあるタイヤ一覧 ブリジストン バトラ …

暖冬の影響で早めにバイクを冬眠から目覚めさせる!今シーズン初乗りは怖かった件!Kawasaki Ninja ZX-10R!

今年は、暖冬の影響で、管理人の地元の平野部には殆ど雪が降りませんでした。 ということで、我が愛車「ZX-10R」を早くも冬眠から目覚めさせ、今シーズン初乗りをしてきた訳でありますが・・・ これは昔の写 …

働くクルマ!消防車の機関部「ポンプ部」を見た!

仕事の関係で機会があり消防ポンプ自動車の機関部を見る事ができましたので紹介いたします。 排ガス規制で継続生産のトラックは2019年9月1日以降は新車登録不可! 排ガス規制の関係で、2019年9月1日以 …

ZC33S型スイフトスポーツ!1年半乗っての再レビュー!コスパ最強の庶民でも手が届くスポーツカー!

管理人がZC33S型スイフトスポーツを購入してから早もう1年半が経過しました。 走行距離は仕事の激務もあって、8,000キロにも満たっていませんが、改めて再レビュー記事を掲載します。 とにかく価格が安 …

ZC33S型スイフトスポーツ!ハンズフリースイッチの接触不良を直す!エーモンのS2484にはステリングスイッチ2の配線が足りない!

管理人所有のZC33S型スイフトスポーツのハンズフリースイッチの接触が悪くなってきたので止む無く直します。 今日は、珍しく週末が休みでしたので、かんり面倒くさいですが、重い腰を上げて作業を開始しました …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク