GFRAME FA 03・ジムカスタム・ジム系でもかなり好きな機体の一つ!

036-ホビー

アラフィスになってもガンダムの食玩で遊ぶ精神年齢がかなり低い管理人です。

マジでキモオタオヤジです。

さて、今回は食玩のGFRAMEFA03のジムカスタムをゲットしたので紹介します。

GFRAMEはバージョンアップ後からは、フレームは一部組み立てが必要で、説明書はネットで見てくれという不親切仕様となっています。

プラモデルの経験が浅く、ネット環境が無い場合は組み立てられません。

ジムカスタムはジム系では好きな機体ですが、実は立体物は一つも持っていませんでした。

これが管理人初の立体物となります。

MGが欲しかったのですが、手に入れ損ねました。

あとMGの設計が古く一部色を塗らないといけないのが、手を出しにくかった理由の一つでもあります。

管理人は、素組派ですので・・・

パッケージとパーツを確認

バンダイの販売戦略は管理人には理解できませんが・・・

フレームと外装を分ける必要があるのでしょうか?

外装だけを買って飾ると言うこともできなくは無いですが・・・

平手の武器無しですので、飾っていてもイマイチショボイと思います。

無可動フレームから外装を外すのが地味に面倒くさい

さて、毎回思うのですが、無可動フレームから外装パーツを外すのが、

地味~に面倒くさい。

さらに一部硬いパーツがあるので、外すときに結構手が痛いし、パーツが割れないか不安になります。

苦労してバラすとこんな感じですが、見た目は悪いですが、スタンドが付いているは良いです。

なんだかかんだで、飾る時はスタンドがあった方が安定しますので・・・

ただ、最近武器持ち手が付いてくるのは良いのですが、余剰パーツをどうやって保管しておこうか悩みます。

無くしそうなので・・・

フレームを組み立てると

さくっとフレームを組み立てます。

さくっ・・・

といっても、15~20分くらいは掛かります。

ところどころ硬くてハメにくいところがありますが・・・

嵌めるのに苦労するくせに、すぐにポロりします。

とくに股関節と関節ですね。

MGやRGのフレーム並みに良く可動します。

フレーム状態の可動範囲は秀逸ですね。

外装を付けるとかなり動けなくなりますが・・・

  • 肩:真上まで
  • 腕:ロールあり
  • 肘:180度
  • 腰:前後左右にスイング
  • 足の前後スイング:干渉するまで(ほぼ180度)
  • 開脚:180度
  • 膝:180度
  • 腿:ロールあり
  • 足首:かなりの範囲

ざっとこんな感じの可動範囲です。

スポンサーリンク

もちろん膝立ちもできます。

あぐらもイケるよ。

修行僧ポーズもOK

スポンサーリンク

外装を付けると

外装を付けるとかなり稼働が制限されます。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

特に股関節周りは、前後左右のスカートが干渉します。

これは、MGでもRGでも同じなので仕方がありません。

ジムカスタムはもともと単色ですので、スミ入れでもやれば、かなり見た目はよくなりそうです。

ついでの昔のガンプラの補修を

ついでに昔組み立てたガンプラの補修?少しやりました。

数年前にガンプラにリターンした際に組んだキットです。

  • MG:インフィニットジャスティスガンダム
  • MG:ストライクフリーダムガンダム

です。

素組みにデカールを貼って、シルバー系の塗料で汚れ塗装をしてみたのですが・・・

使ったシルバー系の塗料の定着が悪くて・・・

触ると指にシルバーの塗料が移ります。

ということで、定着が悪いシルバーの塗料を拭き取ろうと思うのですが・・・

溶剤は樹脂への攻撃性が高いので、濃度の高いアルコールで拭き拭きします。

綺麗に拭き取れたわけではないので、見た目は殆どというか全く変わりませんでしたが・・・

これで、触った時に指に色移りがしないていどにはなったのでヨシとします。

ジムカスタム・機体設定紹介

U.C.0080年10月13日に施行された「連邦軍再建計画」に基いて開発された機体である。
RGM-79 ジムの派生機の一つとして、一年戦争終結後に製造された。
設計の折にはRGM-79SCやRGM-79G、RGM-79GS、ガンダムNT-1などの技術も反映されている。
とりわけ、ガンダムNT-1とは基本設計やパーツ規格までもが共通化されており、開発は同機を担当したオーガスタ基地にて行われた。
従来のジムと比較してアポジモーターや出力の強化が行われており、関節部にはマグネットコーティングも施されているほか、ジェネレーターはタキム社製の高出力モデルが採用されている。
デラーズ紛争前後の連邦製量産機としては最上位機として位置付けられている。
しかし、突出した面の少ない無難な機体特性を持っており、本機の評価を端的に表現すれば「特長がないのが特徴」とも揶揄される。
性能に比例して製造コストも高かったため、実際の配備は少数のエース級パイロットのみにとどまった。
しかしながら、後年においてもエゥーゴなどの部隊で運用されており、コクピットシートなどに改良を施した機体も存在している。
機体カラーは部隊ごとに異なり、アルビオン配属機は全体がブルーグレー、グレイファントム配属機は青系基調、連邦軍標準機はRGM-79に準ずるもの、エゥーゴ所属機は同軍のジムIIと同様である。
デラーズ紛争後は生産ラインが特殊部隊ティターンズの管理下に置かれ、若干の設計変更と共に黒とティターンズカラー(濃紺)に塗装されたジム・クゥエルの生産に切り替えられた。

スペック

ジム・カスタム
GM CUSTOM
型式番号 RGM-79N
頭頂高 18.0m
本体重量 42.0t
全備重量 57.6t
装甲材質 チタン合金セラミック複合材
出力 1,420kW
推力 30,000 kg×2(背部)
1,870 kg×4(足部裏側)
(総推力)67,480kg
武装 頭部60mmバルカン砲×2
ビーム・サーベル
ジム・ライフル
ビーム・ライフル
シールド
管理人オススメのガンプラは、こちらのサイトから!

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました