スポンサーリンク

030-自動車とバイク

バイクのブレーキ!マスターシリンダー!Brembo vs GALESPEED!ブレンボ対ゲイルスピード!

バイクのカスタムの定番といえば、フロントブレーキのマスターシリンダーの交換です。

有名どころでは、外国勢の「Brembo(ブレンボ)」ですが・・・

国産勢では、「GALESPEED(ゲイルスピード)」もかなり知名度が上がってきています・・・

カタログ機能(スペック)的にはどっちも同じ

管理人が使った事があるのは各社の次のシリーズです。

  • Brembo:RCS ラジアルマスターシリンダー 19パイ
  • GALESPEED:VRCシリーズ 19パイ

また、機能はどちらも同じ感じで次のとおりです。

  • 可変レシオ対応
  • 可倒式レバー
  • レバー位置調整
  • ラジアルマウント

構造については、各社で異なり次のとおりです。

  • Brembo:RCS ラジアルマスターシリンダー:鋳物
  • GALESPEED:VRCシリーズ:鍛造

カタログスペック的には、GALESPEED(ゲイルスピード)の鍛造の方が良いですね。

見た目は、Bremboはシリンダー部分の表面がザラザラしていています。

対して、GALESPEEDは全体的に表面がツルツルです。

ブレンボ
ゲイルスピード

どっちが高級感があるかなと言えば、個人的には、人それぞれの感覚次第かなと思います。

特に見た目的に、どっちかが安っぽいという事はありません。

どちらもノーマルのマスターシリンダーとは異なり、高級感はありますので、付けるだけでもかなりの満足感が得られます。

レバーは、個人的には、Bremboの方が好きです。

GALESPEEDは、若干レバーの角がキツい感じがしますので、指当たりはBremboの方がソフトに感じます。

しかし、グローブを付けてしまえば、気になる程ではありません。

GALESPEED(ゲイルスピード)は錆び易い・・・?

これは、管理人の使用環境の差が大きいと思います。

GALESPEED(ゲイルスピード)のマスターシリンダーを付けていた時は、雨の日に走る事が多かったので、気が付いたら、レシオやレバー位置の調整機構周辺が結構錆びていました。

当然雨に濡れた日は必ず、拭いていましたが、細かい部分の水分までは、飛ばしていませんでしたので、その影響で、錆びたのでしょう。

一度分解して、サビを落としてから、マメに防錆スプレーを塗る様になってからは、そういうことは無くなりましたが、注意が必要だと思います。

GALESPEED(ゲイルスピード)のベータピンが飛んで行く・・・?

これもGALESPEED(ゲイルスピード)ならではですが、レバー調整ダイヤルがベータピンで止まっています。

このベータピンが案外抜けやすく、タオル等で車体を拭いていると、タオルに引っかかりベータピンが飛んでいく事が何回かありました。

ベータピンのバネも弱く結構簡単に抜けます。

最終的に管理人は、一番細いタイラップで抜けない様に留めました。

これは「ゲイルスピード」の場合は要注意ポイントです。

スポンサーリンク

肝心のブレーキ性能はどうよ・・・?

ようやく肝心のブレーキ性能ですが・・・

まずどのような条件での比較かを説明します。

比較車両とブレーキキャリパーは次のとおりです。

  • Brembo:ZX-10R(ブレンボモノブロックキャリパー)
  • GALESPEED:GSX-S1000(スズキOEMブレンボモノブロックキャリパー)
  • ブレーキホース:どちらもステンメッシュホースに換装済

上記の条件でそれなりの距離を走って比較した結果ですが・・・

どっちも良くて甲乙付けがたい・・・とういのが正直な感想です。

例えば・・・

ブレンボのブレーキタッチは、一般的「真綿の様」と言われております。

実際に取付けて、体感してみても正にそのとおりです。

国産の某メーカーのマスターシリンダーは、「カックンブレーキ」という表現まで酷くは無いですが、敢えて例えるなら、そういう感じです。

対して、ブレンボは、ブレーキの効き始めが非常にソフトであり、ブレーキレバーを握った分だけ、制動が増して来るという感じでありました。

ブレンボについては、巷での評判のとおり素晴らしいブレーキタッチです!

対して、ゲイルスピードですが・・・

もはや管理人のレベルでは、ブレンボとは差が分からないくらいブレンボと同様のフィーリングを感じる事ができました。

マスターシリンダーを見えない状態にしてバイクに乗って「どっちか当ててみろ!」と言われても、管理人は間違いなく当てられない自信があります!

レーサーの方の様に、よほど感性や感覚が優れている人で無ければ、おそらく違いは分からないと思います。

BremboとGALESPEEDのどっちを選んだら良いか・・・?

管理人的には、どちらを洗濯しても後悔はないと思います。

見た目のデザインの好き嫌いで、選択しても問題ありません。

管理人の個人的な感覚では、デザイン的には「Brembo」の方が好きです。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ワイヤー式クラッチホルダーを合わせるならGALESPEED

しかし、ワイヤー式のクラッチホルダーとデザインを合わせたいなら「GALESPEED」の方が統一感がでます。

「Brembo」の代理店の「コーケン」からデザインを模したワイヤー式のクラッチホルダーも出ていますが、「GALESPEED」のデザインの統一感には敵いません。

油圧式のクラッチであれば、各社から出ているので、どちらを選択してもデザインの統一感がでるので、良いかと思います。

まとめ

「Brembo」も「GALESPEED」のどちらも性能的に遜色無し

どちらも素晴らしいブレーキタッチを体感する事ができまる

デザインや手の馴染み方の好きな方を選べばよい

濡れた時は可動部が錆びない様に気を付けた方が良い(水分を良く飛ばす・防錆スプレー等)

管理人オススメのブレーキマスターシリンダー&ワイヤー式クラッチホルダーキットはこちらのサイトから!

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-030-自動車とバイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スイフトスポーツ「ZC33S型」セーフティパッケージ全方位モニター用カメラパッケージ車に社外ナビ「CN-RX05WD」を付ける方法!

ディーラーオプションナビは割高 ディーラーオプションナビは、8インチナビが選べるので、大きい画面が好きな方にとっては良いのですが、液晶が感圧式です。 感圧式は、スマーフォン等で採用されている静電容量方 …

スイフトスポーツ【ZC33S型】1年間のった感想!レビュー!コンパクトスポーツ!コスパ最強オススメ!

管理人がスイフトスポーツ【ZC33S型】に乗り出してから1年以上経過しましたので、レビューを掲載します。 スイフトスポーツ【ZC33S型】のスペック 車名・型式 ZC33S 駆動方式 2WD(前2輪駆 …

ZC33S型スイフトスポーツ!1年半乗っての再レビュー!コスパ最強の庶民でも手が届くスポーツカー!

管理人がZC33S型スイフトスポーツを購入してから早もう1年半が経過しました。 走行距離は仕事の激務もあって、8,000キロにも満たっていませんが、改めて再レビュー記事を掲載します。 とにかく価格が安 …

三菱自動車の新型デリカD5「DELICA」試乗!実際に乗った感じはどうなの?

新型デリカD5に試乗してきましたので、実際に感じた事を掲載します。 全体的な印象は? 三菱自動車HPより引用 デリカD5は、国内専用車ということで、海外では販売して無いとディーラーの方が言っておられま …

自動車にアイドリングトップは必要か?メリットとデメリット!

最近の自動車には当たり前の様に、アイドリングストップが装備されています。 排ガスによる環境に与える影響を考慮すればやむを得ない事かもしれませんが、管理人は正直このアイドリングストップが鬱陶しいです。 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク