ドローンの練習中に墜落させた!屋外でのフルマニュアル【ATTIモード】飛行はかなり難しい!

080-お仕事

へっぽこへたれドローンパイロット?の管理人です。

ドローンパイロット?(パイロット言えるのかかなり怪しいが)・・・

として、定期的に職場で飛行訓練をしているのですが・・・

先日の練習中に、初めて墜落させてしまいました。

ATTIモードの飛行はかなり難しい

悔しいかな、DJIドローンのPモードは、かなり性能が良く・・・

Pモード飛行では、技術を問わず、誰でも簡単に飛行させることが可能です・・・

しかし、フルマニュアルのATTIモードにすると・・・

楽ちん飛行のPモードとは、打って変わって・・・

劇ムズになります。

先日の練習では、平均風速が、3メートル~5メートルくらいだったのですが・・・

まぁ、とにかくその場でホバリングすることすらも難しい・・・

Pモードであれば、GPSのおかげで考えながらレバー操作をすることができますが・・・

ATTIモードでは、考えているヒマがありません。

とっさにレバーを操作できるくらいに、飛行技術を習得していないとかなり難しいですね。

反射神経が要求されます。

管理人は、けっこうヒサビサの飛行訓練でしたので・・・

特にドローンの向きが反対方向(自分側が正面)となると・・・

レバー操作が逆になるので・・・

感覚が戻ってくるまでは・・・

とっさの判断ができずに・・・

レバーを反対方向に倒してしまうという事が多々ありました。

スポンサーリンク

風速3メートルでもかなり流される

Pモードでは、風速5メートルくらいまでは、なんともありませんが・・・・

ATTIモードとなると・・・

風速3メートルでもかなり流されます。

5メートルになると・・・

かなりの速さで流されます。

風速5メートル制限も納得です。

ATTIモードで風速5メートルで自由自在に飛ばせれば、かなりの凄腕でしょう。

初めての墜落

さて、本題の初めての墜落ですが・・・

高度が低かったこともあり、プロペラの割れ程度で済みました。

もちろん割れたプロペラは、再利用不可となりましたが・・・

ドローンでプロペラは消耗品と割り切りが必要です。

墜落した状況ですが・・・

目視外飛行かつATTIモードで、パイロンに渡したトラサクの下をくぐる練習をしていました。

スポンサーリンク

これが、かなり難しく・・・

目視外飛行だと、Pモードでも結構神経を使うのですが・・・

ATTIモードで屋外だと・・・

風に流されますので・・・

風を考慮しながら、レバー操作をする必要があり・・・

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

難易度が格段に上昇します。

トラサクは広い間隔のモノと狭い間隔のモノの2種類を用意していたのですが・・・

広い間隔のモノはなんとか通過できましたが・・・

狭い間隔のモノを通過するときに、風に流されて、パイロンに激突・・・

あえなく墜落となりました。

プロポの画面での目視外飛行は、画面が小さくて結構ムズイですよね。

かといって、目視飛行でも・・・

それなりに距離が離れると・・・

機体の向きが認識できなくなり、これまた難しくなります。

ジンバルの向きと連動したゴーグルタイプのモニターがあるとまた違うのかもしれません。

目視外で障害物がある場所での飛行では、ゴーグルタイプのモニターの方が良い様な気がします。

一度使ってみたいですね。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました