スポンサーリンク

035-スキー

コブ深くてかなり辛い!モーグルの知り合いが中途半端な基礎スキーヤーが滑るとコブが壊されると言っていたのが分かる気がした

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。

地元で滑ることができる日もだんだんと少なってきました。

そろそろクローズが近づいてきました。

なんだか寂しいです・・・

今年はなんとか、少しでも県外に春スキーに行ければ・・・

と思っています。

本日は基礎練習を実践

本日は・・・

真面目に基礎スキーをやろうと思って・・・

固いブーツと・・・

競技用セカンドモデルでゲレンデに出撃しました・・・

雪は朝一から柔らくて滑りやすかったですが・・・

すぐに荒れてきました・・・

基本練習は、やはりターン前半です。

前のターンの終盤から・・・

板がフォールラインを向くまでの動作をゆっくりと確実にできる様に練習します。

  • 前のターンの終盤で板をグリップさせて前に推進する
  • 板の推進方向に重心を付いて行かせる
  • 次の外足に加重を移動しながら板をフラットにする
  • 重心が重力で下に落ちていく前に板を廻旋し角付けを始める
  • 角付けした板が雪面から抵抗を受けて撓み始めるのを待つ
  • 板が撓み始めたら遠心力と向心力のバランスを取りながら角付けを強める
  • ターン弧を調整し板が抜ける方向を決める
  • 板が抜ける方向が決まったら板を前に推進させる
  • 以下繰り返し・・・

やはり・・・

この運動を順序立てて、正確に実践し、完成度を上げていくことにより、コントロールできる滑りができる様になる気がします。

谷周りからしっかりと板に働きかけができますので・・・

急斜面の小回りなどでも、スピードのコントロールがしやすいです。

ターン後半にエッジングが集中し、落とされたり、暴走したりすることが随分なくなりました。

不思議と板にしっかりと乗れる様になると・・・

ペラペラなモーグル板でも案外普通に滑られます。

むしろ板が軽いので、疲れにくいくらいです。

やっぱりコブに入ってしまった

本日は、身体にやさしいスキーをテーマに・・・

コブには入らないつもりでしたが・・・

コブを見ると・・・

我慢できずに入ってしまいました・・・

最初は、固いブーツと固い板のままコブに入ったのですが・・・

コブが深くて・・・

板が曲がる可能性があったので・・・

結局、板とブーツを交換して・・・

最終的には、整地よりもコブでの練習時間が長くなってしまいました。

スポンサーリンク

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

中途半端なスキーヤーがコブを滑ると

しかし、イチイチ板とブーツを変えに車に戻るのは面倒なものです・・・

特にブーツを履き替えるのはかなり面倒・・・

固いブーツだとコブで動きが制限されますし・・・

反対に柔らかいブーツだと整地で不要な動きが出てしまします。

管理人が下手くそなだけなんですが・・・

下手ゆえに道具に最大限頼って滑りたいですので、これも仕方がありません。

ブーツを変えるのは、かなり変態スキーマニアですが・・・

管理人のスキー歴25年の中でも、1シーズンでブーツ2足体制は、初めてです。

さて・・・

話がそれましたが・・・

今シーズン知り合いになった、モーグルの知り合いは、中途半端な基礎スキーヤーがコブを滑ると壊されると良く言っていました。

管理人も中途半端な基礎スキーヤーの一人ですので、耳が痛かったのですが・・・

今日、コブを滑っていて・・・

その理由がなんとなくですが、分かった気がしました。

左:良いコブ ←→ 右:悪いコブ

あまり上手く絵が描けませんでしたが・・・

良いコブは、板をあまり横に向けなくても滑られます・・・

縦ラインという訳ではありませんが・・・

ずるドンも出来ますし・・・

縦っぽいラインでも滑る事ができます。

対して・・・

悪いコブですが・・・

コブの溝が真横を向いてしまい・・・

板が溝にはまったら・・・

真横に発射する様な感じになっています。

また、ずるドンで降りようとしても・・・

コブの出口がフォールラインからかなり外れているので・・・

スイッチバックしないと次のコブに入れません。

また、板を真横から真横に振り出す必要があるので、かなり疲れます。

コブの裏も崖になっているので、コブの裏でズラス事もできません。

これは、中途半端な基礎スキーヤーが板を真横に振ってコブを滑るからできるそうです。

フォールラインに沿って、ズルドンで滑ってくれれば、この様にはならないらしいです。

まさに、今日のコブがこんなコブでした・・・

最初は、できるだけ縦ラインで滑ろうとしていたんですが・・・

コブの裏が使えず・・・

また、溝が真横になっていて深いので・・・

板を縦にするとコブのバンクに刺さりそうになります。

それを回避する為には、ジャンプしてコブの頂点で着地し・・・

飛び石の様に次のコブの頂点に向かってジャンプを続けるという曲芸じみた滑りとなります。

最終的には、何度やっても上手く滑れませんでしたので・・・

溝に合わせて滑るしかありませんでした。

溝に合わせて滑ると・・・

身体が真横に向き、かなりコブに振り回された滑りとなります。

身体【重心】と足が大きく離れた滑りととなり、達成感の無い滑りとなります。

忘備録

  • 2020-2021シーズン 滑走38目 3時間
  • コブが深いとかなり難儀する

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-035-スキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

膝用ハードサポーター!マクダビットヒンジドニーブレイス3!M429X!簡易レビュー!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 先日のスキーでの大転倒で、右膝【内側側副靭帯】と肋骨を骨折したところですが・・・ 早くもスキーに復活すべく・・・ ハード膝用サポーターをゲットしました。 ザムス …

折角の休日なのに雨でガスって何も見えず練習にならない!コブでコケてテンション下がった!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 さて今日は休日でしたので・・・ 朝からスキー場へ出撃しました。 しかし・・・ 天候はあいにくの雨・・・ 雨だけらなまだマシですが・・・ ガスって何も見えません・ …

折角の休日だがスキーはお休み!さすがのスキー馬鹿でも怪我には勝てない!というか痛くて無理!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 本日は、折角の休日ですが・・・ スキーはお休みしました。 スキー馬鹿でも怪我には勝てない これまでは、少々捻挫程度なら・・・ サポーター等でごまかしながら、滑り …

スキーのポール【ストック】カットの方法!切る時は基本的に戻せないので慎重に!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 本日は、スキーのポール【ストック】をカットしましたので、その方法を紹介します。 基本的に、一度カットしたら元に戻せないので、カットするか否か慎重に決めましょう。 …

ZC33S型スイフトスポーツへのスキーの積み方!修正版!小回り用の板なら2人分積載できる!助手席も余裕のシート位置!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です・・・ 管理人のクルマは、ZC33S型スイフトスポーツですが・・・ 荷室が狭くて・・・ スキーの積載にはかなり難儀していました。 いままでは、上の写真の様な積み方を …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク