スポンサーリンク

050-VBA

EXCELドロップダウンリストの連動!知っていると便利な機能!

へっぽこへたれシステム管理者の管理人です。

さて、久々のEXCELネタですが・・・

ドロップダウンリストの連動について忘備録として掲載します。

エクセルを使っていると、ドロップダウンリストよりデータを選択することは、多々あるかと思いますが・・・

2つのリストを連動させて、ドロップダウンリストを使えるとかなり便利です。

まずはドロップダウンリストの連動イメージから

ドロップダウンリストの連動イメージは、図のとおりです。

【I2】で選択した部署に対して、【I2】のドロップダウンリストの内容が変わというものです。

まずは連動先のリストに名前を付ける

まずは、連動先のリストに名前を付けます。

図の様に連動先のリストの範囲を選択して、【名前】を付けます。

付けた名前は、【数式タブの名前の管理】から保守できます。

スポンサーリンク

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

連動元のリストからドロップダウンリストを作成する

次に連動元のドロップダウンリストを作ります。

【I1】セルに【データタブのデータの入力規則】から、リストと範囲を選択して・・・

ドロップダウンリストを作成します。

今回は、図の様に連動元のリストとして、【A1~C1】を選択範囲としてドロップダウンリストを作成します。

連動元と連動先のドロップダウンリストが連動するようにする

最後に、連動元と連動先のドロップダウンリストが連動するようにします。

【I1】セルと同様に【I2】セルに【データタブのデータの入力規則】から、リストを選択します。

値の欄には・・・

【=INDIRECT(I1)】と入力します。

これで、【I1】セルの入力値に応じて、【I2】セルのドロップダウンリストの内容が自動的に連動します。

かなり便利な機能です。

しょっちゅう使う機能ではないので、なかなか覚えられないかと思いますが・・・

検索すれば、いろいろなサイトがヒットするので、こういう機能があったと覚えておいて・・・

必要な時に検索して、実装できれば良いかと思います。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-050-VBA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

元祖国内RPAの【RocketMouse Pro】を試す!画像認識クリックはかなりの精度!

へっぽこヘタレ管理者の管理人です。 さて、高価な【WinActor】のライセンス問題があり・・・ 簡単な作業を安価に利用できるツールとして、いろいろと試してみていますが、 完全無料RPAの【マクロマン …

RPA・WinActorの基本操作!アプリケーションの終了と起動!taskkill!

絶賛底辺中の地方公務員の管理人です。 さて、これもすぐに忘れるのですが・・・ WinActorのシナリを作っていると・・・ どうしてもエラー処理で、最終的にアプリケーションを終了させて、再起動する必要 …

EXCELのVBAを使って任意のファイルのフルパスを取得する!

へっぽこヘタレシステム管理者の管理人です。 さて、ある部署からエクセルのマクロの作成を依頼され・・・ その過程で、いくつか部品を作ったので忘備録として掲載します。 スポンサーリンク ブログランキングに …

管理人的EXCELのショートカット忘備録!沢山あって覚えられないので最低限で・・・!

なにやら最近【EXCEL】関連の本が売れている様です。 管理人も日々エクセルは使っています。 職場にいって、【WORD】と【EXCEL】を立ち上げない日は無いと言っても過言ではりません。 しかし、これ …

Accessでユーザー定義関数を作る!基本はエクセルの場合と同じ方法でOK!

エクセル【EXCEL】でユーザー定義関数は、よく使いますが・・・ そういえば、アクセス【ACCESS】では、使った事がないなと思い・・・ 作り方を整理してみました。 基本はEXCELの場合と同じ 試し …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク