スポンサーリンク

030-自動車とバイク

暖冬の影響で早めにバイクを冬眠から目覚めさせる!今シーズン初乗りは怖かった件!Kawasaki Ninja ZX-10R!

今年は、暖冬の影響で、管理人の地元の平野部には殆ど雪が降りませんでした。

ということで、我が愛車「ZX-10R」を早くも冬眠から目覚めさせ、今シーズン初乗りをしてきた訳でありますが・・・

これは昔の写真です。本日は撮影し忘れました。

ちなみに、冬場はかなりサルフェーション除去機能付きの充電器をバッテリーに頻繁につないでいましたので、エンジンは一発で始動しました。

サルフェーション除去バッテリー充電器についてはこちらから!

タイヤの空気圧はマメに点検しよう

まずシーズン初乗りですので、タイヤの空気圧を確認しました。

思った通りですが、かなり減っていました。

前後2.0位まで減っていいたので、管理人自主規定の「2.3」まで空気を入れておきました。

シーズン初乗りは全ての動作を慎重に・・・

シーズン初乗りは、慎重にいきましょう・・・

全てにおいてです。

  • バイクの起こし
  • バイクの車庫出し
  • バイクへの跨り
  • 発進
  • 一発目の近所の交差点
  • 信号待ち
  • 路面温度の確認
  • 丁寧なアクセル操作

等々・・・

一冬感覚が開けば、身体はなまっているものです。

一つ一つの動作を丁寧且つ慎重に行うことが大切です。

動作というよりもバイクに乗る時の作法の様なものです・・・

全ての動作(作法)を漏れなく・慎重にする事でリスクを回避できます。

いきなりエンストしたぞ・・・

管理人は、いきなり発信でエンストしました。

バイクが直立状態であったので、立ちゴケは免れましたが、これが交差点で少しでもバイクが傾いていれば間違いなく、立ちゴケ必至だったと思います。

スポンサーリンク

気温は十分確認しよう・・・

気温は十分に確認しましょう・・・

特にまだ十分に気温が上がっていない場合は、路面温度も低いです。

路面温度が低いと十分にタイヤのグリップ性能が出ませんので、スリップし易く危険です。

特に濡れているところ・日陰のところは要注意です!

管理人は、近所の自称の練習コースを1周回ってきたばかりですが、所々濡れているところ、日陰のところは、タイヤが滑りそうでかなり怖かったです。

バイクのスピードに目が付いていかない・・・

これも、シーズン初乗りならではですが、バイクのスピードに目が付いて行きません。

やはり多少古くはなりましたが、なんといってもリッターSS・・・

管理人が載っているクルマとは異なり驚異的な加速力です・・・

別に飛ばすつもりが無くても、すぐに制限速度オーバー・・・

周辺の走っているクルマでも止まっている様に感じます・・・

念の為ですが、本当に飛ばしたいわけではありません。

バイクの性能の巡航速度が速すぎるのです。

そのスピードよりも遅く走ろうとすると、余計にギクシャクするのです。

本来は、日本の道路事情に、リッターSSはオーバーすぎるスペックので、これも仕方無しです。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

やはりバイクは爽快!!!

管理人は体調不良(首が悪い)の為、長時間乗る事はできませんが、それでもやはりバイクは爽快でした。

バイクに乗るのは、首に悪いので、正直苦痛なのですが、それでもやはり爽快です。

  • 風を感じる
  • バイクを操っているという実感
  • 驚異的な加速力
  • コーナーで感じるバイクとの一体感

どれもクルマでは味わえない感覚です。

まとめ

シーズン初乗りは全ての動作を確実かつ慎重に行おう

タイヤの空気圧と路面温度には要注意

バイクはやはり爽快

ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-030-自動車とバイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スイフトスポーツ【ZC33S型】マイナーチェンジ後の純正エアロパーツ!アンダーガーニッシュ3点セットを前期型に付ける!

さて、管理人の愛車のスイフトスポーツ【ZC33S型】のマイナーチェンジが正式発表されて暫くが経過しました。 当初、噂されていた48V型ハイブリッドは追加されれず・・・ カラーの追加安全装備の充実純正ア …

car2-eyecatch

30年前の自動車のカスタムはタイヤとホイールとブレーキが定番だった!バイト代は全て自動車のカスタムに!

私が学生の頃は、周りに自動車好きが多く、みんなバイトを頑張って、そのお金を自動車のカスタムにつぎ込んでいました。 昔の学生は、車に夢中でした もう30年近く前のことです。 5代目のEG型シビックや、同 …

最近よく報道される煽り運転に罰則!そもそも何故そんな事をするのか理解できない?社会不安拡大で短気な人が増えたのか?

ここ最近急増し社会問題化している煽り運転について罰則が儲けらえることが閣議決定しました。 記事の内容は次のとおりです・・・ あおり運転に罰則 違反歴高齢者に技能検査―道交法改正案を閣議決定政府は3日、 …

bike1-eyecatch

大型2輪の卒業検定編!諦めないで!落ちても気にしない!

いよいよ、卒業検定です。 前の日は、緊張のあまり眠れませんでした。 大型2輪の1本橋は嫌い 一番の不安要素は、「1本橋」と「コースを覚えられるか」です。 コースは、試験当日に発表となりますので、その場 …

car2-eyecatch

今こそマニュアル車「MT車」に乗ろう!車を操る実感を手に入れる!

私が、自動車の免許を取得したのは、約30年前ですが、当時は今と異なり、AT限定免許を取得する方は、非常に少数で、女性の方でも、マニュアル車が当たり前の時代でした。 30年前と言えば、エアバックやABS …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク