スポンサーリンク

050-VBA

EXCELドロップダウンリストの連動!知っていると便利な機能!

へっぽこへたれシステム管理者の管理人です。

さて、久々のEXCELネタですが・・・

ドロップダウンリストの連動について忘備録として掲載します。

エクセルを使っていると、ドロップダウンリストよりデータを選択することは、多々あるかと思いますが・・・

2つのリストを連動させて、ドロップダウンリストを使えるとかなり便利です。

まずはドロップダウンリストの連動イメージから

ドロップダウンリストの連動イメージは、図のとおりです。

【I2】で選択した部署に対して、【I2】のドロップダウンリストの内容が変わというものです。

まずは連動先のリストに名前を付ける

まずは、連動先のリストに名前を付けます。

図の様に連動先のリストの範囲を選択して、【名前】を付けます。

付けた名前は、【数式タブの名前の管理】から保守できます。

スポンサーリンク

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

連動元のリストからドロップダウンリストを作成する

次に連動元のドロップダウンリストを作ります。

【I1】セルに【データタブのデータの入力規則】から、リストと範囲を選択して・・・

ドロップダウンリストを作成します。

今回は、図の様に連動元のリストとして、【A1~C1】を選択範囲としてドロップダウンリストを作成します。

連動元と連動先のドロップダウンリストが連動するようにする

最後に、連動元と連動先のドロップダウンリストが連動するようにします。

【I1】セルと同様に【I2】セルに【データタブのデータの入力規則】から、リストを選択します。

値の欄には・・・

【=INDIRECT(I1)】と入力します。

これで、【I1】セルの入力値に応じて、【I2】セルのドロップダウンリストの内容が自動的に連動します。

かなり便利な機能です。

しょっちゅう使う機能ではないので、なかなか覚えられないかと思いますが・・・

検索すれば、いろいろなサイトがヒットするので、こういう機能があったと覚えておいて・・・

必要な時に検索して、実装できれば良いかと思います。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-050-VBA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

RPA・WinActorの練習!暫く使わないとすぐに忘れる!基本操作の習得はエクセルからセクセルの転記から!

物覚えの悪い地方の底辺公務員の管理人です。 今年から、事務の効率化の一環として、RPA・WinActorを使うことになりましたが・・・ 管理人の相場観としては・・・ 手書きの申請書AI-OCRでエクエ …

code1-eyecatch

AI-OCR【Tegaki+Seisho】&RPA【WinActor】!稼働させるマシンスペックは重要なのか?

国民1人10万円給付【特別定額給付金】の支給事務で、連日連夜のサビ残続きの管理人です。 既に、7割弱の申請書が届いていますが・・・ 入力作業がなかなか捗りません・・・ パンチャー6人・RPA2台体制で …

使った事も触った事もないRPA【WinActor】!初見で特別定額給付金支給システムへの自動入力シナリオを無理やり作って動かした件!

さて、特別定額給付金の支給事務で5月のサビ残業が100時間を超過した管理人です。 土日も休みがありません。 遅れていた特別定額給付金の支給システムがようやく稼働したとおもいきや・・・ 特別定額給付金の …

EXCELやACCESSの関数やVBA・SQL文等の忘備録まとめ!

このページでは、管理人が良く使う次のソフト MS-EXCEL(エクセル) MS-ACCESS(アクセス) Oracle(オラクル)SQL について、良く使うけれどもすぐに忘れて、何度も調べ「関数やVB …

Accessでユーザー定義関数を作る!基本はエクセルの場合と同じ方法でOK!

エクセル【EXCEL】でユーザー定義関数は、よく使いますが・・・ そういえば、アクセス【ACCESS】では、使った事がないなと思い・・・ 作り方を整理してみました。 基本はEXCELの場合と同じ 試し …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク