スポンサーリンク

080-お仕事

特別定額給付金・10万円支給事務!事務処理ミスで二重給付が発生!起こるべくして起こったと言いたい!事務処理を自治体に丸投げした上で事務処理のスピードを競わせるような事をした国とマスコミの責任!

さて・・・

特別定額給付金の支給事務で、事務処理ミスが発生し、あやまって二重給付をしてしまった自治体が出ているそうです。

どうしてミスが起こるのか

ミスの内容としては・・・

  • 金融機関に送信する口振データを誤って重複して送信した
  • 支給システム上二重申請を除外する処理がバグでなされなかった

というのが原因です。

同じデータを金融機関に重複して送付することは、人的ミスとなりますが十分にありえます。

全銀協フォーマットのデータは・・・

  • 委託者コード
  • 振込データ
  • データの件数・金額の合計

しかりません・・・

同じものが金融機関に送付されたとしても、そのまま処理されてしまいます。

また、システム上、振込日指定で、口振データを何回も作れるシステムであれば、これまた誤って、同じ口振データを2回作る事もあるかもしれません。

システム上のバグ・・・

今回特に問題となっているのは、オンライン申請が何度もできるという事です。

全て新規の申請として扱われるので、二重申請かどうかは自治体側で判断しなければなりません。

システム上、同一人物の複数回の申請が、排除される仕組みになっていれば問題ありませんが、システム上そういう機能がなければ、人間の審査で漏れたものは、システムに投入され、これまた重複給付となってしまいます。

管理人が務める役所では、最初2回の給付時は、管理人が作成して手作りシステムで口振データを作成しましたが・・・

その最初の2回の支給の中でも、重複申請をされた方が何人もいましたので、重複申請にならないかはかなり心配でした。

いちおうシステム上、重複申請はできない仕組みとしていましたが、どこにハグが潜んでいるか分かりません。

とにかく、バグ取りをする暇がなかったので、かなり綱渡りな状況でのシステム運用でした。

最終的に、口振データを作成した際には、既払い分も含めて、全件データのチェックを掛けて重複の有無を確認しました・・・

どうしてこんなミスが発生するのか・・・

では、どうしてこんなミスが発生するのでしょうか・・・

本来このような給付事務は、対象者のデータの抽出、プレプリントの申請書作成、申請書発送、受け入れ側の体制の構築、場合によってコールセンターの設置等々・・・

かなり慎重に準備を進める必要があります。

しかし、今回のこの特別定額給付金の支給については、全てが急すぎました。

国が支給事務を自治体に丸投げし・・・

さらに、マスコミ等を使って、自治体の給付スピードを競わせる様に仕向ける訳ですよ・・・

そして本来ならば、準備だけでも、1~2カ月掛かる事務を、2週間くらいでやらせる・・・

無茶苦茶ですね。

システム改修が間に合わずに、プレプリントの申請書を作成できず、白紙の申請書に宛名ラベルを張って送付する自治体まで出てくる始末です。

また、支払いについても、システム改修が間に合わずに、エクセルで入力する・・・

こんな状態では、支給ミスが発生するのも当たり前です。

にもかかわらず・・・

住民からは、遅いだのなんだの文句を言われる始末・・・

各自治体は、決して怠けている訳ではなく、最大限できる限りの事をやっての結果なのだという事を理解して欲しいですね。

スポンサーリンク

すべては国とマスコミが扇動して自治体をスケープゴートにしている

結局、国への非難を回避するために、決めることだけ決めて、あとは自治体に丸投げして、遅いのは自治体の責任だと、国がマスコミを巧みに使って扇動している訳です。

今回は、正に自治体がスケープゴートにされている状態です。

ブログランキングにご協力ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ

パフォーマンスで、一部の世帯に現金を直接配布した自治体に呆れて空いた口が塞がらない

一部の自治体で、首長自らが、現金を直接支給した事が報道されていました。

しかし、我々行政は、全ての人に公平であるべきです。

今回の特別定額給付金については、口座振り込みが原則です。

なんらかの事情により口座を持っていない人のみが現金支給を申請できるという事になっています。

にも・・・拘わらずですよ・・・

どう考えても、金融機関の口座を持っていると思われる方に、首長自らが現金を支給する・・・

ただのパフォーマンスでしかありません。

全ての人に公平であるべき行政が、一部の人に特別な事をすることは、管理人は反対です。

どうせやるなら、腹をくくって、全世帯に現金を支給して回るくらいの覚悟でやって欲しいですね。

パフォーマンスと分かっていながら、わざわざそれを報道するマスコミもどうかと思います。

まとめ

特別定額給付金の支給ミスが発生するのは国とマスコミが扇動して自治体を競争させた事に責任がある

本来は準備だけでも1~2カ月はかかる事務である

システム改修が間に合わずに無理やり手作業で支給事務をしているのが現状


ブログ開設に必要なドメイン取得、サーバーレンタル、ASPの登録等は、こちらのサイトから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-080-お仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

電子的な個人情報を大量に扱う業種にはそろそろ資格が必要じゃないのか?時には人の人生を狂わす事もある!

神奈川県庁・青森県弘前市・沖縄県宜野湾市など・・・ 本年度も安定の?自治体からの情報漏洩がありました。 昔の紙作業の時代と異なり、現代は全ての情報が電子化されデーターベースという形式で保存されています …

無理難題を言う議員!法律&条令無視!言うだけで楽な仕事!

さて、役所に勤務していると中には無理難題を言っているくる議員の方がおられます。 法律や条例なんて一切無視です! せめて法律と条例を前提条件として話をして欲しい・・・! さて、現実にあった問題ですが、個 …

公務員恒例の異動の時期が近付いてきた!地方創生・SDGSって何?捨て駒・スケープゴートの底辺公務員は嫌な予感しかない!

毎年、恒例の異動の季節がやってきました・・・ 異動したくてたまらない人、異動したくない人・・・それぞれの思惑が交錯しそわそわしだす時期でもあります・・・ 議会の3月会議の提案理由で4月以降の動向の予測 …

girl1-eyecatch

それでも公務員を目指しますか?人気が無い部署ベスト4!やっぱり優秀な人材に来て欲しいのです!

役所でに人気のない部署 役所では、人気の無い部署があります。 私が聞いた話では、以前は、 生活保護部門 滞納整理部門 土地収用部門 の3部署が、人気の無い部署ベスト3として、3Kと呼ばれていたそうです …

生活保護受給者に脅された役所のケースワーカーが死体遺棄容疑で逮捕された事件について【遺体は生活保護受給者が殺害した】!直属の上司を懲戒免職にしろよ!

ヤフーニュースで、生活保護受給者に長年脅された役所のケースワーカーが、遺体の遺棄を手伝わされ【 遺体は生活保護受給者が殺害 】、死体遺棄の容疑で、懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決を受けたとの記事があ …

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク