スポンサーリンク

035-スキー

勝手にブリザード祭り!型落ちの選手用SL・FISモデルに手を出す!

今年はブリザードの板ばかり買っています。

何故か・・・

勢いで3本も・・・

  • Blizzard WRC PISTONPLATE XCOMP16 175センチ
  • Blizzard SRC PISTONPLATE XCOMP16 165センチ
  • Blizzard SRC XCELL14 160センチ

さて・・・

最近は、モーグルの板ばかり履いており、肝心の買った板は・・・

Blizzard SRC PISTONPLATE XCOMP16 165センチ

しか履いていませんが・・・

整地は、この板がスコブル調子が良いのですよね。

管理人の基準では、165センチは、小回り系オールラウンド板になるのですが・・・

小回り・中回り・大回りと・・・

ある程度、どれも許容してくれる懐の深さがあります。

こうなってくると・・・

Blizzard SRC XCELL14 160センチ

は・・・買わなくても良かったかな・・・と思ってしまうくらいです。

やはり、ゲレンデに板を数本持っていくのは、結構苦労します。

最近は、モーグル板を履く機会が多いので、モーグル板をメインとして、整地を少しと思うと、どうしてもオールラウンドの165センチを選択してしまいます。

選手用SLに興味が出る

そうなってくると・・・

興味本位で、手を出さないと誓っていた、選手用SL【FISモデル】に興味が出てきます。

管理人の知人のスキーマニアの方々は・・・

  • 大回り:マスターズ用のGS 183センチ
  • 小回り:選手用のSL 165センチ

を履いています。

しかし、大回り用の183センチは、やはりゲレンデコンディションが良い時しか履かない様で、SLの165センチで滑っていることが多いですね。

この板1本で、基礎大回り・基礎小回り・不整地をこなしていますので・・・

最近の選手用SLモデルは、普通にカタログにも掲載される様になっているので・・・

もしかしたら、管理人レベルでも扱えるかも・・・?

という期待があって、思わず型落ちですが・・・

買ってしまいました。

左が、選手用【FISモデル】で・・・

右が、一般モデルです・・・

見た感じ、一般モデルの方が、トップが広いです。

SL【FIS】のマークが輝かしいですね。

しかし・・・

またも苦行のビンディング取り付け作業です・・・

型落ちモデルですので・・・

ビンディングのトゥピースは、旧型モデルのXCELLタイプとなりますので、ネジ4本です。

新型のXCOMPのトゥピースは、ネジ3本ですので、左右でネジ2本多く締める必要があります。

上の図に沿ってネジを締めます。

今回も、ネジが固くてかなり苦労しました。

革のグローブを付けて作業しましたが、手のひらに血豆ができましたね。

さて、サイドウオールを見比べてみます。

左が、選手用【FISモデル】

右が、一般モデルです。

板の厚さは、同じくらいでしたが・・・

トップシート下のメタルの入り方が違いましたね。

選手用【FISモデル】は、トップからテールまで、トップシート下にメタルが入っていますが・・・

一般モデルでは、ビンディング付近にしか、トップシート下のメタルが入っていません・・・

ということは、やはり選手用【FISモデル】の方が、フレックスが固いという事になります。

まだ、履いていませんが・・・

いいゲレンデコンディンションの時に、どれだけ一般モデルと違うか?

を体感するのが楽しみですね。

まぁ扱い切れずにふっとぶ可能性もありますが・・・

そういえば・・・

付いてきたビンディングが・・・

XCELL18でした・・・

XCELL16が付いてくると思っていたので、ビックリです。

解放値を見ると・・・【8~18】

最低値が8です・・・

通常管理人は、9~10にしているのですが・・・

ほぼ、最低値の設定にしておきました。

さらに、上にXCELL24がありますが・・・

とても、一般人には扱える解放値ではないですね。

スポンサーリンク

買った板をまったく使わずに売りに出す

履く可能性がない板を持っていても仕方がないので・・・

困り専用で購入した・・・

  • Blizzard SRC XCELL14 160センチ

は・・・売りに出すことにしました。

新品未使用状態で、売りに出す・・・

自分自身で、いったい何をやっているのかと疑問に思います。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

参考書を買って勉強した気になるのと同じ

マテリアルを買うことに金を使うくらいなら、滑りに行くことに金を使った方が上手くなると思うのですが・・・

こうなると・・・

参考書を買って、勉強した気になる学生と同じですね。

正にマテリアルを買ってスキーが上手くなった気になる・・・

もう少し真面目に練習しないといけません。

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-035-スキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SAJテクニカルプライズ・クラウンプライズ!検定合格に必要なマテリアルは?まとめ!

今回はSAJテクニカルプライズ・テクニカルプライズ合格に必要なマテリアルについてのまとめ記事です。 当然、テニカルプライズ・クラウンプライズテストを受験するレベルですので、技術的には上級者を超えたエキ …

20/21スキーシーズン!とりあえず滑走日数30日達成!十数年ぶりに沢山滑ることができた!残りのシーズンは基本に戻って練習したい!

へっぽこへたれスキーヤーの管理人です。 さて・・・ 昨日の悪雪【春雪】にコンテンパンにやられたので・・・ 本日はリベンジと思い・・・ 重い身体をひきずって・・・ ゲレンデに出撃しましたが・・・ 悪雪【 …

ハードな選手用板には同じくハードな選手用ブーツが必要!板とブーツは同レベルのもので揃える!

へっぽこヘタレスキーヤーの管理人です。 さて、スキーマニアの知人から、ブーツ柔くて、潰れているとの指摘があったので・・・ 選手用板に合ったハードなブーツをゲットしました。 ハードな板には、ハードなブー …

スキーの選手用ブーツは通販で買ってはいけない!信頼できるショップでチューンナップ前提で購入しよう!

以前は、いわゆる選手用ブーツはカタログに掲載されておらず一部のマニアが裏ルートでお願いするしか手に入れる方法がありませんでした。 しかし、最近では、選手用ブーツ(足幅92ミリ~95ミリのナローモデル) …

SAJのクラウンプライズを一般人(サンデースキーヤー)が目指す!(2級から1級編まで)その1

受験1回目から3回目まで SAJバッチテスト(スキー技能検定)に嵌るとノイローゼになる? さて、ここから本格的な泥沼と義務スキーと、プチノイローゼ状態の始まりです。 当初の目標は1級取得でしたので、当 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク