2019年台風19号!気象データの忘備録!気象庁の危険度分布で紫色はかなり危険!

hurricane1-eyecatch 080-お仕事

2019年10月12日15時30分に関東地域に大雨特別警報が発令されました。

気象特別警報はかなり危険です

1958年(昭和33年)9月27日に神奈川県に上陸し、伊豆半島と関東地方に大きな被害(静岡、関東で1200人以上が犠牲)を与えた狩野川台風に匹敵するとのことです。

また、昨年の2018年9月30日から10月1日に掛けて日本に上陸した台風24号は、1959年(昭和34年)9月26日の紀伊半島から東海地方に大きな被害(岐阜県を中心に犠牲者5,098人)を与えた伊勢湾台風に匹敵すると言われておりました。

テレビでは、気象庁の方が「これまでに経験したことのない大雨」、「命を守る最優先の行動を心がけて下さい」と呼びかけております。

スポンサーリンク

今後毎年こんな台風が来たらと思うと・・・

2017年(平成29年)以降、毎年このフレーズを聞いておりますが、この様に毎年大きな災害が発生すると、そのうち日本では住めるところが無くなってしまうのではなかと・・・心配になります・・・

忘備録ですが、気象庁の情報を残しておきます。

台風19号 2019/10/11
台風19号 2019/10/12
洪水災害の危険度分布
土砂災害の危険度分布
浸水害の危険度分布
雨の状況

常に最新の気象情報に注意し、適切な行動を心がけましょう。

スポンサーリンク

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

最新の気象情報(危険度分布)は、こちら

非常用持出袋はこちら

防災グッズはこちら

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました