スポンサーリンク

030-自動車とバイク

バイクのブレーキ!マスターシリンダー!Brembo vs GALESPEED!ブレンボ対ゲイルスピード!

バイクのカスタムの定番といえば、フロントブレーキのマスターシリンダーの交換です。

有名どころでは、外国勢の「Brembo(ブレンボ)」ですが・・・

国産勢では、「GALESPEED(ゲイルスピード)」もかなり知名度が上がってきています・・・

カタログ機能(スペック)的にはどっちも同じ

管理人が使った事があるのは各社の次のシリーズです。

  • Brembo:RCS ラジアルマスターシリンダー 19パイ
  • GALESPEED:VRCシリーズ 19パイ

また、機能はどちらも同じ感じで次のとおりです。

  • 可変レシオ対応
  • 可倒式レバー
  • レバー位置調整
  • ラジアルマウント

構造については、各社で異なり次のとおりです。

  • Brembo:RCS ラジアルマスターシリンダー:鋳物
  • GALESPEED:VRCシリーズ:鍛造

カタログスペック的には、GALESPEED(ゲイルスピード)の鍛造の方が良いですね。

見た目は、Bremboはシリンダー部分の表面がザラザラしていています。

対して、GALESPEEDは全体的に表面がツルツルです。

ブレンボ
ゲイルスピード

どっちが高級感があるかなと言えば、個人的には、人それぞれの感覚次第かなと思います。

特に見た目的に、どっちかが安っぽいという事はありません。

どちらもノーマルのマスターシリンダーとは異なり、高級感はありますので、付けるだけでもかなりの満足感が得られます。

レバーは、個人的には、Bremboの方が好きです。

GALESPEEDは、若干レバーの角がキツい感じがしますので、指当たりはBremboの方がソフトに感じます。

しかし、グローブを付けてしまえば、気になる程ではありません。

GALESPEED(ゲイルスピード)は錆び易い・・・?

これは、管理人の使用環境の差が大きいと思います。

GALESPEED(ゲイルスピード)のマスターシリンダーを付けていた時は、雨の日に走る事が多かったので、気が付いたら、レシオやレバー位置の調整機構周辺が結構錆びていました。

当然雨に濡れた日は必ず、拭いていましたが、細かい部分の水分までは、飛ばしていませんでしたので、その影響で、錆びたのでしょう。

一度分解して、サビを落としてから、マメに防錆スプレーを塗る様になってからは、そういうことは無くなりましたが、注意が必要だと思います。

GALESPEED(ゲイルスピード)のベータピンが飛んで行く・・・?

これもGALESPEED(ゲイルスピード)ならではですが、レバー調整ダイヤルがベータピンで止まっています。

このベータピンが案外抜けやすく、タオル等で車体を拭いていると、タオルに引っかかりベータピンが飛んでいく事が何回かありました。

ベータピンのバネも弱く結構簡単に抜けます。

最終的に管理人は、一番細いタイラップで抜けない様に留めました。

これは「ゲイルスピード」の場合は要注意ポイントです。

スポンサーリンク

肝心のブレーキ性能はどうよ・・・?

ようやく肝心のブレーキ性能ですが・・・

まずどのような条件での比較かを説明します。

比較車両とブレーキキャリパーは次のとおりです。

  • Brembo:ZX-10R(ブレンボモノブロックキャリパー)
  • GALESPEED:GSX-S1000(スズキOEMブレンボモノブロックキャリパー)
  • ブレーキホース:どちらもステンメッシュホースに換装済

上記の条件でそれなりの距離を走って比較した結果ですが・・・

どっちも良くて甲乙付けがたい・・・とういのが正直な感想です。

例えば・・・

ブレンボのブレーキタッチは、一般的「真綿の様」と言われております。

実際に取付けて、体感してみても正にそのとおりです。

国産の某メーカーのマスターシリンダーは、「カックンブレーキ」という表現まで酷くは無いですが、敢えて例えるなら、そういう感じです。

対して、ブレンボは、ブレーキの効き始めが非常にソフトであり、ブレーキレバーを握った分だけ、制動が増して来るという感じでありました。

ブレンボについては、巷での評判のとおり素晴らしいブレーキタッチです!

対して、ゲイルスピードですが・・・

もはや管理人のレベルでは、ブレンボとは差が分からないくらいブレンボと同様のフィーリングを感じる事ができました。

マスターシリンダーを見えない状態にしてバイクに乗って「どっちか当ててみろ!」と言われても、管理人は間違いなく当てられない自信があります!

レーサーの方の様に、よほど感性や感覚が優れている人で無ければ、おそらく違いは分からないと思います。

BremboとGALESPEEDのどっちを選んだら良いか・・・?

管理人的には、どちらを洗濯しても後悔はないと思います。

見た目のデザインの好き嫌いで、選択しても問題ありません。

管理人の個人的な感覚では、デザイン的には「Brembo」の方が好きです。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ワイヤー式クラッチホルダーを合わせるならGALESPEED

しかし、ワイヤー式のクラッチホルダーとデザインを合わせたいなら「GALESPEED」の方が統一感がでます。

「Brembo」の代理店の「コーケン」からデザインを模したワイヤー式のクラッチホルダーも出ていますが、「GALESPEED」のデザインの統一感には敵いません。

油圧式のクラッチであれば、各社から出ているので、どちらを選択してもデザインの統一感がでるので、良いかと思います。

まとめ

「Brembo」も「GALESPEED」のどちらも性能的に遜色無し

どちらも素晴らしいブレーキタッチを体感する事ができまる

デザインや手の馴染み方の好きな方を選べばよい

濡れた時は可動部が錆びない様に気を付けた方が良い(水分を良く飛ばす・防錆スプレー等)

管理人オススメのブレーキマスターシリンダー&ワイヤー式クラッチホルダーキットはこちらのサイトから!

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-030-自動車とバイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ZC33S型】スイフトスポーツのサイドブレーキ!冬場は凍結で固着しやすい?

もしかしたら車両の個体差化もしれませんが・・・ 管理人のスイフトスポーツ【ZC33S型】のサイドブレーキは、冬場は良く固着します。 特に冬場は、凍結で固着しやすいので、サイドブレーキは掛けない方が良い …

girl5-eyecatch

スロットルコントローラー・PIVOT・3-drive EVOのレビュー・インプレッション!これは良いものだ!

前車から自動車が変わり、スイフトスポーツ(ZC33S型)となりましたが、この自働車には、アダプティブクルーズコントロールが付いておりましたので、約10年使用していた「3-drive AC」は、お役御免 …

バイクや自動車のメンテナンスであると便利なケミカル商品!パーツクリーナー・シリコンスプレー・錆転換材・カッパーグリス等々!

バイクや自動車を自分である程度メンテナンスするようになると、ケミカル商品が必要になってきます。 特に代表的なものは、パーツクリーナーでしょう! どんなケミカル商品を持っていると便利か・・・? 管理人が …

ekX「クロス」 ekワゴンに試乗!乗った感じは?

全体的な印象 ekクロスは、デリカD5の様な、大胆なフロントマスク! 三菱自動車HPより引用 ノーマルのekは、前モデルとekの正常進化といった感じす。 三菱自動車HPより引用 前モデルと異なるところ …

bike1-eyecatch

カワサキ大型2輪!ZX-10R!排気デバイスキャンセラー取り付け!素晴らしい吹け上がりになる!

管理人が所有している「ZX-10R」は「2011年式」のEUR(フルパワー)仕様です。 排ガス規制(ユーロ4)の関係かと思いますが、このバイクにも排気デバイスが付いております。 特に、排気デバイスが付 …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク